お仕事に復帰しました!


こんにちは!代表の門田です。産休が開け、本日プラス事務局のお仕事に復帰いたしました。産休中はご不便、ご迷惑をおかけいたしました。改めて、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

おかげさまで、貴重な、素晴らしい2か月を息子とべったりで過ごすことができました。
人生ではじめての長いお休みをいただき、育児と家事に追われる生活は、新鮮で、プラスでの支援活動に打ち込むのとはまた違った醍醐味、やりがい、喜びを知ることができました。

今日は初めての保育園に息子を連れて行き、すやすやと眠る生後二か月の小さな息子を保育園の先生に手渡すと、涙があふれてきました。すごく寂しかったんです。まさか自分が泣くとは思っていなかったので、びっくりしました・・・。

保育園に向かう道すがら、二つの思いの間で葛藤していました。

「本当にこれでよかったのかな、こんな小さな赤ちゃんを預けてかわいそうじゃないかな」という思いと、「プラスのエイズ孤児支援のお仕事も、育児も両方がんばりたい。私らしい生き方を自分で選択したんだから、前向きに頑張らなきゃ!」という思い。

まだまだ母になって2か月の新米中の新米です。
たくさん迷いはありますが、一つ一つの葛藤や迷いから逃げずに、とことん悩みながらいこうじゃないかと言い聞かせています。

自分の妊娠、出産を振り返えって、改めて感じたのは、プラスが行っている事業の意義でした。
ほかに選択肢がなく自宅分娩を選ぶアフリカのお母さんたちの不安や、HIVとともに生きるお母さんたちがどんなに赤ちゃんのことを心配に思っているか、エイズによって子どもを遺してしまうのではないかというどうしよもない不安…、想像せずにはいられませんでした。

これからもプラスの仲間や、支援してくださる皆様と一緒に、エイズ孤児たちのために、またその家族のために、尽力していきたいと決意を新たにしています。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: その他   パーマリンク