プラスのお知らせ

1/26開催!ルワンダのIT企業CFO×国際協力NGO経営者によるアフリカトークセッション

ここでしか聴けない!プラス事務局長・小島とルワンダIT企業CFOを務めるプラス理事・一宮によるアフリカトークセッションをお届け!

経済成長に伴ってビジネスでも脚光を浴びるアフリカ。
一方、貧困やHIV/エイズなど課題も残されています。

2005年、学生7名が立ち上げた「エイズ孤児支援NGO・PLAS」。
事業展開を支える事務局長、理事の2名はいずれも民間企業の出身。
大手商社からルワンダのIT企業へ、外資系証券会社からNGOへ、それぞれが選択したキャリアと、アフリカの課題解決にかけるビジョンを共有します。

プラスはウガンダとケニアの2ヶ国で、エイズ孤児の教育支援活動やエイズ啓発に取り組んでいます。

エイズ孤児とは、エイズで両親または片親を失った18歳未満の子どものことです。
1日2,000人、約40秒に一人のペースで、いまこの瞬間もサハラ以南のアフリカを中心に増え続けています。

そんなエイズ孤児の問題を、プラスの立ち上げ期から13年、子育てしながら活動をリードする事務局長の小島と、大手商社からルワンダのIT企業にキャリアチェンジし、理事としてルワンダからプラスの経営を支える一宮による、特別アフリカトークセッションをお届けします!

ビジネスと国際協力、それぞれの現場からアフリカの課題や可能性を探ります。

・国際協力に興味がある方
・アフリカでのビジネスや経済に関心をもつ方
・働きながら社会貢献に関わっている、これから関わりたいと考えている方
・新しい人脈を作りたいと考えている方

どなたでも大歓迎です!

秋葉原駅から徒歩圏内のプラス日本事務所で開催します。
平日の夜、お仕事帰りにお気軽に立ち寄っていただける人気のイベントです。

お申込み

お申込みは下記のURLからお願いいたします。http://plasroom.peatix.com/

日時 2018年1月26日(金)19:30-21:00(19:00 OPEN)
場所 PLAS日本事務局
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
御徒町駅から徒歩7分/東京メトロ末広町駅から徒歩4分/秋葉原駅から徒歩9分
参加費 ¥1,000
本イベントは、経費を除く参加費の全額がエイズ孤児支援となるチャリティーイベントです。
参加するだけで、支援につながるアクションとなります!
定員 15名
※お早めにお申し込みください。
プログラム 事務局長・小島×理事・一宮によるアフリカトークセッション
交流会/ワークショップ
こんな方におすすめです ・国際協力に興味のある方
・アフリカ、子ども支援に興味のある方
・アフリカでのビジネスや経済に関心をもつ方
・働きながら社会貢献に関わっている、これから関わりたいと考えている方
・新しい人脈を作りたいと考えている方
・ボランティア、プロボノ、企業とNGOの連携、寄付に興味のある方
スピーカーと直接話す時間も!気軽に参加できる雰囲気

PLASRoomは、スピーカーや参加者同士の距離も近い、アットホームな雰囲気です。活動経験の豊富なスタッフが現地のおかれている状況や課題を直接皆さんにお話します。疑問に思ったこと、活動参加の相談など、どんどん話してみてください。


毎回、参加者の皆さんから嬉しいコメントを頂いている人気の定期イベント、PLASRoom。参加者の中心は、20-30代の会社員の方が中心。参加者での交流もイベントの楽しみのひとつです。


参加者の声(女性/20代 会社員)

アフリカのエイズ孤児問題はどこか遠い国の問題と感じていましたが、困難な状況でも前向きに生きようとする子どもたちの話を聞いて、自分にもできることがあるのではと感じました。これからプラスの国内活動に参加していきたいです。

参加者の声(男性/30代 会社員)

企業で働きながら、日本からできる国際協力の方法を聞けてよかったです!明日からさっそく社内で取り組みたいです。ワークショップでは異業種の人たちと知り合いになれ、意見交換ができたのが刺激になりました!


スピーカー紹介&メッセージ

小島 美緒(こじま みお):エイズ孤児支援NGO・PLAS事務局長理事

<プロフィール>
エイズ孤児支援NGO・PLAS/事務局長

ICU大学卒業後に3ヶ月間ウガンダへ渡航。HIV陽性者支援を行う大手現地NGOでのインターンや、エイズ孤児が通う小学校の経営改善に携わったことがきっかけでエイズ孤児の問題に関わるように。帰国後、JPモルガン証券株式会社で3年間勤務。社内での社会貢献活動に積極的に関わりながら、社外活動としてプラスのボランティア運営スタッフをはじめ数多くのボランティア活動や社会貢献活動に携わる。
2011年よりエイズ孤児支援NGO・PLASで活動。組織運営の戦略・財務・人材育成の全般を代表とともにリードする。7歳と2歳の息子たちの子育てに奮闘中。

一宮 暢彦(いちみや のぶひこ):エイズ孤児支援NGO・PLAS理事

<プロフィール>
エイズ孤児支援NGO・PLAS/理事

1986年福岡県北九州市生まれ。早稲田大学商学部卒。大学在学中の2006年に開催されたプラスのケニアでのワークキャンプに参加後、プラスで活動を始める。大学在学中は日本国内での啓発キャンペーン、ケニア・ウガンダでのワークキャンプの企画、運営を中心に活動。2008年から団体理事としても団体の運営に関わる。大学卒業後アフリカのインフラビジネスに関わることを志し、総合商社に就職。大学卒業後に掲げた「ビジネスとNGO両方のセクターでキャリアを形成し、アフリカと一緒に成長する」という目標から2017年5月から転職し、現在アフリカ、ルワンダのITスタートアップ企業でCFOを勤める。

12年前の活動開始時、私を含めた立ち上げメンバーは全員学生で、経験も人脈もない中でのスタートでした。知って、自分にできることを考え始めるところから、すべてが始まります。PLASRoomで知ることから始めてみませんか?


もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: イベント情報 |

【2018年4/8(日)】チャリティマラソン大会「パラカップ2018」ランナー&ボランティア募集!

プラスは「PARACUP2018~未来につなぐ・つながる TASUKI~」に共催団体として参加します!

「パラカップ」とは、世界中の恵まれない子どもたちを支援することを目的に開催されているチャリティーマラソン大会です。参加費から運営費を除いた収益が、プラスをはじめとした世界の子どものために活動する団体の支援に使われます。ボランティアスタッフの温かい声援、ゴール後にもらえる子どもたちからのプレゼントが毎年大変好評です♪♪

また、色々な参加で楽しめるのもPARACUPの特長。
チームで盛り上がりたい方は、職場の同僚やご友人と一緒に、チームでリレーマラソンでエントリー、
普段ランニングをされてない方は、チャレンジしやすい5㎞のRUNでエントリー
お子様がいらっしゃる方は、親子で楽しめる親子RAN、キッズRUNでエントリー、
走るのは苦手な方は、ボランティアとしてのご参加など、
それぞれの方に合わせた楽しみ方のできるイベントです。
ぜひお申込みください!

>>ランナー・ボランティアエントリーはこちらから

日時 2018年4月8日(日)
場所 神奈川県川崎市 多摩川河川敷マラソンコース
(古市場陸上競技場スタート)

JR南武線「鹿島田」駅 徒歩15分
JR横須賀線「新川崎」駅 徒歩18分
JR川崎駅よりバス「上平間行」古市場交番前下車 徒歩5分
東急多摩川線「矢口渡」駅 徒歩19分
種目/参加費 ・リレーマラソン(3時間耐久レース)※1周2kmのコース
チーム応募:20,000円/チーム (1チーム2人~7人) 計測あり
※申込後でも人数変更は可能です。当日代表者にお持ちいただくハガキに最終メンバー名・人数をご記入いただきます
・10km RUN:4,000円 計測あり
・5km RUN:3,500円 計測あり
・親子RUN(400m):2,500円
・キッズRUN(1km):1,500円
・ボランティア:1,000円(小学生以下は無料)
※スタッフTシャツ代とチャリティーとして参加費をいただいております。経費を除いた収益は寄付金として支援先の子どもたちに贈ります。

※参加費の記載にはエントリー手数料・消費税は含みません。
※参加Tシャツは参加者全員に配布いたします。

定員 - ランナー:1,700名、400組
- ボランティア:250名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
お問合せ先 一般社団法人PARACUP
info@paracup.info
注意点 紹介団体は、エイズ孤児支援NGO・PLASを選択してください。
こんな方におすすめです ・国際協力に興味のある方
・走るのが好きな方
・皆んなでわいわい楽しむのが好きな方
・働きながら社会貢献にしたいと考えている方
・新しい人脈を作りたいと考えている方

>>ランナー・ボランティアエントリーはこちらから

>>共催団体一覧はこちら
>>2017年大会の様子はこちらから

カテゴリー: イベント情報 , ボランティア募集 |

世界エイズデーチャリティオークション第6週に、安達祐実さん、植田まさしさん、ナイツさん、澤穂希さん、田中雅美さん、丹羽孝希選手、渡辺真理さん、野口健さん、のぶみさんにご協力いただきました!

エイズ孤児支援NGO・PLASが展開する2017年世界エイズデーキャンペーンの一環で、チャリティオークションを開催中!
本日よりチャリティオークション第6週目が始まりました!!

世界エイズデーキャンペーン2017チャリティオークションは、本キャンペーンの趣旨に賛同頂いた著名人に物品を提供してもらいヤフオク!サイト上でオークションを行ないます。
チャリティオークションの収益はエイズ孤児支援NGO・PLASを通して、アフリカのエイズ孤児支援活動に使われます。

第6週目は1/17(水)から1/23(火)までです!安達祐実さん、植田まさしさん、ナイツさん、澤穂希さん、田中雅美さん、丹羽孝希選手、渡辺真理さん、野口健さん、のぶみさんにご協力いただき、ご出品いただきました!

安達祐実さん


出品物

・直筆サイン色紙・2
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・2
>>>出品を見る


安達祐実さんからのメッセージ
微力ではありますが、一人でも多くの方の幸せを心より願っております。

植田まさしさん


出品物

・直筆イラストサイン色紙・2
>>>出品を見る
・直筆イラストサイン入りトートバッグ・2
>>>出品を見る


ナイツさん


出品物

・直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
>>>出品を見る


ナイツさんからのメッセージ
キャンペーンを通してひとりでも多くの子どもたちの未来が明るくなることを願っています。

澤穂希さん


出品物

・直筆サイン色紙・2
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・2
>>>出品を見る


田中雅美さん


出品物

・田中雅美さん直筆サイン色紙・3
>>>出品を見る


田中雅美さんからのメッセージ
日本で、エイズという病気の認知度は昔に比べ随分と高くなってきたと感じます。しかし、世界では私たちがまだ知らないエイズによる影響がたくさんあります。チャリティオークションによって、1人でも多くの方へ、世界のひとつの問題、現状を知るきっかけとなることを応援します。

丹羽孝希選手


出品物

・直筆サイン入り色紙・2
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・2
>>>出品を見る


渡辺真理さん


出品物

・渡辺真理さん直筆サイン色紙・2
>>>出品を見る


渡辺真理さんからのメッセージ
同じ時代、同じ地球に生きる一人として、 遠くから、 でも心から 幸せを願っています。

野口健さん


出品物

・直筆サイン入り写真集・2
>>>出品を見る


野口健さんからのメッセージ
ケニアのスラム街で、あどけない表情の子ども達にたくさん会いました。しかし、彼らの取り巻く世界は、貧困、エイズなどとても厳しいものです。一人でも多くの子どもが、希望をもって生きていけるように・・・

のぶみさん


出品物

・のぶみさん直筆イラストサイン色紙・1
>>>出品を見る


のぶみさんからのメッセージ
世界エイズデーキャンペーン

世界が良くすることをしてると
自分が良くなる気がします
全てはつながっているから。
これに参加する全ての
人が良くなりますように。

絵本作家のぶみより

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: 世界エイズデー |

ブランド品買取サービス「ブランディア」さんを通じた寄付サービスが開始しました!

ブランド品買取サービス「ブランディア」さんを通して、
プラスにご寄付いただけるサービスが開始しました!
https://brand-pledge.jp/associate/plas

Brand Pledgeは、ブランド品買取サービス「ブランディア」と寄付プラットフォームサービス「Syncable」の運営する寄付サービス。
洋服やバッグ、アクセサリーだけでなく、ハンカチやタオル、スカーフまで様々なファッションアイテムを手間をかけずに簡単に寄付できます。
取扱いブランドは7000件以上で、一流ブランドだけではなく、カジュアルなブランドも取り扱っています。

趣味の合わなくなった洋服やアクセサリー、頂き物のハンカチなど、
ご自宅にあるご不要品を、アフリカへの支援につなげませんか?

>>詳細、お申込みはこちらから
https://brand-pledge.jp/associate/plas

カテゴリー: 未分類 |

世界エイズデーチャリティオークション第5週に、安達祐実さん、植田まさしさん、澤穂希さん、田中雅美さん、丹羽孝希選手、渡辺真理さん、野口健さんにご協力頂きました!

エイズ孤児支援NGO・PLASが展開する2017年世界エイズデーキャンペーンの一環で、Yahoo!オークションサイトにて
プラスのチャリティーオークション第5週目が今日から始まりました!

本キャンペーンの趣旨に賛同頂いた著名人に物品を提供してもらいネット上でオークションを行ないます。
チャリティオークションの収益はエイズ孤児支援NGO・PLASを通して、アフリカのエイズ孤児支援活動に使われます。
第5週目は1/10(水)から1/16(火)までです!安達祐実さん、植田まさしさん、澤穂希さん、田中雅美さん、丹羽孝希選手、渡辺真理さん、野口健さんにご協力いただき、ご出品いただきました!

安達祐実さん


出品物

・直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
>>>出品を見る


安達祐実さんからのメッセージ
微力ではありますが、一人でも多くの方の幸せを心より願っております。

植田まさしさん


出品物

・直筆イラストサイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆イラストサイン入りトートバッグ・1
>>>出品を見る


澤穂希さん


出品物

・直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
>>>出品を見る


田中雅美さん


出品物

・田中雅美さん直筆サイン色紙・2
>>>出品を見る
・田中雅美さん直筆サイン入りスイムウェア・2
>>>出品を見る


田中雅美さんからのメッセージ
日本で、エイズという病気の認知度は昔に比べ随分と高くなってきたと感じます。しかし、世界では私たちがまだ知らないエイズによる影響がたくさんあります。チャリティオークションによって、1人でも多くの方へ、世界のひとつの問題、現状を知るきっかけとなることを応援します。

丹羽孝希選手


出品物

・直筆サイン入り色紙・1
>>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
>>>出品を見る


渡辺真理さん


出品物

・渡辺真理さん直筆サイン色紙・1
>>>出品を見る


渡辺真理さんからのメッセージ
同じ時代、同じ地球に生きる一人として、 遠くから、 でも心から 幸せを願っています。

野口健さん


出品物

・直筆サイン入り写真集・1
>>>出品を見る


野口健さんからのメッセージ
ケニアのスラム街で、あどけない表情の子ども達にたくさん会いました。しかし、彼らの取り巻く世界は、貧困、エイズなどとても厳しいものです。一人でも多くの子どもが、希望をもって生きていけるように・・・

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: 世界エイズデー |

ケニアレポート ―野菜の収穫で夢を広げる―

前回、前々回とレポートしてきたHIV陽性のシングルマザーとその子ども(エイズ孤児)たちの経済的自立のための農業事業。
今日は支援を受けるシングルマザーパメラさんのお話です。

>>前々回「ケニアレポート ―プラスの新たな挑戦、アグロフォレストリーとは?―」
>>前回「ケニアレポート ―森林局と共に考えた植樹の4つの条件とは?―」

初めての収益!その使い道とは?

事業に参加するパメラさんは、初めての野菜の収穫で得た2,500シリング(約3,000円)の使い道を教えてくれました。
まず子どもの学用品を買い、試験料を払いました。ケニアでは進級等のための試験に費用がかかり、家庭が負担しなければならないのです。

勉強をがんばってクラスで2番の成績を取った子どもにはご褒美としてお小遣いをあげました。
さらに、次に植える野菜の種を買うために貯金をし、残りは食糧や日用品を買うために使いました。

野菜の収穫で広がる夢

パメラさんにこれからの子とも聞いてみました。
パメラさんは「急な出費や子どもの将来の学費のために、もっと働いて貯蓄をしていきたい」と前向きに話をしていました。
事業を通して、収入を得る手段やスキルを得たことで、母親としての彼女の夢が広がっていきます。

カテゴリー: 現地レポート |
Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...249 250 251 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ