毎日ラーメン


母はいつも私がジャンクフードばかり食べていると思って心配しています。
先日、母親とメールのやりとりをしていた時のこと。

母: ちゃんと栄養のあるもの食べてるの?
私: キスムに戻ってきたし、自炊もできるようになったから大丈夫だよ!
母: 毎日ラーメンに何にも入れないで食べたりしてるんじゃないでしょうね?!
私: 卵くらい入れてるよー
母: お金かかってもいいから外食しなさいね!
私: ???

母の中では、外食の方が栄養のある食事がとれると思っているらしい。
確かに、日本だったら外食でバランスの採れた食事ができそうですね。
でも今の生活では、自炊をした方が栄養のバランスが採れる気がします。
こちらで外食しても、野菜がほーんの気持ち程度にしか入っていなかったり、
気付くと炭水化物ばっかり!なんてこともあったりしますので。。。

ウガンダ退避中は自炊のできない生活環境だったため、外食の毎日でした。
外人の経営してる小洒落たカフェなんかもあってそれなりに快適ではありましたが、
行く場所は限られてるし、日本のように料理のバリエーションがあるわけでもないし、
お金はかかるしで、早く自炊のできる生活に戻りたいなーなんて思っていました。

私がいくつになっても母は私のことが心配で仕方がないようですが、
体調管理も仕事のうち、と思ってそれなりに料理もするようになりましたのでどうぞご心配なく!

ちなみに、私にとって日本のラーメンは大変貴重な食材で、勿体ぶりながら頂いております。
毎日ラーメンが食べられる生活なんて、夢のようですね!

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: アフリカの現場の日々   パーマリンク