PLASの現地活動プロジェクト-CAFE現地レポート

ウガンダレポート|カフェとグルメのお腹が空いちゃう2本立て!

今回は2本立てで現地からのレポートをお届け!

 

最初はオープン1周年を迎えたママ達のカフェ訪問のレポート、そしてカフェのメニューとしても登場する、ウガンダの美味しいご飯をご紹介します。

 

それではどうぞ!

カフェ事業のママたちに会ってきました。

ウガンダで実施している「カフェ事業」は、HIV陽性のシングルマザーたちがカフェビジネスをスタートできるよう初期投資や研修、カフェを開店した後のフォローアップを届けています。

 

カフェをはじめて生計向上を目指す事業で、2019年1月から開始したチームは1年と少しが経ちました。

 

ひとつ先輩のママ達は子ども達の学費も払えるようになり、先日無事に卒業を迎えました!

シングルマザーの4つのカフェが自立へ

食事が評判のママたちのカフェ 

周りに競合店がいるということでしたが、食事の評判が広がり、少しずつ知名度が上がっているようです。

 

(写真)ウガンダの主食マトケを作っているジェニー。バナナの葉っぱで巻いて、蒸す。

 

(写真)みなさんの支援で買っていただいた冷蔵庫。

 

暑い暑いウガンダでは冷たい飲み物がよく売れています。

 

(写真)パートナー団体スタッフエバリンが、収支記録をチェックしているところ。

 

ママたちには、これが一番大変な作業のようで、嫌がらることも多いのですが、自分たちがいくらの儲けがあるのか計算する必要があります。

娘を高校に通わせたい!

(写真)真ん中にいるのがジェニー。次にいるのが、パートナー団体スタッフのエバリン。

 

ジェニーは小学校7年生の娘がいて、今年から娘が高校に進学します。(ウガンダでは初等教育7年で、中等教育が4年です。)近くの高校に進学させたいと、目をキラキラさせながら話してくれました。

 

高校に進学するためのお金を貯めているということですが、4年間安定して、収入を得るためには、カフェビジネスがうまくいくことが重要です。

 

少しずつ貯蓄をしながら、安定して娘が高校に通えるように、現地パートナースタッフと一緒に、ジェニーを応援していきます。

炭水化物にご注意!?魅惑のウガンダご飯

出張の楽しみといえば、ウガンダの食を楽しめること。

 

 

上の写真は、牛肉のスープ。トマトやニンニクが入っていて、美味しいです。

日本のお肉ほど柔らかくないので、かじって食べます。

 

右側のお皿にはたくさんの炭水化物!笑 炊き込みご飯のようなピラウ。白いのが、とうもろこしの粉で作ったポショ。バナナで作ったマトケ。茹でたサツマイモ。

 

とても美味しいのですが、毎日炭水化物を食べすぎていて、野菜が少ないなという心配も。

 

しかし、ウガンダ は果物が豊富に取れるので、そこからビタミン補給。栄養バランスをなかなか取るのは難しい!

続いてカフェのメニューにもよくなっているスナックシリーズ

 

ケースの上の三角の食べ物は、揚げ餃子のようなサモサ、下にはタピオカの原料でもあるキャッサバ(芋)のフライです。

 

そしてみんなが大好きなお菓子を最後にご紹介します。

 

 

揚げドーナツのマンダジです。揚げたては外がカッリと、そして中はモチモチのたまらない食感!

 

お値段も100ウガンダシルなので、日本円で3円とついつい買ってしまうお手ごろな価格です。

 

ウガンダにお越しの際は是非ともお試しくださいね!

 

現地へ足を運び、こうした支援を続けることができるのは、日本から支えてくださる支援者のみなさんのおかげです。本当にありがとうございます!

これからもみなさんのご寄付、応援をアフリカにしっかりと届けてまいります。