たくましい現地の人たち


母子感染予防研修を明日に控え、今日から現場入りしています。

現在ケニアは乾期真っ盛り、毎日暑くてとても埃っぽいです。
乾期でなければバイクで移動するところも、今の時期はできれば車(乗り合いタクシー)を見つけたいところ。
バイクを降りる頃には、カバー力抜群の埃ファンデーションが自動的に装備されます。
日本人の肌色に近いオークルなのがせめてもの救い?!

そんな中でもとっても逞しい現地の方々。


(写真奥に写っているのはアフリカ大陸最大の湖、ビクトリア湖)

ぎゅうぎゅうに詰まっております。
風に吹かれてさわやか~なのは最初だけ、あとは延々と排気ガス&ビュービュー吹きつける風との闘い。
おまけに道も悪いですから、揺れに揺れます。お尻も相当痛いはず。
車を降りるころには長いまつげは茶色に、お尻もすごいことになっているでしょう。
彼らのたくましさにはただただ感心してしまいます。

こちらの乾期は4月頃まで続く見込み、雨期が今から待ち遠しいです。

谷澤明日香

寄付やボランティアでアフリカに支援を届ける国際協力NGO、エイズ孤児支援NGO・PLASのサイト


コメントは受け付けていません。


カテゴリー: アフリカの現場の日々   パーマリンク