正しく表示されない場合は、ここをクリックしてブラウザで表示させて下さい。
PLASロゴ画像
2013年1月31日発行 第107号
ちょっと先ですが、5月7日は、国際記念日「世界エイズ孤児デー」です。
プラスでは、この日にあわせて毎年2ヶ月間のキャンペーンを展開しています。

ちょうど先週末にスタッフ・インターン生が集まり、第一回の企画会議を開いたところです。
今年もチャリティパーティーをはじめ、わくわくするような企画をたくさん
ご用意しています!楽しみにしていてくださいね♪

I N D E X
3代目の新インターン生を紹介します!
ウガンダスタディツアー募集〆切まであとわずか!
チャリティマラソン大会「パラカップ2013」 ランナー募集!
2/20(水)PLASRoom「働きながら社会を変える~プラススタッフの事例から~」を開催!
世界エイズデーキャンペーン2012のご報告
1/23(水)PLASRoom「Ekilooto of Uganda(エチロートオブウガンダ)~HIVと共に生まれる~」を開催しました!
Kenya Report
3代目の新インターン生を紹介します!

1月からケニア事務所に3代目の現地インターン生が仲間入りしました!今回のレポートは、そんなインターン生・金井さんが書いてくれました。
アメリカの大学で学んでいた彼女が、HIV/AIDSの問題に興味を持ったきっかけ、活動にかける想いがこめられています。HIV/エイズへの偏見、スティグマ・・・活動の中でぶつかる 高いハードルに立ちむかう原動力は、留学時代に出会ったあるHIV陽性者との出会いだったそうです。
>>続きはこちら

     

News
ウガンダスタディツアー募集〆切まであとわずか!

「いつかウガンダに行ってみたいけれど、一人では心配」、「エイズ孤児に出会いたい」。 プラスがプロデュースする春のウガンダツアーでは、副代表の大島が同行し、学びあり、子どもたちとの交流あり、仲間たちとの出会いありの豪華な9日間のスタディツアーです!申込〆切は2/1(金)とあとわずか。ご興味のある方はお急ぎ下さい!


【出発・日数】2013年3月5日(火)/9日間
【応募〆切】2月1日
【旅行代金】309,800円
    
>> 詳細はこちら
Volunteer
チャリティマラソン大会「パラカップ2013」ランナー&ボランティア募集!

チャリティマラソン大会「パラカップ」は、参加費から運営費を除いた収益が、プラスなど世界の子どものために活動する団体の支援になります。 お陰様でボランティアは定員となりました。ランナー枠もあとわずかですのでお急ぎ下さい!
※親子RUN、ハーフマラソン(小学生)、10km(小学生)、5km(小学生)は受付を終了いたしました。


【日時】 2012年4月7日(日)
【場所】 神奈川県川崎市 多摩川河川敷マラソンコース
【募集人数】ランナー 40名/ボランティア 15名
【エントリー時のご注意】
*紹介団体、靴紐収益の寄付先は「エイズ孤児支援NGO・PLAS」
 をお選びください!

>> 詳細・エントリーはこちらから
Event
2/20(水)PLASRoom「働きながら社会を変える~プラススタッフの事例から~」を開催!

「ボランティアや社会貢献に関わりたいけど、なかなか一歩が踏み出せない」、「働き始めてから時間もなくて関われない・・・」
そんな方におすすめです!企業で働きながらさまざまな形で国際協力やプラスの活動に関わり続けた事務局長・小島が登壇し、働きながらできる社会貢献のかたちをお伝えします。


【日時】 2013年2月20日(水)19:00~21:00
【場所】 株式会社イデアインターナショナル
    (JR田町駅より徒歩8分・都営地下鉄三田線「三田駅」より徒歩7分)
【定員】 40名 *お早めにお申し込みください

>> 詳細はこちら
News
世界エイズデーキャンペーン2012のご報告

世界エイズデーに合わせて11月1日~12月25日までプラスでは世界エイズデーキャンペーンを行いました。チャリティパーティやチャリティオークション、無料ブックレットの配布など様々な企画を通して、多くの方に参加していただきました!キャンペーンの成果を1ページに分かりやすくまとめましたのでぜひご覧ください。
>> 詳細はこちら
News
1/23(水)PLASRoom「Ekilooto of Uganda(エチロートオブウガンダ)~HIVと共に生まれる~」を開催しました!

1月23日(水)に、PLASRoom「Ekilooto of Uganda~HIVと共に生まれる~」を開催しました!フォトジャーナリスト安田菜津紀さんをゲストに迎え、プラス事務局長・小島とともに、カンボジア、ウガンダ、ケニアのHIV/エイズの現状やエイズ孤児たちが直面する現実、子どもたちが力強く生きようとする姿などをお伝えしました。総勢31名の方にご参加いただき、大盛況となりました。 >> 詳細はこちら
編 集 後 記
プラスがお世話になっている企業さんを訪問する機会がこのところ増えています。

団体概要をあらためてご紹介すると、「日本の職員は2名、ケニアの職員5名」に
驚かれるご担当者の方がたくさんいらっしゃいます。

こうして少人数でも活動を広げていくことができるのも、日本から
ご支援・応援して下さるみなさまや、インターン生、ボランティアスタッフなど、
たくさんの方からの応援があってこそだとあらためて感謝しています。

今年は、今まで以上に企業のみなさまとの連携を深め、広げていくことが
できればと思っています。「うちの会社とプラスでこんな連携をしてみたい!」
というアイディアがありましたら、ぜひ、ご連絡お待ちしています。

(事務局長・小島)

バックナンバーはこちらをクリック    配信の登録・解除画面はこちらをクリック

メールマガジンのご感想がございましたらこちらまでお送りください。
メール info@plas-aids.org

[発行元] エイズ孤児支援NGO・PLAS  
[ホームページ] http://www.plas-aids.org/
[メール] info@plas-aids.org
[所在地]東京都品川区上大崎3-14-58クリエイト目黒2A
[Tel/Fax] 050-3627-0271