理事会合宿


7月1日~2日は、理事会合宿に行ってきました。

なんと数年ぶりに、理事全員が一堂に会したんです。
というのも、現場に出ているスタッフは1年のほとんどをアフリカで過ごしているため、なかなか日本に戻ってくることができません。
いつもの理事会はスカイプでの参加なのですが、今回は、中長期戦略を練るということで、弾丸、タイトスケジュールで、日本に緊急帰国。全員で思う存分に話し合うことができました。

開催場所は、伊豆の赤沢温泉ホテル。
プラスにしては、随分しゃれたところで理事会をやるな~と思った方もいるかもしれませんね(笑)


海がきれい!

今回は事務局長兼理事の小島の息子ちゃん2歳も、一緒に来てくれました。
2歳の息子ちゃんが気持ちよく過ごせる場所ということで、赤沢温泉ホテルでの理事会合宿となったのです。

インターンの田澤と元運営ボランティアスタッフの小林の2名が保育ボランティアとして参加してくれました。
お陰で合宿中、小島が会議に集中でき、理事会も充実したものとなりました。二人にありがとう!
子どもを連れてくることができる理事会、皆さんはどう思いますか?

私は、すごく素敵な事だと思います。
チャレンジングでしたが、型にとらわれず、親(スタッフ)も、子どももハッピーで、仕事もしっかりできる、という、プラスにとっての一つの成功体験だったように思います。
子育てしながら仕事ができる環境をつくっていくのも、プラスが目指していることの一つなのです。


優しい二人に囲まれてご満悦

さて、本題の、今回の理事会の目的は、今後の中期計画を立てることでした。
現地での活動の方向性や活動のスケールアウト、国内事業、資金調達、雇用環境、組織強化、人事などなど、話し合わなければならないことは多岐にわたります。

朝、10時前に伊豆高原に集合だったのですが、私は電車を間違えて、急きょスカイプ参加しながらホテルに向かうことに…
初歩的なケアレスミス…。とほほ…。
初日の午前は各理事が担当分野をプレゼンテーションしました。
ここでのインプットを基に、その後、23時まで会議。
翌日は朝から13時までみっちり会議。
濃い時間を過ごすことができました。

これからは決定事項をドキュメンテーションし、一部をウェブに公開。透明性のある運営を目指したいと考えています。
まだまだ詰めなければならない点が多々あるため、すぐにとはいきませんが、楽しみにお待ちください。

2日の合宿を通して、仲間に恵まれていることを実感しています。
たまたまプラスを通して人生が交差した仲間たち。
今ではかけがえのない友人であり、仲間であり、ライバルであり、家族のような存在です。
今の自分があるのも、彼らのお陰です。ありがとう。

門田瑠衣子

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: 日本の現場の日々   パーマリンク