活動国:ウガンダ

ウガンダ共和国について

東アフリカに位置する共和制国家です。東にケニア、南にタンザニア、南西にルワンダ、西にコンゴ民主共和国、北に南スーダンとの国境に囲まれた内陸国です。面積は24.1万平方キロメートルで日本の本州とほぼ同じ広さです。人口は4,272万人(2018年:世銀)。バガンダ族、ランゴ族、アチョリ族などの民族が暮らしています。1962年に英国から独立、公用語は英語とスワヒリ語です。アフリカでも有数のコーヒー生産国でもあります。

 

事業紹介

◆CAFE事業

~困難を乗り越え、ビジネスパーソンへ~

事業名:カフェ・ビジネスによるシングルマザーの生計向上事業(CAFE)

地 域:ウガンダ共和国ルウェロ県
目 的:カフェビジネスを通して生計向上する
受益者:HIV陽性シングルマザーとその子ども達
期 間:2016年10月~現在

エイズ孤児を育てるHIV陽性のシングルマザーを対象として、カフェの開業と運営により生計向上を目指します。

飲食店を始めるため、HIV陽性のシングルマザーたちに調理・接客・衛生・ビジネス管理などの研修による技能と、それらを作り販売するため必要な食器・テーブル・冷蔵庫やオーブン等の機材などを提供しています。また開業後も伴走支援を行い、ビジネスが軌道に乗るまでサポートを行っています。

こうしたスモールビジネスを通して、シングルマザー達は自分の力で生計を立て、子ども(エイズ孤児)たちを学校に通わせ、自立した生活を歩んでいくことを目指します。

[事業の最新情報]

◆BRIGHT事業

ユースが手に職をつけ、自立できるように

事業名:HIV陽性ユースための技術訓練事業(BRIGHT)

地 域:ウガンダ共和国ルウェロ県
目 的:HIV陽性者ユースがビジネススキルを得て生計向上する
受益者:HIV陽性者ユース
期 間:2019年4月~現在

教育を受けられずに職がないHIV陽性のユースへ技術訓練を提供しています。研修を受けたユースは、グループを組み、地域でスモールビジネスを行います。スモールビジネスは例えばヘアサロンを開業するなど、ユースの意欲と地域のニーズに合わせて展開をしています。

また研修の中では、ユースが健康に生活ができるよう感染症予防についてなども扱っています。

[事業の最新情報]

◆PATH+事業

正しい知識で自分たちの健康を守る

事業名:HIV陽性者のアドヒアランス向上支援(PATH+)

地 域:ウガンダ共和国ルウェロ県
目 的:HIV陽性者が正しく服用することで健康的に生きる
受益者:HIV陽性者グループメンバー、ヘルスセンタースタッフ
期 間:2018年4月~現在

HIV陽性者グループと彼らが通院するヘルスセンターのスタッフに向けた事業です。

HIV陽性者が利用するヘルスセンターのスタッフに対してはカウンセリングスキルの研修を行っています。適切な薬を提供するだけでなく、精神的なサポートの必要性やサポートの仕方についてなどを研修しています。この研修を受けた多くのカウンセラーがHIV陽性者への対応が大きく変わったと報告してくれました。こうした変化によりHIV陽性者が適切にカウンセリングや情報にアクセスできるようになり、正しく服用を続けられるようになりました。

また、HIV陽性者のグループの対しては栄養に関する研修提供や、栄養を取っていくための家庭菜園・農業の研修と実施などを行っています。

[事業の最新情報]

◆SHINE事業

農業を学び、生活を変えていく

事業名:HIV陽性者家庭の生計向上・栄養改善のための在来種野菜栽培支援(SHINE)

地 域:ウガンダ共和国ジンジャ県
目 的:農業技術を得て、農業で生計をする
受益者:HIV陽性者
期 間:2020年1月~現在

HIV陽性シングルマザーの家庭では、教育費が払えずに、子どもたちが学校から返されることもしばしば。そこで、グループで土地を借りて農業を始め、生計向上を目指しています。

体調管理が大切なHIV陽性者が栄養価の高い在来野菜を育て、収穫し、家族と食べることができるようになりました。これで食費が減るだけでなく、余剰分を販売し、収入にもつなげています

今まで農業の研修を受けたことがない参加者たちばかり。農業の座学から実践研修、農業開始後の伴走支援まで継続して行います。

[事業の最新情報]

パートナー団体「カユンガ」について

正式名称: Kayunga Friendship and Development Association

HIV陽性シングルマザーを中心に1999年に設立された自助組織。約40名が活動し、農作物や養鶏の収益を貧困家庭の子どもたちへの教育支援に充てています。
PLASとは2013年から協働し、ペーパービーズ事業や養鶏事業を実施してきました。現在は野菜栽培と販売による生計向上支援を行っています。
リーダーのジョイ氏は、「HIV陽性でも正しく治療をすれば他の人と変わらずに明るく健康に生活できる」という思いで活動をけん引しています。

パートナー団体「ヒーレコーズ」について

正式名称: Health Response for community development and sustainability Response for community Development and Sustainability

2002年にHIV陽性者の支援団体として設立されました。職員8名。ルウェロ県(人口約49万人)全域をカバーし、傘下に32の陽性者サポートグループがあります。HIV陽性者が治療にアクセスするための支援や予防啓発などを行っています。PLASとは2014年からパートナーを組み、現在はカフェ運営による生計向上支援を行っています。
代表のムシシ氏のもと、HIV/エイズに命が脅かされることなく人々が人生を享受できる社会をめざして活動しています。
*2020年11月に「マルチパーパス」から「ヒーレコーズ」に改名しました。

支援・応援する

メールマガジンを登録する

月に2回程度、現地での活動の様子やイベントの開催情報をお届けします。

登録はこちら

個人情報の取扱いについて

SNS等をフォローする