ボランティア募集

☆★☆ PLASケニアワークキャンプ参加者募集 ☆★☆

(開催期間2007年2月12日〜2007年2月28日)
〜エイズ孤児を知ってみませんか?そして動いてみませんか?〜
アフリカではエイズの蔓延とともに、両親をエイズによって失う、いわゆるエイズ孤児の問題が深刻化しています。 現在全世界のエイズ孤児の数は約1500万人だといわれ、その内サハラ以南のアフリカ地域のエイズ孤児が1230万人だといわれています。
エイズ孤児支援NGO・PLASはケニアのナイロビからバスで約10時間の田舎にあるエイズ孤児が多く通う小学校を支援しています。
この学校には501名の子どもたちが通っており、そのうち231名が孤児で、この孤児たちの4分の3はエイズ孤児です。学校では、学校と地域住民で農業を営み、農業から得た収入をエイズ孤児の制服代やテスト代として活用するプロジェクトを計画しており、そのスタートアップを今回のワークキャンプで行います。
ワークキャンプでは子ども達と農作業をしたり、エイズの深刻な地域で子ども達とエイズ啓発ドラマの企画などを行います。子どもたちのかわいい笑顔に囲まれて、現地の人たちの生活に触れながら、エイズ孤児たちのために行動してみませんか?
≪期間≫
2007年2月12日(月)〜2月28日(水) (現地集合現地解散になります。但し、不安な方は日本での集合も可能です。) 12-13日はナイロビでのオリエンテーションになります。実際のワークは14日からとなります。
≪開催地≫
ケニアのNyanza県、Siaya地区のUkwalaにある公立の小学校、Mathiwa Primary School。
≪ボランティア内容≫
①小学校と地域住民と連帯して農作業。
②学校のエイズ孤児たちから組織されているエイズクラブと共に発表会を企画。 子どもたちとエイズ孤児とエイズ啓発のドラマを地域で発表する。
≪その他企画≫
エイズについての勉強会をキャンプ中に行う。 また地域の人々とのミーティングや地域の女性グループ訪問。
≪生活環境≫
小学校の隣の地域の空き家に宿泊。自炊。寝袋必要。
≪参加条件≫
子ども好きで、HIV/AIDSやエイズ孤児に関心がある人。 事前・事後に関われる人歓迎!
≪募集人数≫
10名 *本ワークキャンプは原則として日本人とケニア人による二カ国ワークキャンプです。
≪参加費≫
NICEへの登録費=37,300円(ワークキャンプ初回の方) 29,000円(二回目以降) 現地NGO CIVSへの現地登録費=US$200
尚、このワークキャンプに関しては、登録料、追加登録料は実費以外はProject費に充てられます。 ボランティアの宿泊費、食費等は上記の登録費から賄われます。
≪ワークキャンプへの申し込み≫
NPO法人NICE(国際ワークキャンプセンター)を通じて行っております。費用、保険、事前研修などに関しては、NICEのHPを参照にして下さい。
NPO法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター) http://www.nice1.gr.jp/
申し込み方法 http://www.nice1.gr.jp/jp-attention.htm
何かご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。
ワークキャンプの詳細に関してはこちらまで
キャンプリーダー 今村太郎 workcamp_kenya@plas-aids.org

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0