世界エイズデー活動報告

世界エイズデーキャンペーン2012 チャリティーパーティーを開催しました!

12月1日の世界エイズデーに合わせて11月25日(日)に、株式会社イデアインターナショナル本社ビルにて世界エイズデー・チャリティパーティを開催しました!

当日は、79名の方がご来場下さり、当日ボランティアやゲストの方、アフリカンダンスチームの皆さまなどを含めて総勢121名が集まりました

世界エイズデー2012にご協賛いただいた、スタンダードチャータード銀行、在日総支配人のクリストファー・ナイト様の乾杯でパーティーがスタート!

それでは今回のパーティーの模様をご紹介します!まずアフリカンダンスチーム「ニョーコヨル」の皆様によるパフォーマンス。情熱的でアグレッシブなダンスに会場が盛り上がりました!アフリカンダンス教室にも、多くの方がご参加いただき、初めてのアフリカンダンスを楽しんでいました。

プラスの活動報告を行う、ミニトークセッションには会場に収まりきらないほどの方がご参加くださいました。トークセッションの後に開催した、「プラスワールドカフェ」では理事の一宮と参加者の皆様がコーヒーを飲みながら、プラスの活動について真剣に語り合いました。

クイズラリー全問正解者の方に抽選でイデアインターナショナル様、ザ・ボディショップ様、ラッシュジャパン様からご提供いただいた豪華賞品をプレゼント。当選した皆様には、パーティーの感想を一言いただきました。みなさま喜んで頂けたようで、スタッフも嬉しい限りです♪

パーティーの最後には、ウガンダから日本に留学中のエイズ孤児カソボ・メーブルさんが、自身の生い立ちやエイズ孤児たちへの想い、将来の夢、日本の皆さまへのメッセージなどを語ってくれました。

「将来、アフリカで弱い立場にある子ども達のための仕事をしたい。そして、ウガンダのストリートキッズや弱い立場にある子ども達のためにNGOを始めたいです。みなさん、ぜひこのような子ども達を応援しているNGOを応援してください。そして、いつかアフリカを訪れて、子ども達の家を訪ね、勉強を教えたり、将来の夢を応援してくれると嬉しいです。」

そう語る姿に、参加者の皆様も聞き入っていました。

今回のパーティーでは参加者の皆様に、プラスの活動やエイズ孤児のいまについて考えていただく貴重な時間となりました。スタッフ一同、皆様とお会いできとても楽しい時間を過ごす事ができました!

最後に、参加者の皆様の声を紹介します!

日頃触れることがない活動に触れとても刺激になりました。また機会があれば参加し、出来ることから協力できればと思います。

遠い存在の話ではなく、今まさに現実に起こっている問題であること、それに対して日本から出来ることが沢山あることが分かりました。ありがとうございました。

すてきな会場でアットホームなパーティーにぴったりだったと思います。楽しいひと時ありがとうございました。

たくさんのボランティアの方がいて、愛されている団体だなぁという印象です。

スタッフ一同今後とも皆様の温かいご支援のもと、活動に励みたいと思います!

今後ともプラスをよろしくお願いいたします。

(インターン/チャリティーパーティーチーフ 鳥羽)

>>世界エイズデーキャンペーンサイトはこちらから

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0