企業・団体のみなさまへ

プラスは企業のみなさまと共に、エイズ孤児問題に取り組みます

ご支援・連携の方法は様々です。皆さまのアイデアやご意向を、お気軽にご相談ください!

ご協力企業様

ご協力をいただいている企業様の一部をご紹介いたします。順不同。

日興アセットマネジメント

助成制度にてご支援をいただきました。また、チャリティパーティに社員の皆様にご参加いただきました。

株式会社ラッシュジャパン

プラスはウガンダ・ルウェロの小学校建設事業やHIV陽性のシングルマザー家庭の生計向上事業などに助成をいただきました。

株式会社セールスフォース・ドットコム

ライセンスの無償提供をいただきました。またプロボノでのデータベース活用のコンサルティング提供のご協力をいただきました。

グンゼ株式会社

社員の皆さまよりご寄付をいただきました。また、直営店にてイベントを開催し、期間中の収益の一部をご寄付いただきました。

さまざまな協力のカタチ

寄付金・助成金による支援

皆さまからのご寄付や助成金によってご支援いただくことができます。

施設の貸出しや物品、サービスの提供

事務局運営をサポートするサービスや、イベントなどを行う際に場所や商品等をご提供いただくことで、ご支援いただくことができます。

キャンペーンやイベントへの協力

キャンペーンやイベントなどにご協賛いただくことで、たくさんの方にエイズ孤児の問題を知らせることができます。

寄付つき商品による支援

皆さんの商品の売上の一部をプラスに寄付していただくことで、アフリカのたくさんの子どもたちを笑顔にすることができます。

連携の流れ

ご相談から連携、振り返りまでのながれの例をご紹介します。

こちらは一例ですので、必ずしも同じながれになるとは限りません。連携先の企業様とご相談しながら進めていきます。

ご相談から連携までの時間は最短で1ヶ月程度。じっくり時間をかけるケースでは1年近く準備をかけることもあります。

プラスと連携して良かったと感じていただけるよう迅速にご対応いたします。これまでの数多くの連携の経験を生かして、魅力ある企画作りのお手伝いをさせていただきます!

まずはお気軽にお電話かメールにてお問い合わせください!

①目的と目標の設定

事業の目的と連携の具体的目標設定を通して、みなさまとプラスの相互理解を図るとともに、ビジョンを共有します。

②実施体制の決定

企画の期間や評価の仕方、役割分担、スケジュールなどを具体化し取り決めを書面でかわします。

③実施

事業を実施します。

④振り返り

連携成果の評価・報告をします。双方で共有することで次の連携をより良いものにすることができます。

プラスと連携すると

連携企業様には、広報や販売活動などにおいて、プラスの名称・ロゴ・キャラクターをご使用いただけます。また社員の皆さまに現地での海外ボランティア活動や国内でのボランティア活動の機会提供、社員の皆さまを対象とした講演会なども可能ですので、お気軽にご相談ください。

プラスについて

プラスについては組織概要をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
03-6803-0791