イベント開催情報

エイズ孤児支援NGO・PLAS ケニア活動報告会を開催します!

2012年1月のプラス定例イベントでは、11月にケニアへ出張していた代表・門田より、現在ケニアで力を入れて取り組んでいる、母子感染予防事業についてなど、プラスの現地での活動についてお話します!

母子感染予防事業ではお母さんから赤ちゃんへのHIV感染を防ぐために、啓発リーダーの育成を行っています。
2011年9月より、県と正式にパートナーを組み、行政の協力のもと活動を拡大。
10月から12月にかけて、啓発リーダーの選出を住民の選挙によって行いました。

2009年のパイロットプロジェクトからこれまでの取り組みを、支援における住民の自立の重要性にスポットを当てながら考えます。

プラスの海外事業について詳しく知りたい方、国際協力に興味のある方、
また現地の人たちがどのように自立に向けて歩んでいくのか関心のある方、
HIV/エイズ問題に関心をお持ちの方など、どなたでも大歓迎です!

内容

・HIV/エイズおよびエイズ孤児の現状
・ケニアでの母子感染予防事業について
・住民の自立までの道筋
・プラスのこれからの展望
・Q&Aセッション

日時

2012年1月25日(水) 19:00-20:45(open 18:30)

場所

JICA地球ひろば セミナールーム402
東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(3番出口)徒歩1分
地図はこちら http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

参加費

1000円
*開催にかかる費用を除き、参加費は支援活動に大切に使わせていただきます。

対象者

・国際協力分野に関心のある方。
・アフリカ、ボランティアに興味のある方。
・エイズ孤児、エイズ/HIVに関心をお持ちの方。
・プラスの現地での活動をもっと知りたい方。
・途上国の課題解決に関心がある方で、活動をしようと考えている方。
・現地の人々のエンパワメントに関心がある方。

申込方法

下記フォームよりお申込み下さい。


門田瑠衣子プロフィール

エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事
1981年熊本県生まれ。2006年、武蔵野女子大学人間関係学部卒。明治学院大学大学院国際学修士課程修了。
フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。
それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。
現在は、海外事業及び国内のキャンペーン事業、ファンドレイジングなどを中心に活躍中。
CSR推進NGOネットワークコアメンバー。

お問い合わせ

エイズ孤児支援NGO・PLAS [ プラス ]
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒2A
TEL/FAX: 050-3627-0271
担当:谷口
E-mail:info@plas-aids.org

新しくなったマンスリーサポーター 詳しくはこちら

コメントはfacebookのPLASファンページへお願いします!

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0