イベント情報

世界エイズ孤児デー・チャリティーパーティー
日時:2012年5月27日(日)15:00~17:30(14:30受付開始)
会場: LA COLLEZIONE
>>アクセス方法
定員:120名
参加費:3500円(軽食/3ドリンク付)
※参加費の一部がエイズ孤児支援に充てられます。

【Facebook特典】
Facebookイベントページで「参加予定」をクリックし、参加表明をした方には追加ドリンクチケットを1枚プレゼント
>>Facebookイベントページはこちら

内容:代表者挨拶、スタッフや参加者との交流タイム、ブース出展(活動報告、海外事業報告、チャリティショップなど)、クイズラリーなど

5月7日は世界エイズ孤児デー。みんなでパーティを楽しむことで、気軽にエイズ孤児支援に貢献していただけます!プラスとキャンペーンの紹介やおいしいお食事とドリンクを振る舞います。また、さまざまなブースを設置!来場者の皆様に、アフリカを感じていただけます。アットホームな雰囲気の中で、様々なフィールドで活躍されている皆様と、アフリカやエイズ孤児、そして社会貢献について語り合いましょう!

●プログラム

14:30 開場
15:00 開演、代表理事ご挨拶
15:10 乾杯、フリータイム
(ブースやミニ・トークセッションなどへ自由にご参加いただけます)
17:30 閉会のご挨拶

●支払方法:お振込/当日支払い

 お振込先
 みずほ銀行目黒支店(普通)1123267
 口座名:エイズ孤児支援NGO・PLAS
 フリガナ:エイズコジシエンNGO.PLAS
 *参加者名とお振り込み人名義は同一でお願いします。

>>チャリティパーティーの詳細はこちら
>>昨年5月7日に開催したチャリティーパーティーの様子はこちら

●お問い合わせ

担当:網倉 info@plas-aids.org
Tel/Fax 050-3627-0271
ページトップへ
安田菜津紀 写真展 「 Ekilooto of Uganda」 ~HIVと共に生まれる~
親がエイズで亡くなること、その後に続く貧困、そして差別や偏見、教育の格差。その中で子どもたちはどんな「ekilooto」(夢)を見つけていくのか。フォトジャーナリスト安田菜津紀さんが2010年~11年にかけてウガンダで撮影したウガンダ各地のHIV/エイズの現状、エイズ孤児たちの姿を写真を通してお伝えします。

日時:2012年4月28日(土)~5月13日(日) 11:30~20:00
会場: BODY WILD Under wave原宿本店
>>アクセス方法
参加費:無料
共催:グンゼ株式会社

 

▼安田菜津紀さんプロフィール

studio AFTERMODE 所属。フォトジャーナリスト。
2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。 2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。
現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に取材を進める。
2008年7月、活動が日本青年会議所主催、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。
2009年、日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト大賞受賞。上智大学卒。

ページトップへ
世界エイズ孤児デーキャンペーンチャリティオークション
Yahoo!オークションにて、キャンペーンに賛同してくださっているタレントやスポーツ選手、アーティストの皆様の私物、サイン、作品等のオークション販売を行います。
収益はエイズ孤児支援に使われます。

期間:2012年5月2日~5月30日
場所:Yahoo!チャリティオークションサイト内
協力:Yahoo!チャリティオークション

>>チャリティオークションはこちら
ページトップへ
スペシャルトークイベント「『3.11』と『エイズ孤児』が交わるところ。」〜終了しました〜
日時:2012年5月6日(日)17:00−19:00(開場 16:30)
会場:b6 JINGUMAE STUDIO
(地下鉄千代田線、副都心線「明治神宮前駅」7番出口より徒歩1分、
JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩7分)
>>アクセス方法
定員: 120名
参加費:【一般】¥2,000(1ドリンク付き)
    【Facebook割引】¥1,500(1ドリンク付き)
Facebookイベントページで「参加予定」をクリックし、参加表明をした方は特別価格¥1,500(1ドリンク付き)
>>Facebookイベントページはこちら
※開催にかかる費用を除き、参加費は支援活動に大切に使わせていただきます。

3.11とエイズ孤児。
一見、とてつもなく関わりが薄いように感じる二つの事柄ですが、根本の問題は、「絆」や「コミュニティ」が大切であること。
「震災復興」「人の繋がり」「エイズ孤児」が、どのように交わるのか。それぞれの分野で活躍している方々や、当事者のゲストがお伝えします。

>>スペシャルトークイベントの詳細はこちら

 

2009年の世界エイズ孤児デーキャンペーンで実施したトークイベントの様子


●ゲスト

志村季世恵さん(ダイアログインザダーク理事)
ダイアログインザダーク理事。
1990年「癒しの森」を故志村紘章氏と共に立ち上げカウンセリングを担当。
クライアントの数は延べ4万人を超える。
癒しの森閉院後、フリーでカウンセリングや、末期ガンを患う人へのターミナル・ケアを行う。
ダイアログインザダークでは五感の再生をテーマに活動。
ワークショップ、講演、企業研修、カウンセリング講座などを開催。
東日本大震災後、被災した福島のこども達のサポートに尽力している。
主な著書は『いのちのバトン』(講談社文庫)
『大人のための幸せレッスン』(集英社新書)
『ママ・マインド』(岩崎書店)等。
安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト)
studio AFTERMODE 所属。フォトジャーナリスト。
2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとして
カンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。
2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。
現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に取材を進める。
2008年7月、活動が日本青年会議所主催、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。
2009年、日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト大賞受賞。上智大学卒。
武村貴世子さん(ラジオDJ)
フリーラジオパーソナリティ。
ナレーションやライターとしても幅広く活動。
国連UNHCR協会にて協力委員を務める。
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を通しての難民支援を中心に、
東日本大震災被災地支援、エイズ孤児支援などの
社会貢献活動、国際協力にも積極的に取り組んでいる。

●お問合せ

担当:小島 info@plas-aids.org
Tel/Fax 050-3627-0271
ページトップへ