NGOがスタッフ紹介ページを活用する理由と押さえておきたいポイント


みなさんはNGOや企業のページを見るときに、どのページが気になりますか?
プラスのサイトで、地味だけど、安定してみられているページ。それがスタッフ紹介のページです。

プラスサイトの数あるコンテンツの中で、各ページのPVランキング5~10位をうろうろしているような感じなんです。
そんなに導線を張っていないにもかかわらず…です。みんな、「誰が活動しているのかな?」って見ているんですね~。

スタッフ紹介ページを活用する3つの理由

NGOにとって、スタッフ紹介ページがどんな意味を持つのか、活用する理由を考えてみました。

1 スタッフの顔を見せることで親近感アップ

これから支援をしようかと考えている方、イベントに参加してみようと考えている方、ボランティアしてみようと考えている方など、これから何かしらの形で団体にかかわろうと考える方にとって、「どんな人が活動しているのか?」は結構気になるポイントです。
「どんな人か」が事前にわかることで、共通点や共感できる点を見つけてもらうことができ、親近感を持ってもらうことができます。

2 スタッフの思いを伝えることで、団体のミッションが多面的に伝わる

スタッフ紹介のページで、活動にかける想いを伝えることで、団体のミッションやビジョン、バリューが多面的、立体的に伝わると私は考えています。「一人称」で思いを語る。そこには、必ず団体のミッションとつながる何かがあるはずです。

3 リアルな団体像を伝える

代表者の挨拶だけが掲載されているサイトと、代表者、事務局長、駐在員、ボランティアなど、様々な人の顔が見えるサイト。どちらの方がリアルな団体像が伝わるでしょうか?答えは、一目瞭然ですよね。
例えば、駐在員の紹介があることで、現地にスタッフが駐在していることがわかりますし、現地スタッフの紹介があれば、現地でスタッフを雇用していることがわかります。

押さえておきたい4つのポイント

プラスは現在スタッフ紹介ページのリニューアルに取り組んでおりまして、いくつかの企業やNGOのスタッフ紹介ページを参考にしています。参考にしたページのいくつかと、抑えたいポイントをここでご紹介しますね♪

>>ちなみに現在のプラスのスタッフ紹介ページはこちら

1 思いをストレートに伝えるコンテンツ

団体のミッションを多面的に伝えることができる上に、活動する人の人柄が見えたり、きっと共感してもらうことができると思います。「活動にかける思い」や「私が働く理由」、「私の原点」なんてコンテンツがぴったりかな。

参考:>>テトルクリエイティブさん
社員の方の仕事への思いやこの会社で働く理由がストレートに伝わってきます。

2 素敵なビジュアルを使う

写真が素敵な笑顔だと、団体のイメージも明るくて素敵なものになりませんか?魅力的なビジュアルは美人やイケメンである必要はありません。その人らしい写真であることが、大切です!証明写真よりもずっと、「どれどれ、この人について読んでみよう」という気にさせると思います。

参考:>>面白法人カヤック
NGOが参考にするには面白すぎますが(笑)、ここはなんと、イラストあり!なんだか見てしまうイラストと写真…ヒントが隠れていると思いますよ。

3 ソーシャルメディアの紹介

団体としてソーシャルメディアをスタッフが活用しているのであれば、掲載するっきゃないです!
掲載の際は、ソーシャルメディアポリシーを合わせてサイトに掲載する必要があると思ます。

参考:>>トライバルメディアハウス
twitter、Facebook、ブログともれなく掲載されています。

4 スタッフ、現地スタッフ、インターン、ボランティアなど様々な人を掲載

企業さんだと社員と役員しか載っていないのですが、NGOはインターンやボランティアなど、職員や役員以外の人もご紹介することで、多様な人が、いろんな思いでかかわっていることがわかります。また、現場が海外で「遠い」と感じられがちな国際協力NGOですが、スタッフ紹介で現地スタッフを紹介することで、より現場を「近い」と感じてもらえるかも。

参考:>>シャプラニール
「これは圧巻!」というスタッフの数!現地スタッフの方もたくさん掲載されていて、なんだかこのずらっと並ぶ顔写真をみるだけで、私は熱くなります!

最後に、この記事も参考になりますよん!
>>スタッフ紹介ページをうまく活用している企業サイト | Webクリエイターボックス

ということで、プラスのスタッフページのリニューアルをお楽しみに~♪

門田瑠衣子

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


NGOがスタッフ紹介ページを活用する理由と押さえておきたいポイント への4件のコメント

  1. 梅田 幸一 より:

    スタッフの皆さんの努力によって
    子供たちの笑顔が増えますように!!

    • 門田 瑠衣子 より:

      梅田さん!ありががとうございます!頑張ります(^v^)

  2. 檜山怜美 より:

    突然のコメント大変失礼致します。
    去年の12月まで友人が大学で立ち上げたユース団体の副代表を務めていた者です。
    設立からまだ3年目ですが、現在HP作成を目指しております。
    ユース団体(学生団体)ではありますが、ブログ・HPを含め、上記記事ぜひ参考にさせていただきます。早速広報活動を担当している後輩達に紹介させていただきます!
    自分達の団体にあった方法があると思いますし、さらにここから議論を活性化させていきたいと思いました。
    ありがとうございます。
    これからもブログぜひ楽しみにさせていただきます。

    • 門田 瑠衣子 より:

      檜山怜美さん
      メッセージありがとうございます♪
      少しでも参考になれば幸いです。
      日本へ逃れてきた難民の方たちへのサポート、大切なことですね。
      がんばってください!これからもNGOの団体運営や国際協力についてなど発信していきますので、どうぞよろしくお願い致します。


カテゴリー: NGOのマーケティング   パーマリンク