非営利セクターがソーシャルメディアを活用する際に、最初に考えるべき3つの視点



イベント、「社会変革とソーシャルメディア」無事に開催することができました!
たくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。

▼当日の詳細なご報告はプラスお知らせページに掲載いたしました。
>>PLAS Meetup #1 「社会変革 (Social Innovation) とソーシャルメディア」を開催しました!

組織の課題にソーシャルメディアを戦略的に活用していく、というお話をさせて頂きました。
今日は三つの大切な視点をご紹介します。

1 運用の流れを理解する

まずは、このように運用の流れを考えていく手順が必要だと考えています。

プラスの場合、資金調達(ご寄付)が上位目標にあり、そのためのご支援者さま/潜在的支援者とのコミュニケーションとして、ソーシャルメディアを位置付けています。

この際に、「他のツールではだめなのか?」ということも考える必要があると思います。
この際には、団体内にあるコミュニケーションツールをポジショニングして考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

2 団体がもつコミュニケーションツールをポジショニングしてみる

プラスでは、もともと抜けていた一人称でコミュニケーションを生む場所としてtwitterを位置付けました。
またコミュニケーションを生みフレンドリーだけど、団体として公式なメッセージを出せる場所としてFacebookを位置付けています。

あくまで、プラスではソーシャルメディアを直接の資金調達ツールとしては位置づけていないんですね。
寄付者になってくださるかもしれない支援者の方と出会い、コミュニケーションが発生する場所として位置づけているんです。
ポジショニングの軸のとり方は、それぞれの団体が抱える課題によると思うので、プラスの例はご参考まで。

3 ツールの利用から課題解決までのデザインを確認する


プラスの場合は、
コミュニケーションが発生して、もしくはつぶやき、書き込みをみていただき、
「こんな団体があるんだー」
「なんか興味あるなー」
という気持ちで、イベントに参加したり、メルマガを登録したり、ボランティアにきたり、アクションを起こしていただいた先に、
「この団体は心から応援したい団体だ!一緒にエイズ孤児の問題を何とかしたい!」
と思っていただきご寄付というアクションを起こしていただく、という流れです。

「寄付」から「コミュニケーション」に矢印が伸びているのは、逆のパターンもあるからです。
寄付をした後に、緩やかにつながり続けるツールとしてソーシャルメディアをご提案しているという側面もあるんです。

もちろんこのような流れ通りのケースばかりではありませんが、おおむねこのような流れです。
このように、ツールの利用でどのような効果が生まれ、課題解決に向けてどのようにそれが作用していくか、その為の必要条件は何かなどをデザインしておくことが必要です。

こんなお話を冒頭にさせて頂きました。

その後、
「では実際にはプロモーションはどうするの?」
「フォローわーってどうやって増やしたの?」
「ソーシャルメディアから実際アクションに移る人ってどれくらいいるの?」
「ソーシャルメディアを活用する際の評価軸の設定は?」
などのトピックを私とイケダさんでお話ししました。

ちなみにイケダさんはFacebook活用に関する本を書かれています。非営利セクターの活用に関することやケーススタディーも載っていますので、是非チェックしてくださいね!

フェイスブック 私たちの生き方とビジネスはこう変わる (現代プレミアブック)

  • 著者/訳者:イケダ ハヤト
  • 出版社:講談社( 2011-02-11 )
  • 単行本(ソフトカバー):224 ページ
  • ISBN-10 : 4062950693
  • ISBN-13 : 9784062950695

また、twitterの活用については、こちらが必読書です。ツイッター社の社会貢献部門のトップであり、エイズ孤児を支援する団体の創設者でもあるクレア・ディアス=オーティスさんが書かれた本で、実践的な内容です。NGOの広報担当は必ず読んでおく必要があると思います。

社会を動かす、世界を変える 社会貢献したい人のためのツイッターの上手な活用法

  • 著者/訳者:クレア・ディアズ=オーティズ
  • 出版社:CCCメディアハウス( 2012-08-01 )
  • 単行本(ソフトカバー):232 ページ
  • ISBN-10 : 4484121174
  • ISBN-13 : 9784484121178

今回のイベント、すごく好評で、同じような内容で是非またやりたいな~と思っています。
次回開催の際には、またお知らせしますね♪

門田瑠衣子

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: NGOのマーケティング, 日本の現場の日々   パーマリンク