マンスリーサポーター

継続寄付|マンスリーサポーター

プラスは、エイズで親を失った子どもたちの未来を守ります。
ダニエルの将来の夢

わたしたちと一緒にエイズ孤児の未来を守りませんか?
マンスリーサポーターになって子どもたちの笑顔を支えてください。
ご希望の金額を選んで、「サポーターに申込む」をクリックしてください。
>>口座振替でのお申込はこちらから
エイズとエイズ孤児 4つの真実
1日に2000人増えるエイズ孤児

エイズ孤児とは『片親ないし両親をエイズで失った18歳未満の子ども』をさし、2012年の時点で全世界に1780万人いると言われています。エイズ孤児のうち約85%は、サハラ以南のアフリカ地域に集中していて、今も増え続けています。

エイズ以外の理由によって両親を失った孤児の数は1990年から横ばいなのに対して、エイズによって両親を失ったエイズ孤児の数は著しく増加しています。
エイズ孤児は1780万人、85%がサハラ以南に
世界では3530万人がHIVに感染
現在、世界には、3530万人の人がHIVとともに生きています。その7割がサハラ以南のアフリカの人々です。
エイズ孤児は世界に1780万人
エイズによって親を失ったエイズ孤児の数は、この20年で20倍以上に膨れ上がりました。サハラ以南のアフリカが特に深刻で、1510万人のエイズ孤児がいます。
二歳までに半数が亡くなる
赤ちゃんが母体からHIVに感染した場合、2歳までに、半数が亡くなってしまいます。
年間160万人が死亡
2012年、160万人が、エイズによって亡くなりました。
エイズによる悪循環

わたしたちと一緒にエイズ孤児の未来を守りませんか?
マンスリーサポーターになって子どもたちの笑顔を支えてください。
ご希望の金額を選んで、「サポーターに申込む」をクリックしてください。
>>口座振替でのお申込はこちらから
プラスはこうしてエイズ孤児問題を解決します!
あげる支援ではなく、つくる支援
プラスの支援事業3つのステップ

プラスの支援活動の成果
エイズ孤児の教育支援
エイズ孤児が多く暮らす地域で、学校教室の建設や学校運営のアドバイス、また農作物の販売収益をエイズ孤児の就学支援にあてる農業事業を行っています。HIV/エイズやエイズ孤児への偏見をなくすためのワークショップも地域で開催。教育を受けることで、子どもたちの将来の選択肢が広がります。
教育支援の成果図
教育支援の成果写真
エイズ予防教育の成果写真
エイズ予防教育
エイズの正しい知識を伝える啓発活動、お母さんから赤ちゃんへの HIV感染を予防する教育提供を行っています。ケニアでは、地域で選ばれたリーダーたちの育成を通して、住民自らが地域が抱えるエイズ問題の解決に取り組んでいます。
エイズ予防教育の成果図
ブレスド小学校の事例 ナブウェル地区
地域の女性が設立したブレスド小学校は、「エイズ孤児に教育を」という想いとは逆に、運営に苦しんでいました。小さな木造校舎は雨が降ると授業ができず、会計管理ができる先生もおらず、継続が危ぶまれていました。
子どもたちが安心して学べる場を
「学校を支えてほしい」と願いをうけ、プラスは支援を開始。
多くの子どもたちを受け入れるため教室の増築をスタート。日本からの寄付と、日本人・ウガンダ人ボランティアの力をあわせて、3つの教室を建設。レンガ作りの校舎は雨でも授業を受けられます。また、先生たちに会計研修を実施、財政を立て直しました。
ブレスド小学校
ブレスド小学校建設の様子
すべて順調ではなかった
「エイズ孤児の学校はいらない」と地域住民から突きつけられ、 賄賂を要求されたことも。
それでも、子どもたちが学校に通う重要性を地域で訴えつづけ、レンガ作りから住民を巻きこみました。泥まみれで奮闘する日本人をみて、「自分たちの地域は、自分たちで変えていかなければ」と、学校建設に反対だった住民たちも作業に参加。
80名だった生徒は180名に
プラスは住民へのエイズ啓発も行い、エイズ孤児への理解を深めました。プラスの支援をきっかけに、小学校はカリキュラムを改訂、エイズ孤児の学費免除を行い、地域でも質の高い教育を提供していると評価されています。
授業の様子
わたしたちと一緒にエイズ孤児の未来を守りませんか?
マンスリーサポーターになって子どもたちの笑顔を支えてください。
ご希望の金額を選んで、「サポーターに申込む」をクリックしてください。
>>口座振替でのお申込はこちらから
プラスが支援する人々の声
ジョセフ10歳 ジョセフ10歳

ジョゼフ(10歳)。父をエイズで失ってからは、母が4人の子どもたちを支えるため路上で野菜を売って必死に働きました。それでも、収入は週に500円。ジョゼフは学校を辞めざるを得なくなりましたが、地域住民とプラスによって、エイズ孤児の学費が免除されるブレスド小学校がウガンダのカンパラ近郊に開校されてからは、再び学校に通えるようになりました。学芸会では、クラスメートと一緒に、エイズ予防やHIV陽性者への差別をなくす願いがこめられた歌を地域で発表しています。
ロナ29歳

ロナ(29歳)は HIV陽性が分かり、「赤ちゃんに感染させたくない」と子どもを持つことをあきらめていました。プラスの地域リーダーからエイズや母子感染について教えてもらい、母子感染が防げることを知った現在は、病院に通いながら、母子感染を予防する方法について学んでいます。「HIV陽性が分かったときは絶望してばかりでしたが、今では新しい命を育むことが待ち遠しいです」と語ってくれました。
ロナ
みなさまの支援で実現できること
月3000円でできること
わたしたちと一緒にエイズ孤児の未来を守りませんか?
マンスリーサポーターになって子どもたちの笑顔を支えてください。
ご希望の金額を選んで、「サポーターに申込む」をクリックしてください。
>>口座振替でのお申込はこちらから
マンスリーサポーターになると
メールマガジン
月2回、現地からの写真をまじえた報告や、 国内のイベント情報などをお送りします。
サポーター交流会
支援者のみなさまをご招待するイベントを開催。スタッフや他の支援者と交流できます。
機関誌PLAS POST
年1回、現地での活動成果をまとめた機関誌 「PLAS POST」をお届けします。
わたしたちもプラスを応援しています!
澤穂希さん写真 澤穂希さん

プラスの長年にわたる活動に敬意を表します。プラスのスタッフを紹介されて活動を知ったのは 2009年頃になります。エイズ孤児をサポートする活動は、とても高貴で素晴らしいことで、私も微力ながら応援をさせていただく機会をいただき、毎年チャリティーイベントに協力をしています。 世界には1780万人を超えるエイズ孤児がいると聞きました。遠い場所の話ではなく、近くの現実です。行動しなければ何も発展しません。エイズ孤児たちの未来を守るという社会的使命を果たすべく、スタッフのみなさんが日々奮闘されています。少しでも日本のみなさんの関心が高まり、プラスの支援活動にご協力いただけることを期待しています。
サポーター写真左
先日初めてケニアに行きました。一番印象に残っているのは、無邪気で素敵な子どもたちの笑顔です。エイズ孤児は日本では馴染みのない問題かもしれませんが、あのかわいい子どもたちの笑顔を身を挺して守ろうとしているプラスの事業にとても共感し、自分に今できることはなんだろうと考え、帰国後すぐにマンスリーサポーターを始めました。自分のお金がアフリカの子どもたちの笑顔を作っていると思うと嬉しいです。
サポーター写真右
プラスを支援先に選んだ理由は、パッションを持ち、ぶれずに継続的に活動している団体だからです。エイズ孤児問題は世界的に取り組むべき問題だと認識しており、エイズ孤児が増加しないための活動、生まれてきたエイズ孤児への支援が継続的に必要とされます。プラスは年を重ねるごとに順調に成長し、エイズ孤児への支援活動の輪も広がっているようで喜ばしいです。今後も共に変わりなき支援活動を続けていきたいと思っています。
サポーター写真中
マンスリーサポーターに入ったのは、ランチ代くらいの気軽な金額から参加でき、エイズ孤児が学校に通い、幸せに暮らすために役立ててもらえるからです。直接アフリカに行くことができなくても、日本から力になれることがあります。自分と同年代のスタッフが運営しているプラスの前進にワクワクしながら応援しています。遠いアフリカの子どもたちと繋がっているという感覚がうれしく、私も頑張ろう!と元気をもらっています。
代表メッセージ
PLAS代表写真 PLAS代表氏名

学生時代にケニアの現地NGOでボランティアをしたとき、ある孤児院を訪ねました。そこには一つのベットにたくさんの赤ちゃんが並んで眠っていました。聞くと、ほとんどの子がエイズ孤児だというのです。何かしたいという思いを胸に、帰国。同じような思いを持った設立メンバーと出会い、プラスを設立しました。エイズ孤児たちは親を亡くした悲しみを抱えながら、差別や貧困と闘っています。「自分なんて生まれてこない方がよかったのではないか」と自分を責める子どもたちも少なくありません。 そんな子どもたちが安心して笑顔になれる居場所を、私たちはつくっていきます。

「エイズ孤児のため、アフリカのために何かしたい!」という皆さまのお気持ちを、是非、マンスリーサポーターにご協力いただくことで、形にしていただければと思っています。私たちは、その皆さまの思いを、エイズ孤児の居場所に変えていきます。
団体概要
名称 特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS
所在地 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
連絡先 TEL:03-6803-0791 
メール:info@plas-aids.org
設立 2005年12月9日
(2013年3月11日に東京都より特定非営利活動法人として認証を受ける)
理事 代表理事:門田瑠衣子 / 副代表理事:谷澤明日香
事務局長理事:小島美緒 / 理事:一宮暢彦 / 理事:大島陸
監事 藤本俊明
スタッフ 日本事務局 2名 ケニア事務所 4名
インターン 5名 運営ボランティア10名
サポーター マンスリーサポーター 120名
ボランティア 250名
※2014年3月現在
わたしたちと一緒にエイズ孤児の未来を守りませんか?
マンスリーサポーターになって子どもたちの笑顔を支えてください。
ご希望の金額を選んで、「サポーターに申込む」をクリックしてください。
>>口座振替でのお申込はこちらから
FAQ
Q1
活動の報告はどのように知ることができますか?
A1
プラスのウェブサイトの現地レポート、メールマガジン、月例イベント、機関紙「プラスポスト」などでお知らせしています。
Q2
寄付したお金はどのように使われるのですか?
A2
ウガンダ・ケニアでのエイズ孤児支援活動や、現地での活動を支えるために不可欠な日本事務局の経費(広報・人件費)などに使われます。
Q3
退会することはできますか?
A3
ご自由に退会できます。お電話・メールで当会までご連絡ください。
Q4
引き落とし金額や口座を変更したいときはどうすればいいですか?
A4
電話(050-3627-0271)やメール(info(アット)plas-aids.org)で当会までご連絡いただければ、いつもで変更ができます。
今回のみの寄付を希望される方へ
今回のみのご寄付も承っています。1000円以上で、ご寄付いただけます。
今回のみの寄付について、詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。
ご希望の金額(1,000円からとなっております)を選んで
「寄付する」をクリックしてください。
>>銀行振込はこちら
問い合わせ
特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
TEL/FAX: 03-6803-0791 
E-mail:info@plas-aids.org
担当:小島
Facebookもチェック