PLASチャリティーWEBショップ

アフリカを身に付けて子どもを学校へ

PLASチャリティーショップでは、生計向上支援でウガンダのシングルマザーが作ったペーパービーズアクセサリーをはじめ、アフリカで仕入れた布や雑貨を販売しています。売上はPLASの活動を通じて、エイズ孤児の支援のために使われます。

Instagram

エイズ孤児たちの学校中退を防ぐ

 

ウガンダでも義務教育は無償となっています。

しかし実際は制服代や進級のためのテスト代が必要となり、その金額は小学校高学年で年間約1万円。
シングルマザーの平均年収2万円と言われており、この学費が払えず実に2人に1人の子どもが中退を余儀なくされています。

この事業ではエイズ孤児を抱えるお母さんの生計を向上することで、子どもの中退を防ぐことを目指しています。

プロジェクトの流れ

1.ペーパービーズのトレーニング提供・エイズ孤児を抱えるシングルマザーが一つ一つつくったビーズで、アクセサリーを制作します

2.シングルマザーが制作したアクセサリーをPLASが買い上げ、日本国内で販売します。

3.ペーパービーズを販売して得た収入を、エイズ孤児の学費や家畜など次の投資に充てます。

4.家計が安定し、エイズ孤児たちは学校を中退せず通い続けることができるようになります。

軽くて丈夫
ペーパービーズは紙でできています。だから、とっても軽くて、肩への負担も少ないです。また、汗や水にも強いコーティング加工を施しているので、安心してお使いいただけます。(※長時間や大量の水濡れはNGです)
オンリーワンのデザイン
ペーパービーズは紙そのものの色彩が生かされています。特に多色使いの紙を使用した場合は、ストライプ状になります。ビーズ一つ一つの色の出方が異なるために、オンリーワンのデザインとも言えます。
うれしいをシェアできる
ペーパービーズのご購入が、シングルマザーの家計を支え、子どもたちに教育を届ける支援につながります。ただ「お金を送るだけ」の支援ではない上に、機能的かつおしゃれ。自分にもうれしく、さらに支援先の子どもたちとも「うれしい」をシェアできます。