PLASの現地活動プロジェクト-SMILE現地レポート

ウガンダレポート│「自分がやりたいことって何だろう?」キャリアトーク

世代を超えて連鎖する貧困からの脱却を目指し、PLASが2021年に新たに立ち上げたSMILE事業。この事業はウガンダで行われており、【農業研修】【治療環境を良くするためのアドヒアランス向上研修】【カウンセリング】【グループ貯蓄】の4方面から支援を届けていきます。

今回はSMILE事業の一環として今年の1月に行われたキャリアトークの様子をお伝えします。

 

 

キャリアトークに行かなくちゃ

キャリアトークが行われたのは、現地協力団体のヒーレコーズオフィスです。

キャリアトークとは、様々な職業で実際に働いている方々を招いて、実際の仕事について話を聞ける場です。

安全面の観点から、子どもたちのみで開催場所のヒ―レコーズオフィスに来させることに抵抗のある保護者も多く、各村で保護者が1人代表になって子どもたちを引率してきたり、寄宿学校の生徒を迎えに行って一緒に来たりしました。

保護者数は7名ほどで、キャリアトーク開催中は一緒に後ろに座って参加してもらいました。

地域の小学校の校長先生がアイスブレイクを担当してくださり、いよいよ始まります!

 

 

キャリアトークが始まるよ!

学校の先生、弁護士、ビジネス先駆者(経営者)、エンジニア、看護師の5人の方々をお迎えして、

・「実際にどんなことをしているのか?」

・「なぜその職業を選んだか?」

など、様々な内容で自身が就いている職業について話してもらいました。

(写真:女の子に憧れが多かったナース。これから夜勤だという。)

 

(写真:意外とファンキーな恰好の弁護士さん。)

 

終了後に子どもたちに話を聞くと、「一番興味を引かれたのは学校の先生!」「わたしは看護師!」など、一番名前が挙がったのが学校の先生、続いて看護師、エンジニアでした。

 

 

キャリアトークに参加する事で、今まで知らなかった職業にであったり、自分のやりたいことは何なのか、考えるきっかけを得たりします。子どものうちから、自分の将来について考えることで、勉強に対してのモチベーションアップにも繋がるでしょう。

子どもたちが真剣に話を聞き、積極的に質問している姿を見て、1人1人の将来に少しでも役に立てば良いなと切に願いました。

これからもシングルマザーと子どもたちが未来に向けて前向きに歩んでいけるよう、活動をつづけていきます。

 

こうした活動が出来るのは日本の皆様の温かい支援のおかげです。

継続的に活動を応援、支援してくださる方がいらっしゃいましたら、PLASのマンスリーサポーターをご検討いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.plas-aids.org/support/monthlysupporter

※本事業はJICS NGO支援にご助成いただいています。