エイズ孤児 とは?

世界に1,650万人

AIDS orphan(「エイズ孤児」)とは、エイズによって片親もしくは両親を失った18歳未満の子どもをいいます。
日本語で孤児という言葉は両親を失った子どもを一般的にさすので、「遺児」と置き換えた方が私たちの感覚に近くなるのかもしれません。

エイズ孤児は2010年の1,970万人をピークに、現在は1,650万人が世界にいると言われています。
うち、約83%がサブサハラアフリカ(サハラ砂漠の以南のアフリカ)におり、PLASが活動するケニア・ウガンダにもそれぞれ約100万人いると言われています。

 

複雑な問題

では、エイズ孤児の何が問題なのでしょうか。

それは複雑にからみあっていて、健康問題、差別による孤立や失業、稼ぎ・稼ぎ手を失うことによる貧困など、多岐に渡ります。
他にも、貧困に起因する学校の中退も根深く、ウガンダでは家庭が負担しなくてはいけない小学校の学費のうち制服代や進級テスト代を払えずに中退する子供も多く、その数は2人に1人とも言われます。

そのため、エイズ孤児が自分で未来を切り拓き、HIV/エイズと共に前向きに生きてゆける世界を実現するためには、子どもに対するアプローチだけではなく、子どもを取り巻くこうした諸々問題に働きかける必要があり、大人や地域コミュニティとも協働する必要があるのです。

エイズ孤児のサポーターになる

継続して応援するマンスリーサポーター




※金額は後で変更することもできます。

>口座振替でのお申込みはこちらから

1回だけ応援する

※金額をお選びください