2000円あったら…


今日買い物帰りに、前に話したことのあるケニア人の男の子とばったり遭遇。

17歳ぐらいにみえるあどけない顔の少年で、
以前も道を歩いているときに「Hello.」と声をかけられたのがきっかけ。

なかなか離れてくれなかったから、家を知られちゃいけない私は、
大して用もなかったけどマーケットに寄り道しました。
たった30分かそこらだったけど、洋服選びを手伝ってもらったりして。

その時は、最後はお互い良い気持ちでバイバイできたんだけど(hopefully)
今日の会話は心にひっかかってます。

だって、今日はお金の話をされちゃったから。
胸の調子が悪くて病院に行ったんだけど、治療に2,000kshかかるから
そんなの払えなかったよ、って。

家族は?と聞いたら、
「お父さんだけ。でも田舎に残ってるから、キスムではひとりで暮らしてる」

猜疑心でいっぱいの私は、ひととおり話を聴いたあと
「お大事にね。良くなるように祈ってる。」としか言えず、逃げるように帰ってきました。

彼は私がお金をくれることを期待してたかな。
たとえそれが嘘だったとしても、ちょっとくらいはあげた方が良かったかな。
どうしよう、本当だったら。本当に困っていて、頼みの綱で私に話しかけてきていたとしたら。
それに、払ってほしいなんて一言も言っていなかったのに、
そうやって勝手に解釈したのは私自身なのに。

こんな時、冷たい態度であしらってしまったこと、
日本人のイメージを悪くしてるだろうなってふと頭をよぎります。

ケニアでは、おふざけ半分なのか本気なのか
しょっちゅう中国語(イントネーションを真似てるだけだけど)で話しかけられるけど、
もういっそのこと日本人であることを告げないほうが、私のせいで日本のイメージ
を悪くしちゃうよりいいんじゃないかとさえ思えてくるのです。

途上国で日本人でいることが
結構神経のすり減ることだなんて。
まぁ、考え過ぎなのかもしれないけれど。

現地インターン
上坂明日香

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: アフリカの現場の日々   パーマリンク