プラスのお知らせ

プラス勉強会「ケニアにおける学校教育の中のエイズ教育」を実施しました!

8月20日(水)、当会事務所にて、勉強会「ケニアにおける学校教育の中のエイズ教育」
を行い、13名が参加しました。
国際協力入門という形で、はじめに、「エイズ孤児の置かれている社会環境」を学びました。
その後、「ケニアにおける学校教育の中のエイズ教育」を概観した後にディスカッションを
行いました。
学校に関わるエイズ問題として以下の点などが指摘されました。教師自身のHIV感染や、
感染した家族の面倒を見ることによって授業ができなくなり、教育の質・量が低下すること、
また、エイズを罹患した(あるいは亡くなった)親の代わりに働き、子どもが教育を受けられない
ということ。
ケニアの学校教育(初等教育)においては、2003年以来、各教科におけるエイズ教育の
主流化が進められてきています。エイズ教育は子どもの権利を守るだけではなく、
エイズに対する偏見や誤解を無くしていくことに役割があります。
さらに、学齢期は性的に活発になる前で、エイズの予防、ケアという観点から、実践的な
ライフスキル教育(個人が日々の要求や挑戦に効果的に対処できるような教育)が
効果的だといわれ、エイズ教育の中で行われています。
しかしながら、カリキュラムや教育環境を充実させ整備していく点、そして、中退した
子どもたちへのエイズ教育の教授という点などに、課題が残っています。
ディスカッションではこれらのトピックに限定せず、視野を広げて、主に、学校教育以外の
エイズ教育の役割や住民参加によるエイズ教育について、意見を出し合いました。
また、9月にワークキャンプでウガンダ・ケニア・タンザニアへ行く参加者からは、
現地の人々との接し方、心構えなどの質問もありました。
特に、外からの組織が支援(援助)することについて、日本で捉えているエイズと
現地で捉えているエイズの認識の差異など、どのように接していけばよいのか、
アイディアを交換しました。

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ