プラスのお知らせ

【9月17日(水)】マーケティングで社会を変える! ~アフリカのエイズ孤児支援活動がNPOマーケティングで実践する3つの戦略~

NPOマーケティングで実践する3つの戦略を大公開!

NPO活動の中にはマーケティングの要素が多くあります。
近年、注目されているクラウドファンディングも、マーケティング要素の強いもののひとつと言えます。
マーケティング力を身に付けるということは、NPOに必要な「共感」「納得」という2つのスキルを身につけるということでもあります。

そこで、今回のセミナーでは、NPOマーケティングとは何か?必要な理由は? 現状分析、ターゲット設定、施策立案、実行~成果をあげるプロセス、戦略とは?など、NPOマーケティングの基本から実践につながる戦略までを一挙にお伝えします。

大手企業で、広告(マス、インターネット)、プロモーション、営業、チャネル政策、WEBサイト(ショッピング)運営等、広くマーケティング戦略の企画立案・実施に携わりながら、NPOマーケティング・コンサルタントとしてもご活躍中の長浜洋二さんと、当会代表の門田瑠衣子による実践的なセミナーです。
非営利セクターの方に限らずビジネスセクターの方にも参考となる内容です。


開催概要


日時 2014年9月17日(水)19:30-21:00(開場 19:00)
参加費 ¥1,500
※参加費は経費を除いた全額がご寄付となります。
場所 JICA地球ひろば セミナールーム201AB
東京都新宿区市谷本村町10-5
(市ヶ谷駅より徒歩10分)
>>地図・アクセスはこちら
定員 50名
内容 ・NPOマーケティングとは何か?
・NPOマーケティングコンサルタントの最前線
・現状分析、ターゲット設定、施策立案、実行~成果をあげるプロセス、戦略とは?
・エイズ孤児支援NGO・PLASの活動について
・エイズ孤児支援NGO・PLASが実践するマーケティングノウハウを一挙公開!
こんな方におススメ! ・社会貢献、NPO活動、社会起業、ソーシャルイノベーションに関心のある方
・マーケティングに関心があるベンチャー/NPO経営者や関係者
・ファンドレイズに関心のある方

スピーカー紹介

長浜洋二さん プロフィール

NPO マーケティング研究所代表/NPO マーケティングで社会を変える!『草莽塾』塾長。
日本全国で NPO のマーケティングやファンドレイジングに関する講演や研修、コンサルティング、執筆等を行う。ブログ『飛耳長目:米国にみる NPO 戦略のヒント』を主宰。
NTT、マツダを経て、現在、富士通に勤務。米国ピッツバーグ大学公共経営学修士/エイズ孤児支援NGO・PLAS アドバイザー/シャンティ国際ボランティア会理事/赤い羽根共同募金モデル事業改革パートナー
著書:『NPOのマーケティング講座』(学芸出版社) ※9月上旬発売予定
>>飛耳長目:アメリカにみるNPO戦略のヒント – Canpanのブログ
>>NPOマーケティング研究所
>>twitter @hijichomoku


門田瑠衣子(もんだるいこ)

エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事
1981年熊本県生まれ。2006年、武蔵野女子大学人間関係学部卒。明治学院大学大学院国際学修士課程修了。フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。現在は、海外事業及び国内のキャンペーン事業、ファンドレイジングなどを中心に活躍中。2013年7月に長男を出産。現在育児に奮闘中!
>>エイズ孤児支援NGO・PLAS
>>PLAS Facebookページ


プラスについて

プラスは、2005年12月に日本初のエイズ孤児に特化したNGOとして設立されました。
エイズ孤児の現状改善を目指して、ウガンダ共和国、ケニア共和国で現地団体とともに、
学校建設、母子感染予防事業やエイズ啓発事業を行っています。
>>>HPはこちら

お問い合わせ

info@plas-aids.org
Tel/Fax 050-3627-0271

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ