活動国:ケニア

ケニア共和国について

アフリカ大陸東部に位置する共和制国家です。首都はナイロビ。エチオピア、南スーダン、ウガンダ、タンザニア、ソマリアと国境を接し、南東部はインド洋に面しています。面積は58.3万平方キロメートルで日本の約1.5倍の広さです。人口は5,257万人(2019年:国連)。キクユ族、ルヒヤ族、カレンジン族、ルオ族、カンバ族などの民族が暮らしています。1963年に英国から独立、公用語はスワヒリ語と英語です。多くの国立公園と動物保護区があります。

 

事業紹介

◆FRESH事業

~持続可能な農業で自立を目指す~

事業名:OVCと保護者を支える生活向上支援事業―在来種野菜と樹木の栽培を組み合わせた農業活動の導入を通じて(FRESH)

地 域:ケニア共和国ホマベイ郡ビタ準区
目 的:農業と植林を通して生計向上する
受益者:孤児や脆弱な環境にいる子どもの家族
期 間:2017年4月~現在

PLASは、ケニアの現地パートナー団体ヴィアジェンコとともにHIV陽性 のシングルマザーを中心とした貧困家庭が在来種野菜と樹木を組み合わせた農業を行い生計を向上していくことを目指す活動をしています。

プロジェクトの愛称は事業の英語名から「FRESH」です。(英語表記ではFarming enhancement for Resilient and sustainable Economy of Single-parent Households)

プロジェクトを通して、3つのことを目指しています。

①自身の食事と栄養を確保し服薬を続けられるようにすること
②自給することで食費支出を低減すること
③作った農作物を販売して収入を得えて、子どもたちの教育費などにあてること

このプロジェクトが終了した後も、自分たちで農業を続け、自立してHIV/エイズと共に前向きに生きられるよう支援を行っています。

[事業の最新情報]

◆FLOWER事業

~取り残された子どもが、前向きに生きていくために~

事業名:エイズ孤児を抱える貧困家庭の生計向上とキャリアプランニング支援事業(FLOWER)

地 域:ケニア共和国ホマベイ郡ビタ準区
目 的:農業と植林を通じた生計向上とカウンセリングによるキャリアプランの作成
受益者:孤児や脆弱な環境にいる子どもの家族
期 間:2020年4月~現在

この地域は耕作に適した雨期が年に1回で半乾燥の状態であり、農作物による収入が少ないのが現状です。HIV/エイズに影響を受ける孤児や脆弱な家庭に暮らす子どもは経済的な理由、親の理解不足から留年や中退の課題を抱えていて、将来の目途を立てることができないでいます。

そこでPLASは、ケニアの現地パートナー団体ヴィアジェンコとともにHIV/エイズに影響を受ける孤児や貧困家庭に暮らす子どもに対して、ライフプランニングのためのカウンセリング等を提供すると同時に、在来種野菜と樹木を組み合わせた農業を行い生計を向上していくことを目指す活動を行っています。

プロジェクトの愛称は事業の英語名から「FLOWER」です。(英語表記ではFarming skill and Life planning enhancement for Orphan's Welfare to gain higher Economical skill and Resilience)

また、これらの活動を通して学齢期にあるHIV/エイズに影響を受ける孤児や貧困家庭に暮らす子どもが就学や就労の選択肢を増やすための総合的支援プログラムをつくりあげていきます。

*本事業はJICAの草の根技術協力事業です。

[事業の最新情報]

パートナー団体「ヴィアジェンコ」について

正式名称: Viagenco Community Development & Support Organization

1997年にCBOとして発足。貧困やHIV/エイズに影響を受ける家庭の生計向上のために活動しています。初等学校と診療所を運営し、孤児は無料で通うことができます。 代表のベンソン氏を中心に20名の職員が活動する財政的にも安定した団体です。PLASとは2016年からパートナーを組み、共に活動を行っています。

支援・応援する

メールマガジンを登録する

月に2回程度、現地での活動の様子やイベントの開催情報をお届けします。

登録はこちら

個人情報の取扱いについて

SNS等をフォローする