団体概要

団体概要

プラスとは

プラスは、エイズ孤児が直面する問題の改善に取り組む国際協力NGOです。
日本初のエイズ孤児に特化したNGOで、2005年12月に設立されました。ウガンダ共和国、ケニア共和国の2ヶ国で、エイズ孤児の教育支援活動やエイズ啓発などに現地団体と共に取り組んでいます。

ミッション 私たちの使命

HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが未来を切り拓ける社会を実現する。

「自分は生まれてこないほうがよかった。エイズで親が死んだのは自分が悪い子だから。」
心を閉ざし、自分を責めるエイズ孤児。
エイズによって遺されたエイズ孤児、HIVに感染する子どもたちなど、
世界には、HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちがいます。
彼らが安心して、笑顔になれる社会を実現したい。
私たちプラスは、「HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが未来を切り拓ける社会を実現する。」ことを目指しています。

バリュー 私たちが大切にすること

地域で子ども達が育つことを大切にします

地域の中で差別をされ、居場所を失ったエイズ孤児。プラスは地域に働きかけ、地域の人々と共に活動することで、地域の中にエイズ孤児の居場所を作っていきます。

地域と共に活動し、住民の自立を優先します

プラスは、何かを「あげる支援」ではなく、地域住民と共にエイズ孤児の居場所を「つくる支援」を行います。住民の自立を優先して事業を行うことで、プラスがいなくなっても地域の住民が活動を続けられるようになるのです。

前向きにチャレンジし、成長しつづけます

アフリカで活動を行う中で、住民の方々から学んだこと。それは、困難な状況に置かれても、悲観することなく前向きに挑戦し、その行動の積み重ねによって成長し続けることです。この姿勢を大切にし、活動します。

人とのつながりを大切にし、お互いを尊重します

私たちが活動する地域の方々、日本で応援、支援してくださる支援者の方々、共に活動するプラスの仲間たち。すべての人々との出会いに感謝し、そのつながりを大切にします。

団体概要

所在地〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F

>>地図はこちら

団体名 特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS
英語名 AIDS Orphan Support NGO PLAS
設立年月日 2005年12月9日
法人設立:2013年3月11日(東京都より特定非営利活動法人として認証を受ける)
電話 PLAS日本事務局03-6803-0791 
*お問い合わせについては上記の日本事務局の番号までお願い致します。
PLASサポーターズデスク係 03-6869-0972
電子メール info@plas-aids.org
代表理事 門田瑠衣子
>>代表あいさつはこちら
スタッフ 日本専従職員2名 現地駐在員2名 現地人スタッフ3名 運営ボランティア15名 一般ボランティア約150名
>>スタッフ紹介はこちら
定期刊行物 PLAS POST(プラスポスト)年2回
役員 門田瑠衣子 代表理事
谷澤明日香 副代表理事
小島美緒 事務局長理事
大島陸 理事
一宮暢彦 理事
藤本俊明 監事
定款 特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS定款
報告書・決算書 2015年度事業・決算報告書 NEW!
2014年度 事業報告書
2014年度 決算報告書
2013年度 事業報告書
2013年度 決算報告書
2012年度 事業・決算報告書
2011年度 事業・決算報告書
2010年度 事業・決算報告書
2009年度 事業・決算報告書
2008年度 事業・決算報告書
2007年度 事業・決算報告書

助成金

2006年 JICA「市民参加協力事業」
2007年 国際交流基金「市民青少年交流助成」
2008年 庭野平和財団・JANIC「次世代リーダー育成助成」
国際コミュニケーション基金「社会的・文化的諸活動助成」
ラッシュジャパン「チャリティポットプログラム助成」
ザ・ボディショップ「ザ・ボディショップニッポン基金」
2009年 庭野平和財団・JANIC「次世代リーダー育成助成」
JICA「市民参加協力事業」
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
2010年 グンゼ株式会社「グンゼラブアース倶楽部」
ラッシュジャパン「チャリティポットプログラム助成」
2011年 日興アセットマネジメント株式会社「日興AM従業員チャリティプログラム」
グンゼ株式会社「グンゼラブアース倶楽部」
2012年 独立行政法人国際協力機構草の根無償資金協力事業
日興アセットマネジメント株式会社様「日興AM従業員チャリティプログラム
グンゼ株式会社様「グンゼラブアース倶楽部」
キユーピー株式会社マッチングギフト制度「QPeace」
スタンダードチャータード銀行協賛
株式会社イオンフォレスト「ザ・ボディ・ショップエイズキャンペーン」
富士ゼロックス株式会社「富士ゼロックス端数倶楽部」
久光製薬「久光ほっとハート倶楽部」他
2013年 独立行政法人国際協力機構草の根無償資金協力事業
グンゼ株式会社様「グンゼラブアース倶楽部」
キユーピー株式会社マッチングギフト制度「QPeace」
スタンダードチャータード銀行 世界エイズデーキャンペーン協賛
ファンケル株式会社「もっと何かできるはず基金」
セールスフォースドットコム株式会社
2014年 独立行政法人国際協力機構草の根無償資金協力事業
日本国際協力システム JICS NGO支援事業助成金
Panasonic NPOサポートファンド
アーユス仏教国際協力ネット NGO組織強化支援事業助成金
ウインローダー エコオクファンド
日蓮宗宗務院あんのん基金
株式会社ラッシュジャパン チャリティポット助成金
2015年 独立行政法人国際協力機構草の根無償資金協力事業
Panasonic NPOサポートファンド
アーユス仏教国際協力ネット NGO組織強化支援事業助成金
NPO法人ENPOWER 他

参加ネットワーク

国際協力NGOセンター(JANIC)
NGOと企業の連携推進ネットワーク
動く→動かす

アカウンタビリティ・セルフチェック2012マークを取得しました

NGOの組織的責任体制や健全な組織運営のあり方が強調されている昨今、NGOには社会からの信頼に足る組織づくりと、それに積極的に取り組む姿勢が求められています。
プラスは国際協力NGOセンター(JANIC)の「アカウンタビリティ・セルフチェック2012」が提示する4分野(組織運営、事業実施、会計、情報公開)41項目におよぶ必須項目と強化項目を、JANIC立会いの下で自己審査いたしました。アカウンタビリティ・セルフチェック2012マークは、自己審査が透明性と適正が確保されて実施されたことを示すマークです。
プラスはこれからも透明で適切な活動を実施し、社会責任を果たす努力を行っていきます。

>>アカウンタビリティ・セルフチェックについて

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ