イベント開催情報世界エイズ孤児デー

(終了)佐賀で開催!5/26(土)「学生たちが立ちあげた国際協力の13年~アフリカの子どもたちとエイズ問題のために佐賀からできること」

「人生100年時代」といわれる現代。
仕事をリタイアしたあとも、子育てがひと段落してからも、これまで培った経験を活かして「社会のために何かしてみたい!」という方が増えています。

プラスは、いまから13年前、学生7名で立ち上げた国際協力NGOです。
いくつもの壁にぶつかってきた私たちを支えてくれたのは、「小さくてもいい。世の中のために何かしたい!」「若い世代を応援したい!」という、たくさんの「仲間」たちでした。

このイベントでは、企業で働きながらもプラスのボランティアをつづけ、企業を退職してからは事務局長としてプラスで活動する小島 美緒がみなさまをお迎えします。
エイズ、貧困、気候変動・・・さまざまな困難に直面するアフリカでどんな活動をしてきたのか、写真や動画を交えながらお伝えします。

後半は、佐賀からできる国際協力を考えるワークショップ&交流タイム。
飲み物を片手に、身近な話題から世界のことまで、皆で語り合いませんか?

いつもは東京を拠点に講演や勉強会を開いてきましたが、東京以外の方々とも交流の機会を作りたい!という思いから出発したイベントです。
佐賀という、豊かな自然と歴史・文化が根付いた町で、世界のためにどんなことができるのか、一緒に考えていきましょう。

※このイベントは毎年プラスが実施する「世界エイズ孤児デーキャンペーン」の一環です。

開催概要

日時

2018年5月26日(土)14:00〜16:00(13:30 OPEN)

場所

佐賀県国際交流プラザ
〒840-0826 佐賀県佐賀市 白山2丁目1-12 佐賀商工ビル1F 多目的テーブルスペース

JR佐賀駅より徒歩約20分/バス 約5分(佐賀駅バスセンター3番乗り場より「唐人町経由」バスに乗車、「白山」バス停下車すぐ)

参加費

マテリアルバッグ(資料やポストカード付)+飲み物代として500円

定員

20名
※お早めにお申し込みください。

プログラム

  • 資金も人脈も経験もない!そんな私たちを支えてきた原動力
  • 貧困、エイズ、気候変動・・アフリカが直面する課題とプラスの取り組み
  • 日本からできる国際協力あれこれ
  • 参加者を交えてのワークショップ&交流タイム

 

こんな方におすすめです

  • 社会貢献やボランティアに興味のある方
  • 自分の経験を活かしながら、世の中やだれかの役に立ちたい
  • 新聞やニュースで見聞きする、日本や世界の問題が気になる
  • 子どもたちや未来の世代のために、一歩を踏み出したいと考えている方
  • 新しいライフスタイルや生き方を探している

スピーカー紹介

小島美緒

エイズ孤児支援NGO・PLAS/事務局長

2006年の夏に佐賀市内で開催された国際子どもワークキャンプの運営リーダーを務めたことがきっかけで佐賀が「第二のふるさと」に。ICU大学卒業後は3ヶ月間ウガンダへ渡航。HIV陽性者支援を行う大手現地NGOでのインターンや、エイズ孤児が通う小学校の経営改善に携わったことがきっかけでエイズ孤児の問題に関わるように。帰国後、JPモルガン証券株式会社で3年間勤務。社内での社会貢献活動に積極的に関わりながら、社外活動としてプラスのボランティア運営スタッフをはじめ数多くのボランティア活動や社会貢献活動に携わる。
2011年よりエイズ孤児支援NGO・PLASで活動。組織運営の戦略・財務・人材育成の全般を代表とともにリードする。米国フィッシュファミリー財団が日本社会に変える原動力となる日本人女性を選抜するプログラム「Japanese Women’s Leadership Initiative」2016年フェロー。7歳と2歳の息子たちの子育てに奮闘中。

 

 

イベントの特長

アットホーム

スピーカーとの距離が近い、アットホームな雰囲気。活動経験の豊富なスタッフが現地の状況や課題を直接お話します。

なんでも質問OK

疑問に思ったこと、活動参加の相談など、どんどん話してみてください。

交流が楽しい

参加者の中心は、20-30代の方が中心。参加者どうしの交流もイベントの楽しみのひとつです。子連れ参加も歓迎!

参加者の声

女性(20代/パートタイム)

アフリカの問題はどこか遠い国の問題と感じていましたが、困難な状況でも前向きに生きようとする子どもたちの話を聞いて、自分の子どもたちに重ねました。今日から自分にもできることがあるのではと感じました。これからプラスの国内活動に参加していきたいです。

男性(30代/会社員)

働きながら、日本からできる国際協力の方法を聞けてよかったです!明日からさっそく勤め先で取り組みたいです。ワークショップでは異業種の人たちと知り合いになれ、意見交換ができたのが刺激になりました!

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0