PLASの現地活動プロジェクト-CAFE現地レポート

ウガンダレポート|カフェ経営を頑張るシングルマザー達のフォローアップ研修

ウガンダで実施している「カフェ事業」は、HIV陽性のシングルマザーたちがカフェビジネスをスタートできるよう初期投資や研修、カフェを開店した後のフォローアップを届けています。

 

前回の記事では、ビジネスの難しさと向き合いながら、自分たちらしく仕事に取り組むシングルマザーをご紹介しました。

 

今回は、2019年から始まったカフェ3期目のリフレッシュ研修として、カフェごはんのクッキング教室とフレッシュジュースの作り方を2日間で行いました。

人気カフェ店シングルマザーの料理教室

(写真)緑のエプロンをつけているのがアイシャ

 

初日は、クッキング研修を行いました。今日の講師は、前回のレポートに登場してくれた、一番売上の高いカフェでリーダー的存在のアイシャです。今回の参加者の1年先輩に当たります。

 

(写真)ピラウを炊く様子

 

ピラウ、パスタ、牛肉のスープ、ピーナッツソース、マンダージをみんなで一緒に作りました。アイシャの作るピラウは絶品だと現地スタッフも絶賛。日本でいう炊き込みご飯のような「ピラウ」は家庭で作る人が少ないため、カフェでの販売は人気になる見込みが高いです。

 

 

揚げドーナッツのような「マンダージ」は硬いタイプのもので、バニラエッセンスを加えるひと工夫がしてあります。

 

 

そして最後はパスタも。

ウガンダでパスタを食べる人が少しずつ増えているようで、今後はカフェの看板メニューになるかもしれません。

 

(写真)最後は皆で試食会

栄養を学んでからのジュース作り

 

2日目は、ジュース作りの研修です。今回から各カフェに新しく配布する、電動ミキサーを使ったフルーツジュース作りです。講師からの栄養に関する研修のあと、実技としてジュースを作りました。

 

 

栄養に関してはガンダ語(ウガンダの主要な言語)にない言葉もあります。

「nutrition(栄養)」とは何かと聞くと、「なんとなく知ってるけど、答えられない」という一場面もありました。

 

 

また、講師からメモを取るように指示があったのですが、文字を書くことに抵抗がある参加者のシングルマザーも多く、プリントのようなものがあったら、彼女たちもメモを取りやすいのかもしれないと、次回への課題も発見しました。

 

 

初めてのミキサーに戸惑うママ達

 

研修に参加したシングルマザー達は、ミキサーを触るのが初めてだったようで、かなり戸惑いながらのスタートでしたが最後の方は全員が使い方を理解できました。

 

材料はパッション、スイカ、マンゴー、オレンジ、などなど。

 

 

ジュースはフルーツが安いシーズンであれば、食事よりも利益率が高くなるのですが、研修を行った8月前後はあまりフルーツが安くないので、よく選んで作る必要があります。そして、今はそこまで暑い時期ではないため、冷蔵庫を導入してすぐにジュースが売れるかの検討も今後必要になってきます。

 

(写真)試飲会はオレンジジュースが好評。

 

ジュースをビニール袋につめて売る場合は500シル(約15円)。使い捨てのプラスチックボトルにいれる場合は1000シル(約30円)で販売する予定です。しかし、ジュースに1000シル出すお客さんがいるのかは、販売してみないとわからない部分も多いです。

仲間がいるから頑張れる

(写真)子どもを連れた参加者もいます。

 

PLASのカフェ事業の3期が始まって半年。事情により不参加だったシングルマザーもいたので、全員参加ではありませんでしたが、最後にみんなが集まって研修を行うのには、半年というのは良い時期だったと思います。

 

 

ビジネスでいろんな課題が出てきたり、思うように伸びない売上だとモチベーションの低下があるため、みんなで集まって一緒に作業しながら、近況報告できたのは参加者同士にも良い刺激になったようです。

 

 

こうした支援を続けることができるのは、日本から支えてくださる支援者のみなさんのおかげです。本当にありがとうございます!これからもみなさんのご寄付、応援をアフリカにしっかりと届けてまいります。

現在PLASでは、活動を支えてくださるマンスリーサポーターを募集するキャンペーン「2020年、アフリカのママと子ども1000人の未来を支えたい」を実施しています。ぜひ、あなたもサポーターに参加しませんか?詳細はこちらからご覧ください!