ペーパービーズ収入向上支援事業

すべてはエイズ孤児の教育のために

ウガンダのシングルマザーの平均年収は2万円。 
これだけでは制服や文房具などが賄えず、実に4人に3人の子どもが小学校を中退しています。

この事業ではエイズ孤児を抱えるお母さんを支援し、子どもの中退を防ぐことを目指します。

プロジェクトの流れ

1.ペーパービーズのトレーニング提供

2.シングルマザーが質のいいネックレスを製作

3.家庭の収入向上

4.子どもの就学率向上

「アフリカ」を身に付けて「子ども」を学校へ!

プラスのペーパービーズとは?

軽くて丈夫
ペーパービーズは紙でできています。だから、とっても軽くて、肩への負担も少ないです。また、汗や水にも強いコーティング加工を施しているので、安心してお使いいただけます。(※長時間や大量の水濡れはNGです)
オンリーワンのデザイン
ペーパービーズは紙そのものの色彩が生かされています。特に多色使いの紙を使用した場合は、ストライプ状になります。ビーズ一つ一つの色の出方が異なるために、オンリーワンのデザインとも言えます。
うれしいをシェアできる
ペーパービーズのご購入が、シングルマザーの家計を支え、子どもたちに教育を届ける支援につながります。ただ「お金を送るだけ」の支援ではない上に、機能的かつおしゃれ。自分にもうれしく、さらに支援先の子どもたちとも「うれしい」をシェアできます。

これまでの成果

支援した子ども
1377
支援したシングルマザー家庭
103
エイズ教育を届けた人々
26780
現地のプロジェクト累計
15

最新の現地レポート

地元の子どもたちのために!パートナー団体ビアジェンコ職員パンボさんインタビュー

こんにちは、インターン松田です。 今回は、ケニアのパートナー団体「ビアジェンコ」で活動するスタッフ、パンボさん […]

ケニアの道路は何が走る?

こんにちは、インターンの松田です。 今回はケニアの交通手段についてご紹介します。 ケニアでは都市間の移動には日 […]

内戦をくぐり抜けたウガンダのパートナー団体代表ムシシさんの活動の原点とは?

こんにちは、インターン松田です。 今回は、ウガンダのルウェロ県で活動する、プラスのパートナー団体「マルチパーパ […]

現地レポートをすべてみる

「アフリカ」を身に付けて「子ども」を学校へ!

プラスとつながる