PLASの現地活動プロジェクト-新型コロナウイルス緊急支援現地レポート

ケニアレポート|ケニアで34施設にコロナ対策の手洗い場などを設置

PLASでは2020年4月より、JICA(独立行政法人国際協力機構)の草の根技術協力事業として、ケニアのホマベイ郡にて「ケニア国エイズ孤児を抱える貧困家庭の生計向上とキャリアプランニング支援事業」を実施しています。

 

この地域も新型コロナウィルス感染症のさまざまな影響を受けています。学校や保健施設にさえ十分な手洗い環境がなかったり、マスクや体温計さえ足りない状況です。

小学校や保健施設など34施設にコロナ対策を実施

そこで2020年11月、新型コロナウィルス感染予防活動を開始。地域の小学校15校、ヘルスセンター18施設、病院1施設の計34施設を対象に、感染予防対策の石鹸や手洗い用水タンク、マスク、体温計の配布を行いました!

大量の水タンクを準備しているところ

小学校への配布はメルシー教育支援センターで、ヘルスセンターへの配布はパートナー団体であるビアジェンコのオフィスで行いました。

 

感染症対策物資を受け取る学校の先生

各施設の代表に配布物資を取りに来てもらい、配布時には保健省の職員も立ち合いました。感染予防のため、参加者全員がマスクを着用し、入口や配布場所での手洗いの実施、ソーシャルディスタンスの確保などに気をつけました。

子どもたちと共にポスター作製

また、PLASとパートナー団体ビアジェンコで、新型コロナウィルス感染症についての知識と、感染予防策を広めるためのポスターを作成し、学校とヘルスセンターに配りました。

ポスターには、PLASのライフプランニング支援事業SCOPEに参加した子どもたちが書いてくれた絵を使用。子どもたちと一緒にポスターをつくることで、子どもたちの参加意識を高め、感染予防に積極的に参加してもらうこともねらいの一つです。

また、水タンクには手洗いの手順を示したシールをはりました。

パートナー団体ビアジェンコとの良い連携が可能にした事業

コロナ禍でありながらも迅速に事業を進め、配布することができたのは、パートナー団体ビアジェンコの活躍があります。まずはじめに保健省と教育省に訪問。それぞれの管轄する小学校とヘルスセンターへの支援許可をもらいました。その後、支援する34施設を次々に訪問し、今回の事業について説明に回りました。

 

PLASはパートナー団体ビアジェンコと連携しながら、コロナ禍では遠隔で事業を進めてきました。現場ではパートナー団体ビアジェンコが、保健省、教育省、学校、ヘルスセンター、サプライヤー、スタッフとミーティングを重ね、様々な調整の末に事業を実施することができました。新型コロナウイルス感染症の影響でPLASスタッフがケニアに渡航できない中でも事業を進めることができました。

まだまだ新型コロナウィルスの影響は収まっていませんが、子どもたちが安心して家族と暮らし通学できるように、引き続き、PLASは活動を続けて参ります。

 

継続的に活動を応援、支援してくださる方がいらっしゃいましたら、PLASのマンスリーサポーターをご検討いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 https://www.plas-aids.org/support/monthlysupporter