プラスのお知らせ

3/21(火)インターン説明会を開催します!

HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが笑顔でいられる社会を実現するため、
プラスで一緒に働きませんか?

プラスでは国内の広報や資金調達業務、海外事業のサポート、ソーシャルメディアの活用等を通してプラスの活動を支える事務局インターンを募集しています。
現在、3月4月から勤務できるインターン生を特に募集中です。
そこで、プラスでのインターンに関心のある大学生・社会人の方向けに説明会を開催します!

「国際協力系のNGOで働いてみたい」
「新年度から新しいことにチャレンジしてみたい」
「アフリカやエイズについて関心がある」
「ソーシャルビジネスを学びたい」
「将来に向けてキャリアチェンジを図りたい」

このような想いを抱いている方、私たちと一緒に活動してみませんか?

>>プラスの団体概要はこちら
>>インターン募集の詳細はこちら

当日は、現役インターン生による詳しい業務説明をはじめ、プラスでのインターンの特徴や魅力をじっくりご紹介します。
個別相談では、勤務条件等細かなことを直接ご相談いただくことも可能です。

プラスでのインターンに少しでも興味のある方は、ぜひお気軽に説明会へお越しください!
多くの方のご参加をお待ちしています。

開催概要

 

日時 2017年3月21日(火)19:00〜20:00(18:45開場)
場所 エイズ孤児支援NGO・PLAS事務所
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
>>地図・アクセスはこちら
参加費 無料
募集人数 10名程度
※申込者数が4名に満たない場合は開催を取りやめる場合がございます。予めご了承ください。
プログラム ・団体説明
・インターン業務内容説明
・現役インターン生が語る「プラスの魅力」
・質疑応答/個別相談

お申し込み

お問い合わせ

info@plas-aids.org
Tel 03-6803-0791

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!


カテゴリー: 未分類 |

2月24日(金)定例イベントPLASRoom開催します!

現場からの声で、アフリカでの活動やエイズで親を亡くす子ども達の現状を学ぶことの
できる少人数イベントPLASRoomを開催します。

PLASRoomに来られる方の多くは、半分以上が国際協力や社会貢献に興味はあるけれど、
実際には活動したことのない方がほとんどです。

まずは、国際協力やエイズ孤児の問題現場について深く知ることができ、
こんなことから始めて見ようかな?と具体的に自分にできることのイメージも浮かんで来るはずです。

平日の夜、お仕事帰りにお気軽に立ち寄っていただける人気のイベント、
まずは知ることから第一歩をはじめてみたい、そんなあなたの参加をお待ちしています。

>>詳細、お申込みはこちら

>>詳細、お申込みはこちら

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●イベントに参加してエイズ孤児や活動について知る
>>PLASRoomに参加する
●エイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

カテゴリー: イベント情報 |

新生活に向けた部屋の片づけで社会を変える!チャリボン春のキャンペーン始まります!

3月から4月末にかけて、チャリボンの期間限定キャンペーンが実施されます!
通常よりも買取価格が10%アップします。

春は新生活が始まる時期。
引っ越しの準備や部屋の片づけで読まなくなった本が見つかった際は、
ぜひチャリボンへお送りください!

======================================
◆期間
 2017年3月1日(水)~2017年4月30日(日)

◆内容
 ・買取価格が10%アップされます。
======================================

>>本で寄付する新しい仕組み「チャリボン」についてはこちら

皆さま、この機会に是非ご協力ください!

カテゴリー: その他 |

2016年度の年次報告書を公開しました

2016年度(2015年10月1日~2016年9月30日)の年次報告書を、先日プラスホームページ上にて公開いたしました。

>>2016年度事業・決算報告書をご覧になるにはこちらから

2016年度の年次報告書は、これまでの報告書の形式を見直し、
「どんな活動をしているのか」
「プラスに関わる人の顔や声」
「現地での成果・変化」
などが伝わり、初めてプラスの活動を目にする人でもわかりやすい読み物になるように工夫しました。

設立10周年を迎えた2016年度は、
ケニアで新たに2つの現地NGOとパートナーシップを結び養鶏ビジネス支援を開始し、
ウガンダでは飲食物の販売(カフェ)ビジネスによる家計支援がスタートしました。

また、日本では8月にこれまで支えてきて下さった皆様へ感謝をお伝えする10周年記念パーティーを開催しました。
長年プラスを応援してくださっている土屋アンナさんをゲストにお迎えし、79名の方にご来場いただきました。

この10年間で、プラスは64名のエイズ予防啓発リーダーを育成し、
27,000名の地域住民にエイズ予防教育を行い、3校の小学校を支援し、
学校に通えるようになった子どもは述べ370名にのぼりました。

みなさまのご支援をもって、活動を続けられることに改めて感謝を申し上げます。
日頃応援くださっている活動の成果を、ご覧頂ければ幸いです。

次の10年の初めの年となる2017年度も、皆様に応援頂きつつ、
エイズ孤児となった子どもたちが、自分の人生を前向きに選択していけるよう、活動していきたいと思います。

>>過去の事業決算報告書はこちら


事業に参加するシングルマザーとその子どもたち

カテゴリー: 未分類 , 活動報告 |

ウガンダレポート ―カフェ開業はやっぱり大変!試行錯誤から見えてきたこと―

前回の現地レポートでも取り上げた、シングルマザーの生計向上のためのカフェ事業。
なかなか売り上げが伸びずに、四苦八苦している店舗も、もちろんあります。

そんな中でも、一歩一歩、課題に向き合い、歩みを進めています。
今日は、そんな私たちの試行錯誤の様子をお届けします。

事業では、3つのカフェ店舗をオープンし、6人のシングルマザーたちがこれを切り盛りしています。
ウガンダはルウェロ県にある、キゴーグワ、ブカラサ、ルコメラという場所です。

ルコメラのお店の様子

ブカラサのママたち

ルコメラのママたち

まずぶつかったのは、価格設定の壁。
当初はジュース販売を50円~60円程度で予定していました。しかし、中には15円~30円ほどで飲み物を売っているお店もあるのです。
フレッシュなフルーツで、その場で作る手作りジュースとして付加価値を出し、販売する戦略でしたが、状況を見ながら路線変更を加えています。
現在では、原価を抑えながら他店と同程度の価格で販売し、売れ行きが上がってきています。まずは味を知ってもらうことが大切と考え、価格を下げ、少しでも多くの方の手に届け、軌道に乗ってきたら、改めて価格を上げることを検討していきます。

隔週でママたちは打ち合わせを行い、改善を話し合う

また、他のメニューについても検討。現地でより売れるものは何か?を話し合いました。
その結果、地元の定番メニューを販売し、お店を知ってもらう、ということになりました。
マトケというバナナで、ウガンダでは主食として食べられている食事類も販売します。
また、豆類、付け合わせの野菜類、キャッサバ、ヤムイモなどのイモ類の販売もすすめていきます。

お皿などを運ぶママ

こうした試行錯誤の末、キゴーグワでは客単価が直近と比べ倍くらいになり、売上も上がってきました。
また、ブカラサ、ルコメラでは目標としていた売上を1週間で達成できるくらいの売上となってきました。

現地パートナーの担当者とプラススタッフの打合せの様子

軌道に乗せるのは、まだまだこれから、というところですが、ママたちは試行錯誤しながら、ビジネスを体感しながら学び、改善を加えています。
わたしたちは、ママたちのペースに寄り添いながら、この試行錯誤を見守り、サポートしていきます。

カテゴリー: 現地レポート |

チャリティーオークション第8弾!残すところ2週間!

エイズ孤児支援NGO・PLASが昨年から展開する2016年世界エイズデーキャンペーンの一環である、
Yahoo!オークションサイトでのチャリティーオークションの第8弾が本日より始まりました!

本キャンペーンの趣旨にご賛同頂いた著名人に物品を提供していただき、ネット上でオークションを行ないます。
チャリティーオークションの収益はエイズ孤児支援NGO・PLASを通して、アフリカのエイズ孤児支援活動に使われます。

残り2週となった第8週目は2月20日(月)から2月27日(月)までです。
『うる星やつら』や『犬夜叉』で有名な漫画家高橋留美子先生、うさぎと鳥ピスケで有名なイラストレーターカナヘイさん、「目が笑ってない着ぐるみたち」のLINEスタンプで大人気のポテ豆さん、ゴールキーパーとしてご活躍中の名古屋グランパス所属楢崎正剛選手、元プロテニスプレーヤーの杉山愛さん、そして紙の動物アート作家 一ツ山チエさんの総勢6名の皆さまからのご提供品を出品中です!

高橋留美子先生

高橋留美子先生からのメッセージ
「少しでも子供たちのお役に立てたら嬉しいです。」
出品物
・直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
>>>出品を見る

カナヘイさん

カナヘイさんからのメッセージ
「PLASさんのエイズ孤児支援活動を応援しています。こどもたちのために、微力ながら私のできることでご協力できればと思います。」
出品物
・直筆サイン色紙
>>>出品を見る

ポテ豆さん

ポテ豆さんからのメッセージ
「私はこのチャリティーオークションに参加させていただき、エイズ孤児という問題を知りました。 世界ではエイズで親を失った子どもたちが、差別を受けたり、十分な教育を受けられなかったりしています。私に出来ることで少しでもお力になれたらと思います。」
出品物
・直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
              >>>出品を見る

楢崎正剛選手

楢崎正剛選手からのメッセージ
「今回のチャリティオークションが、一人でも多くのエイズ孤児の助けになれればと心から願っております。 エイズ孤児の健康面、教育面などをはじめとした日常生活における環境面が少しでも改善されればと思います。 僕も僕に出来ることで出来る限り、協力したいと思いますので、皆さんもぜひご協力お願いします。」
出品物
・直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る

杉山愛さん

杉山愛さんからのメッセージ
「医学は進歩しているのに人間の意識は同じようには進化していません。 エイズという病気に対する偏見もそのひとつです。 このキャンペーンを通じて、まずはエイズに対する正しい理解を多くの人ができることを願っています。」
出品物
・直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
               >>>出品を見る

一ツ山チエさん

一ツ山チエさんからのメッセージ
「両親をエイズで失った子どもたちが、差別を受けたりせず、守られて、愛情や教育を受けて育って欲しい。 またその子供達がHIVに感染して同じ悲しみを繰り返すことのないように…少しでも力になれればいいです!!」
出品物
・直筆イラスト・サイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆イラスト・サイン入りトートバッグ・1
                     >>>出品を見る

(順不同)

出品期間は Yahoo!オークションサイトにて2月20日(月)から2月27日(月)の1週間となっております。
残り2週間となったチャリティーオークション!皆さま、お見逃しなく!!

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: 世界エイズデー |
Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...236 237 238 Next
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

チャリ本キャンペーン

チャリ本2017春のキャンペーン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ