世界エイズ孤児デーキャンペーン2013

世界エイズ孤児デーキャンペーン2013


『5月7日』は世界エイズ孤児デー
世界エイズ孤児デーとは、2002年にエイズ孤児問題への意識を高めることを目的として国連で制定されました。
エイズ孤児とは、両親もしくは片親をHIV/エイズによって亡くした18歳未満の子どもを指します。

プラスでは、世界エイズ孤児デーに合わせて4月22日~5月31日まで世界エイズ孤児デーキャンペーンを行います。
チャリティパーティやチャリティオークションなど様々な企画を通して、気軽にキャンペーンに参加することができます!



5月12日15時より東京で開催!
起業家、NGO関係者、ビジネスマンなど、様々な分野から毎年100名以上の参加者が集い、新しい出会いが生まれています。参加するだけで気軽にチャリティに!
>チャリティパーティについてはこちら


あなたの投票でフェイスブックカバー画像を選ぼう!
4月22日~5月12日の期間、「アフリカから届いた笑顔フォト!あなたの投票でフェイスブックカバー画像を選ぼう!」を開催!あなたの投票が、30円の寄付になります!
>facebookキャンペーンについてはこちら

落札金額はすべてアフリカの支援へ
5月14日~6月11日の期間、チャリティオークションを実施!エイズ孤児の支援を応援する著名人が多数オークションに協力しています!
>チャリティオークションについてはこちら


4月30日~5月17日 世界銀行情報センターで開催!
フォトジャーナリスト安田菜津紀さん写真展「 Ekilooto of Uganda」~HIVと共に生まれる~」を開催します!写真を通してウガンダの現状、エイズ孤児の姿をお伝えします。
>写真展の詳細はこちら


チャリティ商品の購入で気軽に支援
プラスでは、チャリティウェブショップにてプラスがデザインしたオリジナル商品を販売しています。お買い上げ金額の一部がプラスの活動に使われます。
>>プラス寄付つき商品をみる


毎月1000円、1日33円から、クレジット決済などで自動で継続的にご支援いただけます。
>マンスリーサポーターについてはこちら



プラスでは現地パートナー団体とともに養鶏事業を展開しています。ご支援の程よろしくお願いします。
>プラスへの寄付についてはこちら


チャリボンとは、古本のリユースを活用して、その本の査定相当額をプラスの活動に寄付することができる仕組みです。
>チャリボンについてはこちら


特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS
プラスは、エイズ孤児が直面する問題の改善に取り組む国際協力NGOです。
日本初のエイズ孤児に特化したNGOで、2005年12月に設立されました。
ウガンダ共和国、ケニア共和国の2ヶ国で、エイズ孤児の教育支援活動やエイズ啓発、
母子感染予防などに現地団体と共に取り組んでいます。
>エイズ孤児支援NGO・PLASのサイトはこちら


これまでのプラスの活動と成果


9つの学校教室を建設し、2つの小学校が自立しました。そして320名の子どもが新たに就学することができました。



2012年3月~2013年3月の間で、50名以上の啓発リーダーを育成し、11,218名の方にエイズ教育を提供しました。


活動してきた7年半の間で、多くの人にプラスのことを知ってもらい、5000人以上の方が活動に協力をしてくれました。



   


〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒2A
TEL/FAX: 050-3627-0271
E-mail:info@plas-aids.org