イベントレポート国内の活動講演・登壇

東京女子医科大学で講演を実施しました!

5月30日東京女子医科大学国際環境・熱帯医学講座(杉下智彦教授)で65名の学生を対象にPLAS小島が講演を行いました。

講演の前半は国際社会における格差やPLASの活動を通して、アフリカにおけるHIV/エイズ、エイズ孤児、そしてエイズ孤児を取り巻く現状について説明。後半はなぜ国際協力の道を選んだのか、NGO団体で働くと決めたのか、という小島の経験から、NGOで働くこと、今いる場所でできることについて紹介しました。

講義をする小島

参加学生さんの声

エイズに関する問題は、よく耳にしていましたが、実際に感染している本人ではなく、その子どもについて深く考えたことがなかったったので、非常に良い機会となりました。

お金をあげるというよりも知識をあげたほうが、その人たちは永遠に活用することができると感じました。

仕事と子育ての両立の仕方も教えていただき、私も将来仕事をしながら子育てをする際、ぜひ参考にさせていただきたいと思いました。

講演を通じて、学生さんの中から国際協力の道に進む人、またできることから

行動を起こしてくれる人が出てきてくれたらうれしいです☆

 

PLASでは講演会を承っています!

お問い合わせ:

info@plas-aids.org

 

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0