プラスのお知らせ

ケニアレポート -日本とは一味違うケニアの年末年始-

新年を迎えて、あっという間に半月が過ぎようとしておりますが、みなさまは年末年始をいかが過ごされましたか?
日本の正月に慣れた身としては、毎日半袖で過ごすケニアの新年に何か違和感を覚えつつも、初めて経験するこちらの年末年始を楽しく過ごしました。
今回のレポートは、これまでと少し趣旨を変え、大島がケニアのクリスマス・年末年始の様子についてお伝えします!

キリスト教徒が多いケニアでは、クリスマスが一年で最大のイベントです。
クリスマスが近づくと役所も商店街も閉まり、町は一転してお祭り騒ぎとなります。
いつもは節約を心がけている人も、普段あまり口にすることのない鶏肉や七面鳥、ヤギなどを食べ、プレゼントは子ども1人につき複数買ってあげるほどの大盤振る舞い。
スーパーマーケットでは、レジを待つだけで30分以上かかってしまう長蛇の列ができています。
クリスマスが年末商戦の要となっているのは欧米諸国と同じですね。

トレーラーを利用してのイベント風景。クリスマスのイベントはこれより盛大!

クリスマスの大型連休に合わせ、人の移動も激しくなり、都市をつなぐ交通機関はほとんどが満席状態となります。
中でも利用者が多いバスは、タンスやイスなど、引っ越し業者と見間違うほど家財道具が屋根に乗っていることも珍しくありません。
また、乗合バスなどは通常の1.5~2倍という「特別料金」を設定します。抜け目がありませんね…

キスムとナイロビをつなぐ寝台列車。原色の塗装がアフリカっぽい。

クリスマスを盛大に祝う一方で、新年のお祝いは、元旦に小さなイベントが行われる程度で、ひっそりとした雰囲気でした。
それでも、ナイロビの映画館は宗教関連の映画のみの上映など、日本とは少し異なる一面も。

現地スタッフのドミニク、ベン、トビアスも充実した休暇を過ごせたようです。
啓発リーダーの育成研修の準備に、リフレッシュした気持ちで取り組んでくれることを期待しています!

おまけ
年末年始、大島はケニア最高峰のケニア山に登ってきました。残念ながら初日の出ではありませんが、アフリカ第二の高峰から望む大晦日の朝日をどうぞご覧ください!

(文責:大島陸)

新しくなったマンスリーサポーター 詳しくはこちら

コメントはfacebookのPLASファンページへお願いします!

カテゴリー: 現地レポート   タグ:   この投稿のパーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ