イベント開催情報

【1/23水】PLASRoom「Ekilooto of Uganda(エチロートオブウガンダ)~HIVと共に生まれる~」を開催します!

投稿日:

毎月大好評!新年最初のPLASRoomは
「Ekilooto of Uganda(エチロートオブウガンダ)~HIVと共に生まれる~」を開催!


(写真は過去に開催した同様のイベントでの様子です。)

プラスでは1月23日(水)に特別企画トークイベント「Ekilooto of Uganda(エチロートオブウガンダ)~HIVと共に生まれる~」を開催します!
ゲストのフォトジャーナリスト・安田菜津紀さんとプラスの事務局長・小島が、ウガンダ・カンボジア・ケニアでのHIV/エイズの現状、エイズ孤児、母子感染の現状、日本から私たちができることなどを語ります。

安田菜津紀さんが取材先で出会った人々や現地の様子、事務局長の小島がプラスの活動地であるウガンダで出会った人々や地域の状況など、エピソードを交えながらご紹介します。国際協力分野に興味のある方、HIV/エイズやエイズ孤児についてもっと知りたい人にオススメです!

開催概要


日時 2013年1月23日(水)19:00−21:00(開場 18:30)
参加費 ¥1,000
※参加費は開催にかかった費用を除き、全額を支援活動に大切に使わせていただきます。
場所 プラス事務局1F「芸術家の家」スタジオ
東京都品川区上大崎3-14-58「クリエイト目黒」1F
(JR目黒駅より徒歩7分)
>>地図・アクセスはこちら

定員 35名 (ご好評につき定員を上回るお申込みを頂いています。2/22(火)15時半以降にお申込みの方は立ち見の可能性があります。予めご了承ください。
プログラム 18:30 開場
19:00 開演、小島よりご挨拶、プラス活動紹介
19:10 安田菜津紀さん・小島によるクロストーク
20:10 ワークショップ
20:50 閉会のご挨拶
内容 ・世界のHIV/エイズの現状
・エイズ孤児との出会い
・取材を通して出会った人々とのエピソード
・NGO職員、ジャーナリストそれぞれの立場から考える国際協力
・プラスとあなたで出来ること
・想いを共有するワークショップ


PLAS Roomの魅力

アットホームで学びがいっぱいの2時間

ただ座って話を聴くだけでなく、スピーカーや参加者同士で気軽に意見交換をしたり、想いを共有したり・・・そんなアットホームなイベントだからこそ、参加することで様々な学びや刺激を感じていただけます。

もちろん、お一人での参加や、プラスのイベントに初めて参加する方も大歓迎(毎回7~8割ほどの方が初参加)です!


参加者の声(女性/20代)

初めて参加しましたが、とても楽しかったです。プラスの日本やアフリカで活動を知るのにとてもいい機会でした!

参加者の声(男性/30代)

ワークショップで多様な人と交流し、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。また参加します!


今回のイベントの魅力をご紹介!

毎回80-90%の参加者が「満足」「大変満足」と答えてくれるプラスのイベント。今回のトークイベントでは、4つのおすすめポイントがあります!

アフリカが直面するHIV/エイズやエイズ孤児の問題をお伝えします。

現在、世界に1660万人いると言われるエイズ孤児。今回のイベントでは、子どもたちが直面する現状をお伝えします。

フォトジャーナリズムや途上国の貧困問題に関心のある方にもオススメ!


ゲストの安田菜津紀さんは、東南アジアの貧困問題や中東の難民問題にもフォトジャーナリストとして取材を通し関わってきました。そんな安田さんの話が聞けるチャンスです!


フォトジャーナリスト×NGO職員のトークイベント!


同じものを見ても、考え方や感じ方は人それぞれ。今回はフォトジャーナリスト×NGO職員という、お互いのキャリアならではの視点からトークを展開します!

大好評のワークショップ!
みなさんの想いを共有しましょう!


イベントに参加したきっかけ、トークを聞いて感じたこと・・・自分の想いを伝えて、他の人の想いを聞くと、新しい発見があるはず!

スピーカー紹介

安田菜津紀(やすだ なつき)さん:フォトジャーナリスト

studio AFTERMODE 所属/フォトジャーナリスト。上智大学卒。
2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。
2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。
現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に取材を進める。
2008年7月、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。
2009年、日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト大賞受賞。
共著『アジア×カメラ 「正解」のない旅へ』。


小島 美緒(こじま みお):エイズ孤児支援NGO・PLAS


エイズ孤児支援NGO・PLAS/事務局長   
2006年 国際基督教大学教養学部卒業。 大学卒業後に3ヶ月間ウガンダへ渡航。現地NGOでのインターンや、エイズ孤児たちが通う小学校の運営に携わったことがきっかけでエイズ孤児の問題に関わるように。帰国後、JPモルガン証券株式会社での3年間の勤務を経て、2011年よりエイズ孤児支援NGO・PLASに勤務。現在は国内のキャンペーン事業やファンドレイズ、広報に携わる。2歳の息子の子育てに奮闘中。


 

プラスについて

プラスは、2005年12月に日本初のエイズ孤児に特化したNGOとして設立されました。
エイズ孤児の現状改善を目指して、ウガンダ共和国、ケニア共和国で現地団体とともに、学校建設、母子感染予防事業やエイズ啓発事業を行っています。

お問い合わせ

担当:和野 info@plas-aids.org
Tel/Fax 050-3627-0271

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0