イベント情報世界エイズ孤児デーキャンペーン

5/19(土)アフリカに挑戦する若きリーダー達が登壇!世界エイズ孤児デー チャリティパーティー

5月7日の「世界エイズ孤児デー」に合わせ、5月19日(土)にチャリティパーティーを開催します。

このイベントではPLASの活動紹介を通じてアフリカのエイズ孤児問題を身近に感じていただくだけでなく、目玉コンテンツとして、2人の豪華ゲストをお呼びしてのトークセッションを行います!

登壇者は、ケニア・ウガンダを舞台にビジネス展開する、AFRIKA ROSEの萩生田恵さんと、COTS COTS Limitedの清水政宏さん。

ビジネスをしていて感じる、現地の課題や可能性・そして魅力について、PLASの創業代表・門田を交えてお話し頂きます。

実際に現地に入り、苦しみも喜びも経験してきたからこそ話すことのできる若きリーダーたちのトークから受ける刺激は、きっと明日からのあなたの活力になるはずです。

トークセッション以外にも、軽食とドリンクを囲んでの交流・協賛企業様からの景品があたるビンゴゲームなど、楽しくご参加頂けるコンテンツをご用意してお待ちしておりますので、お繰り合わせの上ぜひご参加ください。

開催概要

日時

2018年5月19日(土)15:00〜17:30(14:30 OPEN)

場所

freee株式会社
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
JR山手線 五反田駅から徒歩3分/都営浅草線五反田駅から徒歩2分/東急池上線 五反田駅から徒歩4分

参加費

¥3,500
※本イベントは、開催にかかる経費を除く参加費の全額をケニア・ウガンダでのエイズ孤児支援に大切に使わせて頂きます。

定員

100名
※ドリンクと軽食をご用意しております。※小学生以下のお子様は無料です。

プログラム

  • 萩生田様×清水様×門田によるトークセッション
  • PLASの現地活動紹介
  • 参加者交流会
  • 協賛企業様の豪華賞品のあたるビンゴゲーム 

こんな方におすすめです

  • 国際協力に興味のある方
  • アフリカ、子ども支援に興味のある方
  • アフリカでのビジネスや経済に関心をもつ方
  • 働きながら社会貢献に関わっている、これから関わりたいと考えている方
  • ボランティア、プロボノ、企業とNGOの連携、寄付に興味のある方

お申込みはこちら

トークセッション スピーカー紹介

萩生田 恵(はぎうだ めぐみ)

株式会社Asante(AFRIKA ROSEを運営)代表

1981年、東京生まれ。
米国大学卒業後、大手製薬会社勤務を経て、2011 年アフリカ・ケニアに渡る。
「援助に慣れきっている現地の姿」を目の当たりにし、援助ではなくビジネスとして 対等な立場で関わりたいという結論に至る。
アフリカの自然や人々や文化の豊かさと 生命力溢れる薔薇に魅了され、2012 年「アフリカの花屋」を立ち上げる。
2015年10月アフリカ薔薇専門店「AFRIKA ROSE」を東京広尾にオープン。
草月流いけばな師範、Jane Packer Flower Arrangement School 修了。
メディア掲載:フジテレビ「ノンストップ」、TBS「王様のブランチ」、日本テレビ「NEWS ZERO」、日経新聞、Harvard
Business Review、など。

清水 政宏(しみず まさひろ)

COTS COTS Limitd 共同代表

1981年生まれ。京都大学経済学部卒業後、外資系証券会社、海外ヘッジファンドを経て2015年にCOTS COTS Limitedを共同で創業。
現在は東京の投資会社に勤務しながらCOTS COTSの共同代表として資金調達、事業計画策定、省庁対応などに従事している。
ウガンダとの関わりは勤めていたファンドが 2014年に 解散してしばらく時間ができた際に、後に共同創業者となる大学の後輩を訪ねたところから始まり、そこで出会ったメンバーと翌2015年に会社を設立。農業部門と開発コンサル部門を稼働させつつ準備を進め、2018年5月末に日本料理店やま仙と商業施設Tank hill Parkがオープンする。

PLASのチャリティパーティーのいい所

楽しみながらアフリカとつながる

PLASは「Positive Living through AIDS orphan Support」の略です。アフリカの問題を共有し考えながら、私たち自身が前向きな生活を送る機会になります。

ゲストから刺激をもらえる

今回の登壇者は、アフリカを舞台に活躍するビジネスパーソン。お二人の仕事に臨む姿勢や生き方から、きっと多くの刺激と元気をもらえるはず!

参加者同士でつながって次の機会を

過去のイベントでも、会場で同じような関心をもった人と知り合ったことがきっかけで、個別に会ったりボランティアに参加するなどの行動に踏み出した方がいらっしゃいます。

過去のチャリティパーティー参加者の声

女性(20代/会社員)

アフリカのエイズ孤児問題はどこか遠い国の問題と感じていましたが、困難な状況でも前向きに生きようとする子どもたちの話を聞いて、自分にもできることがあるのではと感じました。これからプラスの国内活動に参加していきたいです。

男性(30代/会社員)

企業で働きながら、日本からできる国際協力の方法を聞けてよかったです!明日からさっそく社内で取り組みたいです。ワークショップでは異業種の人たちと知り合いになれ、意見交換ができたのが刺激になりました!

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0