プラスのお知らせ

PLAS写真展「アフリカのエイズ孤児」/世界銀行情報センター共催

2008年6月30日〜7月18日に、世界銀行情報センターでPLAS写真展「アフリカのエイズ孤児」を
開催しています。
瑞々しい才能で注目集めるフォトグラファー、相川美穂さんが2006年にPLASの支援先である
ウガンダのBlessed Nursery and Primary Schoolとその地域を撮影。
子どもたちのありのままの姿をとらえた臨場感ある写真は必見です。
エイズ孤児やスラムに生きる地域の人々の生活を切り取り、多くの困難を抱える中で強く生きる
人々の力強さをとらえています。
会場では相川さんの作品やPLAS撮影の作品、パネル展示を行います。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。
IMG_1517_small.jpg
■相川美穂さんよりメッセージ■
ウガンダで撮った写真に写る人々の表情と、現実にウガンダが直面している問題との間には
あまりにも大きなギャップがあるように思える。
ウガンダへ出発する前に、この国が現在直面している問題を単に書面だけで読んだ時、
私は彼らの生活が相当に大変で、厳しいものであるに違いないと推測していた。
そのため、ある意味では不必要なまでの不安と警戒心を抱きながら挑んだ訳である。
確かに日本と比べたら不便な事は多く生活レベルは低いが、それよりも私の脳裏に強烈に
焼き付いているのは想像以上に明るくて元気に生活しているウガンダの人々の表情であった。
                                               〜相川美穂
■相川美穂プロフィール■
2005年 上智大学文学部新聞学科修了。在学中、マイアミ大学(米国フロリダ州)にて1年間、
写真ジャーナリズムを学ぶ。2006年 東京写真学園プロ本科コース修了、フリーカメラマンとして
活動開始。2006年 第34回APA公募展 企業・商品広告部門 部門最高賞受賞。
2006年 第34回APA公募写真展(大阪市立美術館/東京都写真美術館)、2006年 グループ展
「colors」(東京 T’s salon)、2008年 個展「ウガンダ共和国 – The Pearl of Africa」
(コニカミノルタプラザ)。
ウェブサイト http://www.mihophoto.com
■開催期間■
2008年6月30日(月)〜7月18日(金)午前10時〜午後6時 土日祝閉館
6月30日(月)は午後1時開始
相川美穂トークセッション 7月17日(木)18:30〜20:00
■場所■
世界銀行情報センター(PIC東京) 開館時間:午前10時〜午後6時(土日祝閉館)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー) www.worldbank.org/ptokyo
地下鉄三田線内幸町駅、日比谷線・千代田線・丸の内線 霞ヶ関駅下車
■問合せ先■
世界銀行情報センター(PIC東京) E-mail: ptokyo@worldbank.org Tel:03-3597-6650
関連ページ http://go.worldbank.org/LZBBPQTTA0

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ