国内での活動

定期開催イベント "PLAS-Room"

エイズ孤児問題に触れ、PLASの活動を知っていただくために1~2ヵ月に1度開催しています。
不定期で、アフリカや国際協力に関するゲストを呼んだり、ワークショップを実施することも。
会場は、内容によってPLASオフィス以外の場所をお借りすることもあります。

SNSのフォロー、メールニュースの登録をして開催情報をチェックしてください!

世界エイズ孤児デー/世界エイズデー

HIV/エイズに関する啓発機会の国際デー、5月7日の世界エイズ孤児デーと12月1日の世界エイズデーには、PLASでは例年キャンペーンを実施します。

エイズ孤児の問題の認知と、Positive Livingを通じたエイズ孤児支援活動の喚起のため、チャリティーパーティーを始めとしたイベントの開催、チャリティーオークションなどを行っています。

>>チャリティーオークションとは?

講演活動

プラスでは、エイズ孤児や現地の状況を知らせるため、また当会活動への一層の理解促進を目的として、講演活動を行っています。

これまでに、大学や援助機関、企業、修学旅行や総合学習、非営利組織での国際協力セミナー等で講演を行ってきました。
様々なご要望に合わせて、大学などの学校から企業、自治体、学生サークル、地域活動グループまで、ご関心のある方ならどなたでもお申込みいただけます。

主な講演テーマ

時間や参加者に合わせて、映像やワークショップ(参加型学習)も行うなど、エイズ孤児の現状やエイズ孤児を抱える地域の現状などをわかりやすくお伝えします。

テーマの例
・エイズ孤児やプラスの活動、活動を始めた経緯について
・国際協力を仕事にする
・ワークショップ「エイズ孤児デリックの物語」「現地の問題を分析してみよう」など

※講演時間は60分~120分程度です。

実績例

・東京大学大学院「ケニア、ウガンダのエイズ孤児」
・立命館大学ソーシャル・イノベーション型再チャレンジプログラム「NGO設立から現在の軌跡」
・人事院職員向けフォローアップ研修「市民社会とのパートナーシップを考える」
・現代ビジネス「ソーシャライズ!」presents『NPO × ソーシャルメディア』
・川崎市高津区市民館・川崎市教育委員会主催平和・人権学習「アフリカのエイズ孤児とプラスの支援活動」

講師の費用について

ご予算が少ない場合やその他ご相談がある際は、お気軽にご連絡ください!
以下は講師料の目安となります。

・学校・非営利団体 30,000円~
・企業・労働組合(営利団体) 50,000円~

お申込み・お問い合わせ

メールにてお問い合わせください。

※日程や内容について調整の上、折り返しご連絡させていただきます。

チャリティーWEBショップ

生計向上支援事業でウガンダのお母さんたちが作ったペーパービーズのアクセサリーをはじめ、海外事業マネージャーが現地で買い付けてきたやアフリカの雑貨などを取り扱っています。

SNSアカウント