「チキンな私と踏み出す勇気」/世界エイズ孤児デーキャンペーン特別企画「私のPositive Living」 vol.44


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4月16日~5月31日の期間、プラスのボランティア、サポーター、協力者など活動を応援する人たちが毎日ブログを更新!
テーマは「私の Positive Living」。それぞれの生き方や想いを通して、前向きなエネルギーをお届けします。
全国どこからでも、「今日はどんな記事に出会えるかな?」とアドベントカレンダーのようにお楽しみいただける企画です。

SUPERBANA_waod2014s
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私のPositive Livingの素。

好きな音楽を聴くこと。美味しいものを食べること。美味しくお酒を飲むこと。好きな人たちと過ごすこと。

仲間と語らうこと。ゆっくり本を読む時間。2歳の甥っ子と思いっきり遊ぶこと。

 

あげてみたら結構きりがないものですね(笑)

日常のいろんな場面でパワーをもらっているのだな、と再確認しました。

そんな私が近ごろ大事だなぁとつくづく思う言葉があります。

 

「思い立ったが 吉日」

 

これが簡単そうに思えて、慎重派(チキンともいう)な私には実行するのをためらってしまう場面も数多くあり…

そんな時こそ「動け!」と自分を奮い立たせ、魔法をかける言葉のひとつです。

好きな仕事に携わり、迷ったり悩んだりしながらも幸せな時間を過ごしている現在ですが、

この世界に飛び込んだのは25歳になった頃。けっこうスロースターターでした。

 

声の仕事がしたい!という昔からの夢。

家庭の事情や自分の都合で動き出すことができず、なかなか悶々とした日々を送っていました。

そして、いざ自分の時間。これからの人生をどう生きようかと思ったとき、やりたいことはひとつだけ。

にも関わらず、不安やためらいに翻弄され、余計な気持ちにがんじがらめになる自分。。

 

一度きりの人生。やりたいことをやろう。

 

複雑に思えるときこそシンプルに。そこからの、思い立ったが吉日。

この時に踏み出した一歩のおかげで今、ここにいます。

 

新しいことにチャレンジする時も、必ずといっていいほど小心者な私が顔をのぞかせます。

 

今回、恩師からプラスのチャリティーパーティーの司会をやらない?とお話をいただき、

ありがたい気持ちと自分に務まるかという不安がぐるぐるしていました。

 

トークセッションの司会は初めての経験。でも、私で力になれる事ならやってみたい…!

 

そうと決まれば悩む前に動く!尻込みするより、思い立ったが吉日!(使い方おかしいですかね(笑))

 

実際、やらせていただいて本当によかったです。

 

「来て下さる方たちに楽しんでもらいたい」そんな気持ちで臨んだのですが、

来場した方々、プラスのスタッフの皆さん、とてもあたたかくて気持ちの良い人ばかりで。

 

たくさんたくさん、元気をいただきました。

私からも少しは伝えることができていればいいのですが。いつかお返ししたいなぁ。。

素敵な出会いの数々に心から感謝しています。

 

一歩を踏み出す勇気がほしい。

そんな時はシンプルに「思い立ったが吉日」な気持ちで。

 

信じて進んだ先に、素敵なことがおこりますように。

 

▼著者プロフィール
サトウ ユキエ
satouyukie

声優・ナレーター・MC。趣味はF1観戦、映画を観ること。CS放送情報番組のレギュラーナレーションやボイスオーバー、インターネットラジオなどに出演。昨年はUNHCR協会主催のヒューマン・シネマ・フェスティバル特別試写会で司会を務めるなど、活動の幅を広げている。プラス主催の世界エイズ孤児デーキャンペーン2014 チャリティーパーティーで司会を担当。

■twiiter: https://twitter.com/yukiesatou1101

SUPERBANA_waod2014s

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: 世界エイズ孤児デーキャンペーン   パーマリンク