プラスのお知らせ

ウガンダレポート ―地域でどんな変化を起こしたいか?―

前回、前々回と、現地レポートにてお届けしたパートナー団体カユンガのワークショップ。
中期的な視野に立ち、これからどのような変化を地域にもたらしたいかを考えます。

1日目では、劇を通して地域の課題をみつめました。
>>ウガンダレポート ―劇からみえてくる地域のくらし―

2日目では、地域課題を絞り込み、その背景や地域の持つ可能性について考えました。
>>ウガンダレポート ―ワークショップからみえる地域課題と可能性―

さあ、最終日の3日のワークショップについて、今回はご報告します。
3日目は、40数名のメンバーが集まり、絞り込んだ地域の課題につて、どんな変化を起こしたいか、どんな未来が見たいかを考えていきます。

2日目までに、10の地域課題から、より重要と思う課題を絞り込みました。
結果、「子どもの教育」、「農業」、「ビジネス」の3つが残りました。

まず、年間を通して地域でどのようなイベントや季節の傾向があるかを共有するために、「季節カレンダー」をメンバーでつくりました。
畑仕事、雨、食糧、収入・貯蓄、学校、幸福の6項目をつくり、それぞれ4段階の量で表現します。

季節カレンダーについて説明

日本では、4月から1年が始まる、という考えもありますが、ウガンダは1月からはじまる、とのことで、1月をはじめにしてカレンダーを作ります。

カレンダーを作っていくと、雨が多く降る少し前から畑仕事の量が増えることがわかったり、また、貯蓄が1年のうち無い時期が多く、収入が入ると使い切ってしまうことも多いようでした。また幸福は収入・貯蓄と連動しており、食糧があっても貯蓄が減っていくことで、幸福ではないと感じることがあることもわかりました。また、逆に食糧が少なくても貯蓄ができていると幸福と感じることもあるそうです。

出来上がった季節カレンダーを発表

その後、3つの問題「子どもの教育」、「農業」、「ビジネス」について、それぞれグループを作り話し合いです。
「どのような状況が成功と呼べるか?」
「どんな変化を見たいか?」

「親の視点から」「子どもの視点から」それぞれについて、各グループで模造紙にまとめていきます。

3グループに分かれて話し合い

最初のうちは質問の意図がうまく伝わらず苦戦したりもしました…。
例えば、農業やビジネスでは、「何かを買う」、「何か新しい技術や機材を使う」、ということが「成功」として捉えられていて、「機材を使うとどうなるか?」、「機材がなかったら成功しないか?」など、こちらからの問いかけながら進めました。

農業につて話し合うグループ

一方で、子どもの教育については、「親の役割は何か?」「子どもの良い成長とは?」と議論が活発なようでした。

子どもの教育について話し合うグループ

各グループで考えを模造紙にまとめたら、次は各グループの発表です。
各グループ10分程度発表し、終わったのは18時半をまわっていました。

発表の様子

ビジネスグループの模造紙

長丁場でしたが、メンバーみんな最後まで集中し、よい時間をもつことができました。
自分たちの課題を特定し、自分たちがどこに向かっているかその目標を知ることができた、よい機会となりました。

みんなで体操をしてリフレッシュしました

後日、カユンガ代表のジョイさんからは、メンバーたちから、今回のワークショップをとても楽しみ、、いろんな学びがあったと多くのフィードバックがあったと聞き、わたしたちもうれしくなりました。

メンバーをまとめるジョイさん

今回のワークショップをヒントに、メンバーたちは、活動の計画を立てていきます。

カテゴリー: 現地レポート |

【号外】TBSネットニュースでプラスのボランティアが取り上げられました!

今週から公開されているTBSのネットニュースTBS NEWSの特集で、プラスのボランティアの様子を取り上げて頂きました。

テーマは、【現場発!】国際協力を続ける学生に密着。学生時代にやっていた国際協力の活動を、社会人になるとやめてしまう人が多い中、社会人になっても関わり続けている例として、プラスのボランティアの松田さんをはじめとしたボランティアチームの休日の活動の様子や、松田さんの自宅での作業の様子などが紹介されています。
 
スタッフ数4人と限られた人員で運営するプラスは、インターン生やボランティアの方等多くの方に支えられて団体を運営しています。特に、休日などに集まって、プラスの抱えているタスクや課題を一緒に考え、進めてくれるボランティアの方は貴重な存在。皆さん、ご自分の生活や時間と折り合いをつけながら、プラスの活動に関与して下さっています。
ぜひ、そんなプラスのボランティアの横顔をぜひご覧ください!(プラスの紹介は、動画開始後1分50秒くらいから始まります)

>>動画をご覧になるにはこちらから!

また、ニュースを見てプラスのボランティアに興味をお持ちいただいた方に朗報です♪♪
現在、PLASでは9月31日、10月1日に開催される日本最大の国際協力イベント「グローバルフェスタ」でのブースボランティアも募集中です。ご興味のある方、こちらのリンクからお申し込みください!

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: メディア , 活動紹介 |

チャリティーオークション第6週!安達祐実さん、紺野美沙子さん、スザンヌさん、安田菜津紀さん、田中雅美さん、リリー・フランキーさんがご協力!

エイズ孤児支援NGO・PLASが展開する2017年世界エイズ孤児デーキャンペーンの一環でYahoo!オークションサイトにて
プラスのチャリティーオークション開催中です!

本キャンペーンの趣旨に賛同頂いた著名人に物品を提供して頂き、ネット上でオークションを行ないます。
チャリティオークションの収益はエイズ孤児支援NGO・PLASを通して、アフリカのエイズ孤児支援活動に使われます。

第6週は 7/31(月)から 8/6(日)までで、新しく安達祐実さん、紺野美沙子さん、スザンヌさん、安田美津紀さんにご協力頂いています。
第5週に続き、田中雅美さん、リリー・フランキーさんのご協力品も引き続き出品中です!

安達祐実さん


出品物
・直筆サイン入り色紙・1
 >>>出品を見る
・直筆サイン入りトートバッグ・1
 >>>出品を見る


主に女優として活躍中の安達祐実さん。長年チャリティーオークションにご協力いただいております。今回も世界エイズ孤児デーキャンペーンの趣旨にご賛同いただき、ご協力いただきました。

安達祐実さんからのメッセージ
「微力ではありますが、一人でも多くの方の幸せを心より願っております。」

紺野美沙子さん

出品物
・直筆サイン入り色紙・1
 >>>出品を見る


長年、女優として活躍中の紺野美沙子さん。国際協力に積極的で、UNDP(国連開発計画)親善大使も務めておられます。今回も世界エイズ孤児デーキャンペーンの趣旨にご賛同いただき、ご協力いただきました。

紺野美沙子さんからのメッセージ
「世界中の子どもたちに、等しく輝く未来がありますように。ずっと応援したいと思います。」

スザンヌさん


出品物
・直筆サイン入り色紙・1
 >>>出品を見る


タレントとして活躍中のスザンヌさん。今回、世界エイズ孤児デーキャンペーンの趣旨にご賛同いただき、ご協力いただきました。

スザンヌさんからのメッセージ
「皆さんの未来が明るい笑顔で溢れていますように心から願っています。」

安田菜津紀さん

出品物
・直筆サイン入り色紙、トートバッグセット・1
 >>>出品を見る


フォトジャーナリストとして活躍中の安田菜津紀さん。今回も世界エイズ孤児デーキャンペーンの趣旨にご賛同いただき、ご協力いただきました。

安田菜津紀さんからのメッセージ
「取材を進めるごとに、HIVを取り巻く問題は、体の健康だけではないことに気づきます。差別や偏見、そしてそれが子どもたちの教育の機会を奪っていきます。そんな心の壁を乗り越えていく活動を、これからも応援しています。」

田中雅美さん


出品物
・直筆サイン入り色紙・2
 >>>出品を見る
・直筆サイン入りスイムウェア
 >>>出品を見る


シドニーオリンピック銅メダリストで、現在はスポーツコメンテーターとしてご活躍中の田中雅美さん。今回の世界エイズ孤児デーキャンペーンの趣旨にご賛同いただき、ご協力いただきました。

田中雅美さんからのメッセージ
「日本で、エイズという病気の認知度は昔に比べ随分と高くなってきたと感じます。しかし、世界では私たちがまだ知らないエイズによる影響がたくさんあります。チャリティオークションによって、1人でも多くの方へ、世界のひとつの問題、現状を知るきっかけとなることを応援します。」

リリー・フランキーさん

出品物
・直筆イラスト入りサイン色紙・2
 >>>出品を見る
・直筆イラスト入り入りトートバッグ・2
 >>>出品を見る


マルチタレントで様々な方面で活躍されるリリー・フランキーさん。長年当会にご協力いただいております。 今回も世界エイズ孤児デーキャンペーンの趣旨にご賛同いただき、チャリティーオークションにご協力いただきました。

カテゴリー: 世界エイズ孤児デーキャンペーン |

「クロスロード(7月号)」に海外事業マネージャー巣内のインタビュー記事を掲載して頂きました!

青年海外協力隊事務局が編集発行する月刊誌「クロスロード(7月号)」(6月15日発行)の国際協力NGOの仕事のコーナーで、国際事業マネージャーの巣内のインタビューを掲載していただきました。

青年海外協力隊を経て現在PLASで年に2,3回、期間にして1,2ヶ月ずつの現地出張をこなす海外事業マネージャーである巣内は、2012年からの協力隊活動時にエイズ対策に取り組む住民団体の発掘にも携わっていました。そんな彼が語るPLASでの仕事のおもしろさ、難しさ、また現地スタッフとの連携の仕方や協力隊での経験などがPLASの活動概念とともに紹介されています。

写真をクリックすると大きくなります。

ぜひご一読ください!

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: メディア |

ウガンダレポート ―ワークショップからみえる地域課題と可能性―

前回現地レポートにてお届けしたパートナー団体カユンガのワークショップ。
中期的な視野に立ち、これからどのような変化を地域にもたらしたいかを考えます。

1日目では、劇を通して地域の課題をみつめました。
>>ウガンダレポート ―劇からみえてくる地域のくらし―

今回は、2日目のワークショップの様子をレポートします!

2日目も、50名ほどのメンバーが集まりました。
前日の劇のワークショップで出た地域の様々な課題を、10のテーマに分類し、整理しました。

<整理された10のテーマ>
1.子どもの中退
2.食料不足
3.住居の質
4.HIV/エイズへの差別
5.子どもの非行
6.エイズによる死
7.健康問題
8.ビジネススキル不足
9.農業の生産性
10.子どもに対する虐待、ネグレクト

7つのグループに分かれ、それぞれのグループが重要と考える2つのテーマを上記から選びました。
各グループからどのテーマを2つ選んだのか、それはなぜかを順に発表していきます。

話し合いの様子

「1.子どもの中退」は全てのグループが選択し、特に制服、バッグ等の家庭が通学のために準備すべきものが買えないという状況が多く語られたのが印象的でした。
中には、原因は子どもが多いから教育費が足りなくなるのでは、と分析したグループもありました。
また、中退の結果、良くないグループに入ったり、売春をせざるを得ない、といった影響もあると語ったグループもりました。

「2.食料不足」を1グループが選択、また「8.ビジネススキル不足」と「9.農業の生産性」をそれぞれ3グループが選択しました。

「8.ビジネススキル不足」についても様々な意見が聞かれました。ビジネスの知識がないことだけでなく、ビジネスを始めるための元手がないこと、そして安定したマーケットがないことも指摘されました。
メンバーのうち、40名は何らかのビジネスをしており、野菜の販売やアフリカンクラフト製作、理容師など、その内容は多様です。
自身の経験の中で、ビジネススキルが不足していることを感じているメンバーが多いようでした。

「9.農業の生産性」は、生産性が低い理由として、農業のスキルが十分にないこと、スキル獲得のための支援がないこと、農業に必要不可欠な水が買えず天候に左右されること、病気などに強い改良種が買えないこと、農薬が買えないことなどがでてきました。
メンバーは全員が自分の畑を持っており、これらの課題も、やはりメンバーの経験から実感されているものでした。

こうして、「子どもの教育」、「農業」、「ビジネス」の3つの問題に焦点を当てて議論していくことになりました。
次に、この3つについて、既にコミュニティにある、資源や可能性について、グループごとに絵を描いて表現しました。

地域にある資源の絵を描く

例えば、農業関係では、農具、作物、水資源(井戸、市水)、土地、農作業、家畜(農業を助ける)等が出てきました。

資源の絵を整理したところ

こうしてメンバーたちがより重要と考える課題を整理し、どんな原因があるのか、また逆にどんな資源や可能性があるのかを、ワークショップを通して考えることができました。
その地域に暮らすメンバーたちだからこそみえてくる地域課題や、その背景があることを、改めて感じました。

カテゴリー: 現地レポート |
Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...246 247 248 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ