プラスサイトのアクセス解析(2014/07)


こんにちは、プラスでウェブサイト保守を担当している野村です。
数値的には、6月のアクセス解析とあまり変わらず、ページビュー、ユニークユーザー数ともに微増しました。

7月度月間訪問者数とPV

アクセス解析201407

PV 訪問者数 PV/セッション
19,248
前月比:9.23%UP
8,601
前月比:6.03%UP
1.81
前月比:3.88%UP

5月は毎日更新、6月は4記事の投稿にとどまったスタッフブログですが、7月は3記事の投稿でした。このまま推移すると8月は2記事の投稿になってしまうのでしょうか…。
アクセス解析記事を書くきっかけは、ブログ投稿が盛り上がると公式サイトへの流入も増えるのではないかという私の仮説を実証して、プラス関係者に継続的にスタッフブログ記事を書いてもらいたいという私の願望からでした。7月はスタッフブログの記事も減り、ページビューが40%近く下がってしまったにも関わらず、全体ではページビュー、ユニークユーザーともに微増しました。
その理由は、以下の人気のあった記事欄で説明します。

7月度人気のあった記事(TOP5)

順位 PV タイトル
1位 519 海外事業マネージャーの募集開始!
2位 396 【7/9(水)】【7/23(水)】PLAS Roomを開催します!
3位 334 広報、ファンドレイジングに関する非常勤(パートタイム)職員の募集開始!
4位 230 【8/8(金)】【8/25(月)】夏休み手芸ワークショップを開催します!
5位 174 チャリティオークションに二ノ宮知子さん、絵子猫さん、しげの秀一さん、澤穂希さん、北見けんいちさん、一ツ山チエさんがご協力!

前項の説明で、ブログ投稿が公式サイトへの流入を増やすのか、と書きました。7月はスタッフブログの投稿は少なかったものの、プラス公式サイトのお知らせ(ブログ記事)の投稿は10件と、6月の6件よりも増えています。よく読まれた記事も人材募集、イベント告知などで、タイムリーに読んでいただけたと思います。
また、7月の現地レポート「ケニアレポート -JICAより視察訪問がありました-」は、これまでの現地レポートよりも読まれました(記事順位だと7位)。その結果、ブログ記事から公式サイトへの流入が増え、プラスのマンスリーサポーターページなどは前月よりもページビューが59.27%アップしました。
また、FacebookやTwitterからの流入が前月より101%増えました。やはり、記事投稿→ソーシャルメディアで告知が大事なのかと、今さらながらに気づきました。

新事業:エイズ孤児のカウンセリング事業のご紹介

さて、月に2回のケニア駐在員からの現地レポートですが、7月の2回目は7月31日の投稿でした。こちらは、プラスの新事業、エイズ孤児のカウンセリング事業についてです。プラスでは、このプロジェクトを通し、地域にカウンセラーを育成し、100名のエイズ孤児たちをサポート、地域に貢献することを目指しています。

カウンセラーのフェルゴンさんからの素敵なメッセージも掲載されています。私は彼女の生い立ちや、チャイルドカウンセラーになるまでを読んで応援したくなりました。みなさんも是非読んでみてください。

ケニアレポート -エイズ孤児のカウンセリング事業を開始しました-

文責:野村とし子(ボランティアスタッフ)

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: アクセス解析   パーマリンク