イベントイベント開催情報お知らせ

8/27(火)TICAD公式サイドイベント マルチセクターで考える、SDGs達成への新たなアプローチ!

8月28日(水)から30日(金)まで,パシフィコ横浜で第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が開催されます。

TICAD7会期中,公式サイドイベントとして、NGO(市民社会)、企業、国際機関、大学、研究機関など、さまざまなアクターがセミナーやシンポジウムを開催します。

 

PLASでは公式サイドイベントとして、SDGs3「すべての人に健康と福祉を」に寄与する企業、NGO、投資、行政からそれぞれに実践者をお招きし、先進的な取り組み事例をお話しします。

また、SDGsの達成のためにはマルチセクターの取り組みが重要です。事例を通して、セクターを超えた連携・協働によるコレクティブインパクトの可能性を考えます。

開催概要

日時

2019年8月27日(火)13:00-14:30

 

場所

パシフィコ横浜,展示ホールB05
みなとみらい駅から徒歩5分/桜木町駅から徒歩12分

アクセス詳細はこちら

 

参加費

無料

 

こんな方におすすめです

  • アフリカでのビジネスに関心がある方
  • アフリカでのマルチセクター連携に関心がある方
  • アフリカでの活動に興味のある方
  • アフリカ、子ども支援に興味のある方
  • アフリカの保健分野でのイノベーションに関心のある方

スピーカー紹介

横山裕司氏(モデレーター)

一般社団法人アフリカクエスト代表理事(Africa Quest.com編集長、アフリカオンラインコミュニティ”AI-HUB”主宰者)、アイ・シー・ネットアフリカ事業グループリーダー、ICTA LTD CEO(ケニア現地法人)、エイズ孤児支援NGO・PLAS 理事を兼任。

大手証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行う。ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立し、2015年9月まで約2年にわたり運営を行う。

現在は、アフリカと日本を繋ぐコーディネーターとしてアフリカでの事業開発支援やメディア運営、国際支援活動など様々なアプローチからアフリカの課題解決に取り組んでいる。

一宮暢彦氏

AAIC グループにてAfrica Healthcare Master Fund担当、主にナイジェリアを中心とした西アフリカのヘルステックを担当。

大学卒業後、大手総合商社の発電所投資事業に関わる。2014年よりUAEアブダビに3年間駐在。

2017年より大手日系IT企業の投資するルワンダのスタートアップにCFOとして出向し内部統制の構築などに従事。

2019年(株)AAIC Japanに参画。

学生時代、2006年よりアフリカのエイズ孤児を支援するNGO PLASの立ち上げ。2008年から現在まで同団体の理事を務める。

AAIC Japan: AAICグループはアフリカにおける投資とアジア・アフリカなどの新興国への進出支援などを行う、戦略コンサルティングファーム。2017年グループ内に、アフリカの医療に特化した投資を行うAfrica Healthcare Master Fundを設立。

 

 

門田瑠衣子

エイズ孤児支援NGO・PLAS/代表理事

フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。

それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。

2016年、「青年版国民栄誉賞」と言われる人間力大賞にて
準グランプリおよび外務大臣奨励賞を受賞。

2015年より特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)理事。

3児の母でもある。

 

田中はる奈氏

楽天 CEO戦略イノベーション室

楽天グループの社長直下チームにて、全社戦略、全社提携、投資買収、事業開発、新規事業等を担当。過去に同社の海外販売マーケティング、電子書籍事業買収、日本事業立ち上げ及び事業マネジメント、アジア・アフリカの事業開発等に携わる。

楽天におけるSDGs推進を担当するサステナビリティ部も兼任し、社会起業家と楽天社員による半年間の協働プログラムRakuten Social Acceleratorを立ち上げ、テクノロジーを活用した社会課題の解決を目指す。

社会起業家との投資協働を行う中間支援団体ソーシャルベンチャーパートナーズ東京理事。同団体のパートナーとしてエイズ孤児支援NGO PLASと協働。

 

籠田綾氏

独立行政法人国際協力機構(JICA)入構以来、主に公衆衛生プロジェクトに携わる。

2015年からルワンダ事務所にて水・衛生セクター、ICTセクター等を担当。JICA案件に限らず、ルワンダ国内関係者のコーディネーション業務も行う。その後1年間の留学(米国・公衆衛生)を経て2019年8月より本部勤務。 大学時代は社会学(ジェンダー)を学びつつ、NGOアデオジャパンのメンバーとして活動。アデオ・ケニア本部でのインターン、ケニアプロジェクト実施支援、学生インターン派遣、日本でのHIV予防啓発等を実施。

アフリカのことわざ「早く行きたければ、一人で行け。遠くまで行きたければ、みんなで行け」にインスピレーションを受け、テクノロジー、イノベーション、パートナーシップを通じて「みんなで、早く、遠くへ」行くことを目指している。

問い合わせ

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS

住所:東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F

電話:03-6803-0791

メール:info@plas-aids.org