PLASの現地活動現地レポート

ウガンダレポート -マーケティングについて知ろう!-

昨年末から数回にわたって報告しているウガンダの養鶏事業。

鶏の飼育自体はとってもうまくいっていますが、養鶏事業の本来の目的は、エイズ孤児たちの継続的な支援のために収益を上げることです。

大きく育て~!

カユンガのメンバーがちょっと苦手としていること、それはより多くの収益を上げるためのマーケティングスキル。
例えば、キリスト教徒の多いウガンダでは4月のイースターと12月のクリスマスが大型連休。普段節約生活をしていても、この時ばかりは大盤振る舞いの人が続出します。このタイミングを逃してしまうなんてもったいない!
ということで、今回の訪問では、事業をより効率的に軌道にのせるためのマーケティング入門研修をおこないました。

帳簿のミスを修正中。みんな計算が苦手です(^^;)
頭を抱えてしまうメンバーも。

理論的なところになると寝る人が続出してしまうため(笑)、団体の強みや弱みなどを洗い出すSWOT分析では、グループに分かれて作業をおこなったりしました。

グループワーク中。民族語(ルソガ)の使用OKです!
差し棒を持つとみんな途端に元気になるので写真がブレて仕方がありません!

昨年6月の養鶏開始で支援した250羽のヒナに加え、今年の始めにさらに250羽のヒナを追加支援しました。
イースターの販売に間に合うように飼育するのはもちろんのこと、今回の研修で学んだことを活かして、ただ「売る」のではなく、収益が出せる販売方法を開拓していってほしいなぁと思います。

生後約2週間のヒナ。水だって自分で飲めます!
縁の下の力持ち、みんなの料理を作ってくれたメンバーは朝一番乗りでした!感謝!!

余談ですが、今回はメンバーの一人から、ペーパービーズでできたポーチとブレスレットのプレゼントをいただきました!世界に一つしかない贈り物、その気持ちがとっても嬉しいですね☆

製作者のメンバーと。

文責:谷澤

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0