プロジェクト-新型コロナウイルス緊急支援現地レポート

コロナ禍の緊急支援の総まとめ~「生きる」ために食糧と手洗いを届けたい~(後編)

ケニア、ウガンダでも危機的状況をもたらしている新型コロナウィルス。

PLASは2020年4月15日より、社会に取り残される人々へ、簡易手洗い場などの感染予防や食糧などの緊急支援を届けるために、寄付募集を開始しました。終了日のから2021年3月31日までに、1,789人のみなさまから10,607,368円のご支援を頂戴しました。

また、みてね基金様、アーユス仏教国際協力ネットワーク様、庭野平和財団様、新公益連盟様、味の素ファンデーション様から本事業へのご助成をいただき、一部の事業は「JICA草の根技術協力事業」により実施しました。GENERYS様からもご支援を頂戴しました。

心より感謝申し上げます。

このレポートでは、みなさんのご支援やご助成により、2020年4月~2021年3月の間に実施した1年間の活動について前編、後編の二つに分けてレポートします。

学校や病院での感染症予防対策も

食糧支援と共に実施したのが、感染症の予防対策。食糧支援を届けた1031世帯には、同時に石けんを配布し、手洗い方法について啓発を行いました。

ケニアでは2020年4月に事業地の村長さんたちに協力をもらい、村長さんの事務所14か所に手洗い場を設置し、手洗い指導を村長さん主体で行っていただきました。

また、2020年11月、ケニアの事業地域の小学校15校、ヘルスセンター18施設、病院1施設の計34施設を対象に、感染予防対策の石鹸や手洗い用水タンク、マスク、体温計の配布を行いました。手洗い指導や体温計の使い方の指導等も行っています。

啓発では子どもたちと一緒に、啓発ポスターの制作と配布も行いました。手洗い、マスク着用、ソーシャルディスタンスをするように、子どもたちの手によって、イラストで分かりやすく描かれています。

子どもたちと一緒にポスター作りをすることは、子どもたち自身が積極的に感染予防や啓発に参加できるようにする工夫でもあります。

その他にも、ウガンダではHIV陽性者のいる140世帯、約840名の子どもとその家族に1680枚のマスクを配布しました。

>>「ケニアレポート|子どもたちとつくる感染症対策」はこちら

支援が希望になった

現地からは感謝と喜びの声をたくさんいただきました。

「子どもに1日一杯のおかゆしかあげられなかった。家に食糧がぜんぜんなかった。PLASの支援でちゃんとしたごはんを食べることができたの。

本当にありがとう」アイシャさん(ウガンダ/30歳)

「ロックダウン中、食べる物もなく、体調もすぐれない中で精神的にも不安定でしたが、その中で食糧支援が4月と8月に届き、生活に希望を感じるようになり、食糧支援は私の家族を救いました。」リリアンさん(ケニア/49歳)

「精神的にも辛い時期でした。食糧を届けてくれて、生活を繋ぐことができました。本当にありがとうございました。米、豆、ウガリ粉どれもとても助かりました。」メリーさん(ケニア)

「久しぶりに1日3食食べておなかいっぱいになりました!本当に嬉しかったです。」ウィニーさん(ケニア/高校一年生)

>>「感謝のビデオメッセージ|現地から届いた「生活が変わりました」の声」はこちら

今後の展望

2021年3月でいったん緊急支援は終了しますが、まだまだ現地は困難な状況が続いています。PLASではこれからも引き続き、感染症啓発活動をつづけるとともに、人々が自立していけるような支援に移行していきます。

一部の受益者の方々については、すでに生計向上事業など元々行っていたスモールビジネスを再び軌道に乗せるための支援を開始しました。こうした支援を提供していく中で、自立を促すフェーズに入っています。

皆様からの温かいご支援に、重ねまして感謝申し上げます。

PLASはこれからも、みなさんとご一緒にお母さんや子どもたちの未来を支えていきます。

是非、継続的に活動を応援、支援してくださる方がいらっしゃいましたら、PLASのマンスリーサポーターをご検討いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

☆PLASのこれまでの緊急支援について

 

2020年4月

ーケニアにて90世帯に1か月分の食糧・石けんの支援をとどける

ーケニアにて14の村、14か所に手洗い場を設置

 

2020年5月

ーウガンダにて59世帯に1か月分の食糧・石けんの支援をとどける

 

2020年6月

ーウガンダにて50世帯に1か月分の食糧・石けんの支援を開始、40世帯への支援が完了

ーウガンダにて140世帯に1か月分の食糧・石けんの支援を開始

 

2020年8月

ーケニアにて90世帯に1か月分の食糧・石けんの支援をとどける

ーウガンダにて61世帯に1か月分の食糧・石けんの支援をとどける

 

2020年10月

ーウガンダにて140世帯に1か月分の食糧・石けんの支援をとどける

-ウガンダにて140世帯にマスク配布の支援とどける

 

2020年11月

ーウガンダにて50世帯に1ヶ月分の食糧・石けん・マスクの支援をとどける

ーケニアの地域の小学校15校、ヘルスセンター18施設、病院1施設の計34施設を対象に、感染予防対策の石鹸や手洗い用水タンク、マスク、体温計等を配布

 

2021年2月

ーケニアにて90世帯に1か月分の食糧やマスク配布の支援とどける

ーウガンダにて60世帯に1ヶ月分の食糧・石けんの支援をとどける

ーウガンダにて約200世帯にて1ヶ月分の食料・石けん・生理用ナプキンの支援をとどける