アップルappストアへリンク                         

Charity Clockとは?

チャリティクロックはエイズ孤児支援NGO・PLAS(プラス)が提供する時計アプリです。
撮りためた笑顔いっぱいの子どもたちや、アフリカの風景写真をお楽しみください。
このアプリで、時計、ラジオ、絵本、チャリティに触れることができます。

対応機種: iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.1 以降が必要
対応言語:日本語、英語
チャリティクロック起動画面 時計画面 ラジオ画面 絵本画面 寄付画面
チャリティ・クロック 最新ニュース
Charity Clockでできること
  • アプリの時計について
    時計
    お住まいの国の時刻に加え、ケニアの時刻を表示。480枚のアフリカのかわいい子供達、風景などの写真を収録。エイズ孤児が増えるペースと同じ、14秒に1回、写真が切り替わります。
  • ラジオ選局
    ラジオ
    ウガンダのインターネットラジオをBGMとして設定できます。5局のラジオ局から選択可能。
  • 絵本の表紙
    絵本
    ケニアに住むエイズ孤児の少年のお話、「こどもたちの笑顔に未来を」を読むことができます。
  • 寄付画面
    チャリティ
    プラスに寄付することができます。例えば、1000円あれば、ケニアで80名の妊産婦や地域住民に母子感染予防について知らせることができます。
子どもたちが直面する問題

世界には1500万人のエイズ孤児がおり、現在は2000万人から2500万人にその数が膨れ上がっているのではないかといわれています。
エイズ孤児のうち、8割以上がサハラ以南のアフリカに存在していると言われています。今も、14秒に一人の割合で、エイズ孤児は増え続けています。

プラスとは

プラスは、2005年に設立し、ウガンダ共和国、ケニア共和国で活動を行っています。
エイズ孤児が多く通う小学校の支援や、学校運営補佐、エイズ孤児就学支援のための農業事業、地域でのエイズ啓発活動などを展開しています。

  • ウガンダの小学校画像
    これまで、
    ウガンダで、
    2つの小学校で9つの教室建設を行い、現在約400名のエイズ孤児が教育を受けています。
  • 母子感染予防啓発リーダーの画像
    これまで、
    ケニアで、
    19名の母子感染予防啓発リーダーを育成してきました。
  • 母子の画像
    これまで、
    ケニア、ウガンダで、
    7500人以上の地域住民がプラスの母子感染予防啓発、エイズ啓発活動に参加し、エイズについて学ぶことができました。
代表メッセージ

「身近にエイズ孤児やアフリカを感じてもらうには?」と考え、このiPhoneアプリを作ることを思いつきました。これは、日本のNGOが独自に作っているiPhoneアプリとしては、「日本初!」の記念すべきiPhoneアプリです。

14秒に1枚切り替わっていく写真達は、私たちがアフリカで目にしてきたアフリカの日常の風景、子どもたちの活き活きした笑顔です。そして、BGMは、ウガンダでバスに乗ると必ずといっていいほどかかっているラジオ。まるで、アフリカのバスに乗って各地を旅しているような、そんなワクワクする気分になれるiPhoneアプリです。また、私たちが取り組んでいる、「エイズ孤児」の問題を知っていただけるように、旅人(あなた)があるエイズ孤児の男の子と出会うお話を、絵本として収録しています。

プラス代表の写真そして、この子どもたちのために、「今、何か行動したい」と感じた方のために、iPhoneから寄付することができるようになっています。これは、「何かしたい」気持ちを、ぜひ行動に移していただきたいという、私たちの願いが込められています。ご寄付は、ケニア、ウガンダのエイズ孤児達が、学校に行けるように、そしてHIV感染から子どもたちの命を守るために大切に使わせていただきます。

さぁ!まずは、気軽にダウンロードして、あなたのiPhoneでアフリカを旅してみませんか?そして、気軽にチャリティに触れていただければ幸いです。

プラス本体へ

ダウンロード
                        

アプリに関するお問い合わせは、下記PLAS事務局まで

Charity Clockの使い方をみてみよう
協力
絵本コンテンツのイラスト制作