下久禰 愛

プロフィール

下久禰 愛

国内広報/ファンドレイズ担当

1978年広島県生まれ。2000年、津田塾大学学芸学部国際関係学科を卒業。
卒業後、(財)オイスカ四国研修センターで1年間の農業ボランティア後、日本農業実践学園/国内農家で農業の勉強をする。
2003年12月から2014年6月まで、ソロモン諸島の支援等を行う(特活)APSD勤務。化粧品の開発/販売、環境教育事業等に携わる。
2014年9月よりPLASに勤務。広報やファンドレイズに従事。
現在、二児の子育て中。

わたしの思い

●活動にかける想い自分の手の届く範囲は狭いけど、届く範囲の人たちが笑顔でいられるよう、一緒に歩んでいくような仕事をしていきたい。

●私の原点

はじまりは、高校の平和学習で見た一本のビデオ。
原爆被害の悲惨な映像と一緒に流れた「決して目を逸らさないでください」というメッセージが心に残った。
今も自分が平和で不自由のない暮らしを送る一方、戦争や飢餓/貧困等に直面している人達がいる。
そこに目を逸らさず向き合う生き方をしたいと思ったのが、国際協力の仕事に進んだ原点。

●PLASに入ったきっかけ

これまで農業/環境分野のNGOで勤務してきたが、自分も子どもを持つようになり、人生の選択肢が十分に得られない状況にある子ども達のサポートをできる活動に参加してみたいと思ったこと。
また、今まで経験の少ない業務が多く、新しい経験ができると思ったので。

●PLASで学んだこと

一人一人の相乗効果でチームとして得られる成果の大きさ。
互いをサポートしあいながら、馴れ合いではなく、きちんと成果を見据えることの大切さ。

●どんな団体にしていきたいか?

この人たちと一緒にやってみたい!とたくさんの人に思ってもらえる団体

●好きな言葉

雨が降ったら傘さして、傘がなければ濡れていく。そんな人生がちょうどいい。

●夢

自分の子ども達にとって、いつでも頼れる、色んなことを一緒に楽しめる母さんであること。
また、別団体で継続してやっている小学生の子ども達への食農/開発教育を、もっと多くの子ども達に届けていきたい。