PLASの現地活動プロジェクト-CAFE現地レポート

ウガンダレポート|シングルマザーの4つのカフェが自立へ

ウガンダで実施している「カフェ事業」は、HIV陽性のシングルマザーたちがカフェビジネスをスタートできるよう初期投資や研修、カフェを開店した後のフォローアップを届けています。

2017年10月から2019年9月までの2年間、支援をしてきた2期生のママたちが、無事に卒業することになりました。今回は修了式の写真と共に店舗やシングルマザーたちについて、そしてプロジェクトの成果をお伝えします。

沢山のご支援・ご声援をいただき、本当にありがとうございました。

(写真)修了式の様子

また、こちらの事業はフェリシモ地球基金の助成金もいただいております。たくさんの方に支えられ、シングルマザーたちが卒業に至っていること、感謝いたします。

それぞれの個性が光る店舗

カフェの2期生は、ブスラ、カラガラ、ブシカ、カルレという地域の4サイトから迎えています。

ひとつひとつの地域・店舗でそれぞれに個性があり、ストーリーがあります。今日は1店舗ずつ、ご紹介していきます。

 

ブスラは、カフェ事業の中でも一番の優等生です。

朝から晩まで働き、お客さんへの気配りも◎

売り上げもどのこのサイトよりも高く、自分たちで貯蓄して、ビジネスに必要なものを購入しています。

(写真)ブスラのアイシャさん

ブスラのアイシャさんは2期生の中でもリーダー的存在。料理の腕に定評があります。彼女の活躍に私たちが助けられることも多かったです。

 

カラガラは、主要道路に面した場所に店舗を持ち、新しいことを始めると他に真似をされてビジネスがうまくいかないという悩みがありましたが、食事を安定的に提供し、売上も安定するようになりました。

(写真)現地パートナー代表のムシシさんにお礼を贈る場面も。

 

ブシカは、店舗に移った後に、急にオーナーから「この物件はもう貸せない」と言われ引越しをしたりする等のトラブルがありましたが、それが功を奏して、工場の近くでカフェ始めることになり、たくさんのお客さんが毎日来てくれるようになりました。

(写真)ブシカのシルビアさん。

シルビアさんは他のメンバーより少し若く、シャイなところがあります。とても働き者でがんばっています。

 

(写真)ブシカのプロスコビアさん。

プロスコビアさんは、カフェの中では年上の方。体力のある若いシングルマザーたちに引けを取らずに、近隣の学校や工場にスナックを販売しに行くスタミナがあり、びっくりさせられました。

 

カルレは、事業の一部を負担してもらうコストシェアリングを最後まで払い終わらず、今回の修了式に間に合わないと思わましたが、最後は「意地でもみんなと卒業する!」ということで、ひと踏ん張りしてくれました。

(写真)カルレのアイシャさん。

(写真)カルレのアイシャさん。「アイシャ」という名前の方が多いです。

全員が子どもの教育費を払えるようになりました!

事業終了時のシングルマザーたちへのアンケートでは、全員が子どもの教育費を払える状況になりました。

遅れて支払う等の方もいますが、シングルマザーと子どもたちが生活に必要な食事や石鹸等を買えるようになり、学校にも継続して通えるようになりました。

また、カフェビジネスを通して、いろんな人に出会い、自分でお金を稼げるようになったことで、自分に自信を持てるようになったと言います。プロジェクトが始まった時と修了式では、明らかにシングルマザーたちの表情の輝きが違うのです。

(写真)現地スタッフへ、シングルマザーたちからお礼が贈られた

現地パートナースタッフのカフェ事業担当のエヴァリンとユダヤの2人にも感謝です。とても優秀なソーシャルワーカーで、時にはママたちを厳しく指導し、時には一緒に笑い、ビジネ以外の相談にも乗ってくれました。

 

(写真)PLASにもお礼をいただいてしまいました。ありがとうございます。

現地で修了式に参加した三関から、ご支援くださるみなさまへメッセージも届いています。

「私、三関はPLASの海外事業マネージャーとして、今日ママたちの晴れの舞台に一緒に立てることをとても幸せに思います。また、現地パートナー団体マルチパーパスやママたちを代表して、ここにお礼を申し上げます。引き続き、PLASへのご支援・ご声援、どうぞよろしくお願いいたします。」

 

これからもシングルマザーと子どもたちが未来に向けて前向きに歩んでいけるよう、活動をつづけていきます。