エイズ孤児の未来をつくる国際NGO・PLAS

悪魔と呼ばれたエイズ孤児・デリックの物語

PLAS(プラス)は2005年の設立以来、アフリカのケニアとウガンダでエイズ孤児の未来をつくる活動を続けています。

健康、差別、貧困など、いろいろな困難をもつエイズ孤児・エイズ孤児を抱える家族が、HIV/エイズとともに"前向きに生きる"ことができる世界の実現を目指しています。

>>PLASがめざす世界

[学校に通いたい]

「エイズ孤児」とは、両親または片親をエイズで亡くした子どものこと。
今、世界に1,650万人いるといわれています。

家族の稼ぎ手である親を失ったエイズ孤児は、貧困から学校に通い続けることが困難となり、2人に1人は小学校の中退を余儀なくされています。
また健康面や差別など、いろいろな壁にぶつかります。

こうして課題を解決する

私たちは、エイズ孤児とエイズ孤児を抱える片親の家族(シングルマザー)がHIV/エイズと共に前向きに生きていけるよう、現地パートナー団体とともに活動を進めています。

生計向上支援

生計向上支援

貧困家庭の特にシングルマザーに対して、家計の経済状況を改善するために技能を提供し、開業のための初期投資を支援する事業です。

ライフプランニング支援

カウンセリング事業

親に対しては適切な子どもとの接し方や貯金の仕方など家計のプランニングを、子どもたちに対しては将来を描くためのワークショップを実施します。

現地の様子やイベント情報をお届けします

活動のようす / イベント情報

10/30(火)に定期活動説明会「PLAS-Room」を開催します

2005年12月の設立以来およそ13年間、エイズ孤児支援NGO・PLASが大切にしているのは「前向きに生きる(Posit […]

PLASでのインターンに興味のある方へ 個別相談会を実施しています

PLASでは、国内の広報や資金調達、海外事業のサポートを通してPLASの活動を支える事務局インターンを募集しています。 […]

絵本の読み聞かせで「前向きに生きる」力を育てる

今回は、ケニアで行っているライフプランニング支援のプロジェクトについてお伝えするとともに、特に絵本の読み聞かせ研修につい […]

迷っていい。大事な軸がきっと残る―andu amet 鮫島弘子&PLAS門田瑠衣子 モーニング・クロストーク|イベントレポート

10月6日、エチオピアのシープスキン(羊の革)を使ったバッグなどを製作・販売するレザーブランド「andu amet(アン […]

【イベントレポート】グローバルフェスタJAPAN 2018に出展しました

【お知らせ】グロフェス当日お越しになれなかった方はPLASの活動説明会へ! ※次回10/30(火)※ ―― 9月29日( […]

(終了)10/6(土) 10:00~ 【10名限定】andu amet 鮫島弘子&PLAS門田瑠衣子 モーニング・クロストーク

エチオピアのシープスキン(羊革)を使用したバッグを販売するソーシャルビジネスとして、多数のメディアに取り上げられているエ […]

PLASのブログを読む

わたしたちの成果

支援した子ども
1906
支援したシングルマザー家庭
235
エイズ教育を届けた人々
26785
現地のプロジェクト累計
18

(2018年10月1日現在)

受賞実績・取り組みへの評価
ご協力・ご支援の輪
セールスフォース様ロゴ