団体概要

スタッフ紹介

スタッフ

代表理事 門田瑠衣子

活動にかける想い

自分が生きているうちにやれることを、やり抜きたいです。活動を支援・応援してくださる人、活動に関わってくださる人、全ての人に感謝したいです。

この人とつながる


>>門田瑠衣子のブログ



副代表理事 谷澤明日香

活動にかける想い

自分にできることは微々たることだけれど、自分を支えてくれる人たちへの感謝を忘れず、出来る限りのことをしたい。

この人とつながる



事務局長理事 小島 美緒

活動にかける想い

生まれた国や状況によって可能性が閉ざされることなく、子ども達が夢を持ち、それを実現しようとすることができる。そんな世の中をつくるための力のひとつになりたい。

この人とつながる



理事 大島陸

活動にかける想い

プラスは自分たちの意思で始め、意義を感じ、継続している活動です。私たちが今後支援をしていく未来のエイズ孤児たちを裏切らないよう、地域と共につくる支援をしっかり実践していきたいです。

この人とつながる



理事 一宮暢彦

活動にかける想い

楽しく。

この人とつながる


>>一宮暢彦のブログ



海外事業マネージャー 巣内 秀太郎(すない しゅうたろう)

活動にかける想い

エイズやエイズ孤児は現在進行形の問題です。
プラスの活動で一人でも多くの子どもたちがポジティブに生きていくために
タイムリーな支援が届けられるように自分自身や組織のキャパシティーを高めていきたいです。
また現地の様子や変化を支援者のみなさま、日本のみなさまの目に見える形でお伝えできるように努めていきたいと思います。


国内広報/ファンドレイズ担当 下久禰 愛(しもくね あい)

活動にかける想い

自分の手の届く範囲は狭いけど、届く範囲の人たちが笑顔でいられるよう、一緒に歩んでいくような仕事をしていきたい。


現地アシスタント Dominic Odhiambo Ndonga

私の想い

私は2009年11月から、団体がウクワラ区で展開している母子感染予防事業を通じて、HIV/AIDS差別解消のための啓発活動やエイズ孤児支援活動にPLASの現地アシスタントとして参加しています。ウクワラでのエイズ孤児支援活動を応援して頂ければ幸いです。

プロフィール

1972年ケニア共和国ニャンザ州出まれ。



現地アシスタント Tobias Odhiambo Ogoi

私の想い

私は、みなさんとアフリカのエイズ孤児問題に一生懸命取り組んでいきたいと思っています。彼らは弱い立場におり、差別を受け、貧しい状況に追いやられています。誠心誠意を込めて、スタッフや地域の方々と共に手を取り合い、この事業を通してエイズ孤児問題の解決に励んでいきたいです。

プロフィール

1973年ケニア共和国ニャンザ州出まれ。



現地アシスタント Bernard Omondi Owino

私の想い

私たちの社会ではHIV/AIDSが様々な問題を引き起こしています。その一つが親を亡くし、衣食住や教育を享受できない多くの孤児たちです。地域の子どもたちの未来のために手をとり合い、PLASの活動を通じた孤児支援の輪にみなさんも参加してくださることを願っています。

プロフィール

1986年ケニア共和国ニャンザ州出まれ。




インターン

事務局インターン 藤井 沙知(ふじい さち)

活動にかける想い

より多くの笑顔で溢れる世界をつくる一部分になる。
一人一人の思いは、’Make a Difference’ – 変化をもたらす – ことが出来るから。

勤務期間

2015/02~


事務局インターン 轡見 一佳里(くつわみ ひかり)

活動にかける想い

国際協力の仕事に携われることに誇りを感じ、精一杯がんばります!

勤務期間

2015/02~

この人とつながる



事務局インターン 石川妃咲(いしかわ ひさき)

活動にかける想い

エイズやエイズ孤児の現状を1人でも多くの方に知ってもらえるよう、
微力ながらも自分に出来ることを模索していきます!

勤務期間

2014/08~


事務局インターン 津久井 あゆみ

活動にかける想い

繋がりを大切に、私にできることを精一杯取り組んでいきます!

勤務期間

2013/10~

この人とつながる



事務局インターン 阿部美里

活動にかける想い

プラスのことは、自分のこと。そして自分のことがプラスのことになるよう、全力で貢献していきます。


事務局インターン 和野佳祐

活動にかける想い

今年の8月にタイのスラム街出身の子どもたちが集まる児童養護施設に行きました。
そこで多くの子どもたちの笑顔に触れ、その大切さを知りました。
今、世界では子どもたちの笑顔が奪われています。彼らを一人でも多く笑顔にしたい。そんな思いでいっぱいです。

この人とつながる


事務局インターン 長嶺拓人

活動にかける想い

楽しいだけじゃなく、何か役に立つことをしたい。そう思って飛び込んだNPO・NGOの世界には、ポジティヴに、積極的に楽しく問題と取り組む人達がいました。インターンの期間、ここでそういう空気を目一杯吸い込みたいです。

この人とつながる


日本事務局 運営ボランティア

浅野拓也

活動にかける想い

最後までやり抜くこと。今自分がやっている活動が遠回りでも、エイズ孤児のためになっていると思いながら活動を続けている。

この人とつながる


>>浅野拓也のブログ


野村とし子

活動にかける想い

自分のできることを地道にやっていきたいです。


足立真希

活動にかける想い

「地域の人と共に事業をつくる」地域の人たちを「助ける」のではなく、何かを「あげる」でもなく、一緒に取り組む。現地の人たちには地域に変化をもたらす力と想いがある。その想いと私たちの想いが合わさったら大きな変化を生むことができると信じて、活動中。

この人とつながる


>>足立真希のブログ

平井もり恵

活動にかける想い

エイズ孤児やアフリカを多くの人に少しでも近くに感じてほしい。そしてワークキャンプで出逢った人やこれから生まれてくる子どもが笑顔でいられるよう、力になりたい。

この人とつながる

木内いずみ

活動にかける想い

浮かんでくる笑顔。2010年夏、ウガンダでのワークキャンプに参加した。それまでアフリカには行ったことがなかったが、キャンプでは今までPLASの仲間が言っていた「アフリカを身近に感じる」、この言葉の意味を心から感じた日々だった。そこに住む地域の人、子どもたち、学校の先生、みんなが仲間。それが活動にかける思いなのだと思います。

この人とつながる


>>木内いずみのブログ

白倉英理

活動にかける想い

エイズ孤児の存在を広めていきたい。事業地にいったことがなくても、興味がなくても興味をもってもらえるように。自分が感じたアフリカのパワーをより多くの人にも感じてもらえるようがんばります!個人的には、物販=アクセサリー入口でプラスやエイズ孤児に興味を持ってくれる人に、良い意味でNGOらしくない商品を提供できたらいいなと思っています。

この人とつながる

稲垣淳

活動にかける想い

アフリカに一度も行ったことはないが、遠い日本からでもエイズ孤児たちの笑顔を守ることはできるはず。いつかはアフリカに行って彼らの笑顔に出会いたい。

この人とつながる


>>稲垣淳のブログ



溝際依利子

活動にかける想い

改善しながらも安定してより多くの人にPLASの活動を伝えることで、より多くのエイズ孤児が幸せな毎日につなげたいと思っています。

この人とつながる

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ