なぜエイズ孤児? ―代表・門田より―

エイズ孤児との出会い

「一生に一度はアフリカに行ってみたい。」
いつしかそんな思いを持つようになりました。

ボランティアとしてケニアの地を初めて踏んだのは、2005年春の大学院生時代。
ローカルNGOの活動にボランティアとして参加をしました。
その活動の中で、HIV/エイズや貧困、医療や教育が行きとどかない現状に、大きなショックを受けました。

しかし、私の心に印象的に残ったのは、意外なもの。

それは、暗いアフリカの側面ではなく、地域をなんとか変えようと奔走するアフリカの人々。
そして、過酷な環境の中でも屈託のない笑顔を見せる子どもたちの姿でした。

できることからはじめよう

アフリカの人々に魅せられて、同年の8月、再び私はケニアを訪れました。

子どもたちの現状を知りたいと訪問した孤児院には、ベッドにずらりと並んだ赤ちゃんたちが待っていました。
その子どもたちの多くは、エイズによって親を亡くした、エイズ孤児だったのです。

「まずは自分にできることから始めよう。」
そう心に決めて帰国をしました。

仲間と共にPLASを設立

帰国から3ヵ月後、同じような思いを持った同世代の若者と出会いました。
そして2005年12月、日本で初めてのエイズ孤児支援に特化した団体として、エイズ孤児支援NGO・PLASを設立しました。

エイズ孤児の問題は深刻であるにもかかわらず、これまでなかなか目を向けられてきませんでした。
HIV/エイズは大人の問題、感染者や患者をどうケアするのかという問題とされていたのです。
その先にあるエイズ孤児にはなかなかスポットが当たることがありませんでした。

アフリカの人々と共にエイズ孤児の未来を拓く

「勉強をしたい!」「将来は学校の先生になりたい!」と夢を語る、多くのエイズ孤児に出会いました。

差別され、教育を受けられず毎日水汲みに行き、食事も残り物、引き取り先さえないという彼らの厳しい現実を目の当たりにしてきました。

どうすれば彼らの夢や可能性を

開花できるのだろうか。

私たちはそのヒントを地域の中に見つけました。
地域にエイズへの偏見が根強い一方、「エイズ孤児に教育を」「エイズ孤児が笑顔でいられる地域を作りたい」という思いを持った住民たちがいたのです。

PLASは、彼らと手を取り合い、共にエイズ孤児支援に邁進します。
どうぞ皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

 

 
>>エイズ孤児を取り巻く課題
>>PLASの活動
>>PLASがめざす世界

代表メッセージをきく

第8回コモンズ投信社会起業家フォーラムより

プロフィール

 

門田瑠衣子

代表理事

 

1981年熊本県生まれ。2006年、武蔵野女子大学人間関係学部卒。
明治学院大学大学院国際学修士課程修了。フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。

それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。ケニア共和国、ウガンダ共和国にて、エイズ孤児を抱えるシングルマザーの生計向上支援や母子へのキャリアカウンセリング事業等を行う。
2016年、「青年版国民栄誉賞」と言われる人間力大賞にて準グランプリおよび外務大臣奨励賞を受賞。NPO運営においても注目を集め、「働き方改革」を組織内にて推進し、2016年NGO組織強化大賞受賞。クラウド型CRMをいち早くNPO運営に導入し、2014年セールスフォース活用自慢チャンピオン大会準優勝。

2015年より特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)理事。3児の母でもある。