プラスのお知らせ

ケニアレポート -ママたちの養鶏のお悩みごととは?-

前回の現地レポートでは、ケニアの養鶏による生計向上プロジェクトについて報告しました。

>>前回のレポート「ケニアレポート -9家庭で鶏舎が完成!各家庭に100羽のヒナを配布-」はこちら

ヒナを育て始めた各家庭に、専門家が訪問し、アドバイスを行っています。
ママたちがいま、どんなことに直面しているのか、その奮闘ぶりをお届けします。

7月の訪問では、一家庭にその地域のママたちを集め、さまざまな質問や悩みに答えました。
また、その後、一家庭ずつを訪問して、現場を見ながらアドバイスをしていきました。

ママたちの養鶏のお悩みごとは?

ママたちを集めたセッションでは、様々な悩み事が出てきました。
話を聞いていくと、お悩みは共通点が多くありました。

大まかに分類してみると、みえてきたのは主に3つの課題でした。

・鶏舎について、換気やお手入れはどうしたらいい?
・病気の症状と、その見極め方はどうしたらいい?
・エサを鶏が食べ過ぎているのではないか?

専門家からの5つのアドバイス

こうしたお悩みに、以下のようなことがアドバイスされました。

1)鶏舎は100羽が一日中過ごすには小さい可能性がある。
昼間は建物のドアを開けておき、行き来できるようにしましょう。

2)他の鶏をつついたり羽をむしったりするのはカルシウム不足。
野菜等をもっと与えるようにしましょう。
ただし新しい種類の餌は少しずつ慣れさること!
また調理で出た生ごみや食べ残しをあげてもいいけど、塩分があるものはNG。

3)鶏舎に入る際には、抗菌長靴で入るのが望ましい。
また、鶏舎には他人が侵入しないように。

4)鶏舎のセキュリティに気を付け、鶏を食べようとする動物の侵入を防ぎましょう!
鶏舎にある穴や切れ目は塞ぎましょう。

5)咳、くしゃみ、目の病気は、「Biotrimvet」という薬で治療しましょう。

対話を大切にする姿勢

アドバイスの際は、ママたちとの対話を大切にしています。

例えば「餌が不足しているかもしれない」というお悩みに、どう答えたらいいでしょうか?

わたしたちは、まずは「昨日、どのくらいの量の餌をあげましたか?」と質問します。
「昨日」「どのくらいの量」と聞くことで、具体的な回答が返ってきます。
「昨日」「どのように餌を測り」「それをどれくらい」あげたのかを知ることができるのです。

対話をしていくうちに、「何グラム」「何ポンド」の餌をあげるというアドバイスでは不十分だとわかってきました。
普段地域のママたちの多くが使っている共通の大きさのカップがあることがわかり、「そのカップで測ると一日どれくらいのえさの量か?」を基準とすることになりました。

こうして、お悩みごとを一つ一つ確認し、つぶしていきます。
地道な作業ですが、成果につながる大切な作業です。

カテゴリー: 現地レポート |

ケニアレポート -9家庭で鶏舎が完成!各家庭に100羽のヒナを配布-

今日は、ケニアのホマベイ郡ランバ区でのプロジェクトについてのご報告です。

ここでは、養鶏による生計向上プロジェクトを行っています。
HIV/エイズで夫に先立たれたシングルマザーとその子どもたちを支援するプロジェクトです。

このプロジェクトでは、養鶏の技術や初期投資を支援することで、養鶏ビジネスによる家庭の生計向上を目指しています。
現在、支援を受ける家庭は、9家庭。鶏舎が完成し、ヒナの配布が完了しました。

鶏舎が完成しました!

各家庭の敷地内に、鶏舎の建設を実施。5月に無事に鶏舎が完成しました。

鶏舎は現地の養鶏専門家らからアドバイスをもらい設計をしました。
現地で流通している素材を使っていて、修理が必要になった場合に、すぐに対応できるようになっているのです。
例えば、壁は土壁です。土壁であれば、修復作業をママたち自身ができるようになるのです。

研修を実施、まずは各家庭に100羽のヒナを

その後、専門家による養鶏研修を実施しました。
研修では「ヒナの飼育方法」、「餌のやり方」、「ワクチン接種のタイミング」、「病気のサイン」など、鶏を育てていくための基本的な事柄を学びました。
その後、各家庭に100羽のひなを配布しました。

生育状態はというと、現在、1家庭当たり3~20羽ほど、計97羽が亡くなっています。
900羽に対して、約11%の死亡率なので、専門家によると、「おおむね順調な状況」ということです。
また、初期になくなってしまうことがほとんどなので、これからさらにヒナが亡くなってしまう心配はあまりなさそうです。

ヒナのお世話を改善するために

ママたちは、初期にヒナが亡くなってしまった理由を専門家に相談し、改善も見えてきました。

原因は3つあると考えられています。

まず1つ目にママたちにとって新しいタイプの鶏だったため、世話を怠ったってしまったことが指摘されました。
研修で勉強したものの、比較的手のかからない「地鶏」タイプと同様に世話をしてしまい、あまり手をかけることができなかったのです。
ヒナが亡くなって初めて、世話の大切さを体験として理解し、それ以降は、みなさん熱心に世話をしています。

2つ目に、鶏舎の温度が低かったことも指摘されました。
研修により知識としてはあった鶏の病気のこと。実際にヒナを育ててみると、病気のサインを見つけることができなかったという方もいました。
ママたちは病気のサインについても経験から学び、今では病気をいち早く見つけ、パートナー団体BIDEPのスタッフにすぐに連絡するなどして対応しています。

3つ目に、最初のヒナ配布時に、ヒナが疲れてしまったという意見もありました。
今回は孵化して2週間のヒナを配布しています。
今後は、孵化してから4週間たったヒナを配布することで、さらに死亡率が下がるのではないかという意見もあり、次回以降は検討することになりました。

ママたちの熱心な学習とお世話で、ヒナたちはすくすくと育っています。
ママたちからの相談も受けつつ、適宜専門家が家庭を訪問し、アドバイスをしています。
次回は、専門家の家庭訪問とフォローアップアドバイスについてご報告します。

カテゴリー: 現地レポート |

ヤフオク!チャリティーオークションのご報告【世界エイズ孤児デーキャンペーン2017】

世界エイズ孤児デーキャンペーン2017に合わせて開催していたチャリティーオークションが終了しましたので、ご報告させていただきます!
今回は合計38名の方にご協力いただき、目標金額を上回る2,146,130円に達するすることが出来ました。様々な形でご協力いただいた皆様に、心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

世界エイズ孤児デーキャンペーンとは

世界エイズ孤児デー(5月7日)は、2002年にエイズ孤児問題への意識を高めるため、国連子ども特別総会で宣言されました。
エイズ孤児とは、両親もしくは片親をHIV/エイズによって亡くした18歳未満の子どもを指します。
世界エイズ孤児デーキャンペーンは、プラスが主催で展開する、日本で唯一のエイズ孤児問題啓発キャンペーンです。
より多くの人にエイズ孤児の問題を認識してもらい、行動してもらうために行っています。
今年もチャリティオークションなどの企画を通して、多くの方にご参加いただきました!

プラスチャリティーオークションとは

エイズ孤児支援NGO・PLASが展開する2017年世界エイズ孤児デーキャンペーンの一環で、
本キャンペーンの趣旨に賛同頂いた著名人に物品を提供してもらい、ヤフー株式会社さんご協力の下、ネット上でオークションを行なっています。
2009年から毎年世界エイズ孤児デーと世界エイズデーのキャンペーンに合わせて開催してきました。
チャリティオークションの収益はエイズ孤児支援NGO・PLASを通して、アフリカのエイズ孤児支援活動に使われます。

著名人38名の方にご協力いただきました!

世界エイズ孤児デーキャンペーン2017に合わせて行った今回のチャリティーオークションでは、
2017年6月26日〜2017年9月3日の期間、ヤフオク!のクラウドファンディングサイトreUファンディングのページにて、
著名人の方のサインや私物等を出品させていただきました。
合計38名の方にご協力いただき、総計出品数は103品、総額落札金額2,146,130円となりました。
皆さまの温かなご協力、誠にありがとうございました!

ご協力いただいた著名人の方々

アグリムさん、安達祐実さん、有森裕子さん、いしいともこさん、石田純一さん、井上きみどりさん、植田まさしさん、うとまるさん、大島祐哉選手、筧美和子さん、カナヘイさん、北見けんいちさん、木野下円さん、紺野美沙子さん、サタケシュンスケさん、澤穂希さん、スザンヌさん、SEKAI NO OWARIさん、高橋留美子さん、田中雅美さん、ちばてつやさん、土屋アンナさん、つるの剛士さん、ナガノさん、楢崎正剛選手、丹羽孝希選手、東尾理子さん、一ツ山チエさん、古屋雄作さん、FLOWさん、ポテ豆さん、myさん、mame&coさん、安田菜津紀さん、山寺宏一さん、リリー・フランキーさん、wakutaさん、渡辺真理さん

以上の合計38名の方にご協力いただきました!

今回のご協力者様の一覧はこちらから

>>>ページを見る

もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: 世界エイズ孤児デーキャンペーン , 活動報告 |

9月5日(火)開催!じっくり学べる90分!エイズ孤児問題を学ぶPLASRoom@赤坂

===当イベントは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました====

「エイズ孤児」を知っていますか?
日本ではなかなか光が当たることの少ないエイズ孤児の問題。
日本に住む多くの人にとって身近な問題ではないけれど、一日2,000人、約40秒に一人のペースで、
いまこの瞬間も特にサハラ以南のアフリカ地域を中心に増え続けています。

そんなエイズ孤児の問題を、立ち上げから11年以上にわたり、
代表の門田と共に活動をリードし続ける事務局長理事の小島がお伝えします。
現地でのエイズ孤児の現状、活動の詳細の他、活動を始めたきっかけや立ち上げ時の話など、
ここでしか聞けないお話をじっくりとお伝えします。

今回は、これまでのプラス事務所での開催から場所を変え、
ヤフー株式会社様のご協力を得て、LODGEスペースで開催させていただきます。
永田町駅直結とアクセス抜群ですので、お仕事帰りでいつもは立ち寄れなかった皆様、
ぜひこの機会にお越し下さい!

PLASRoomに来られる方の多くは、半分以上が国際協力や社会貢献に興味はあるけれど、
実際には活動したことのない方がほとんどです。

PLASRoomなら、
まずは、国際協力やエイズ孤児の問題現場について深く知ることができ、
スタッフやほかの参加者と交流する中で、
こんなことから始めてみようかな?と具体的に自分にできることのイメージも浮かんでくるはずです。

平日の夜、お仕事帰りにお気軽に立ち寄っていただける人気のイベント、
まずは知ることから第一歩をはじめてみたい、そんなあなたの参加をお待ちしています。

日時9月5日(火) 19:00~20:30(開場 18:30)
※広報開始当初、時間帯に誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。

場所 ヤフー株式会社 18階 LODGEスペース
〒102-8282 東京都 千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 ヤフー株式会社
(東京メトロ永田町駅 9a出口直結/東京メトロ赤坂見附駅より 徒歩1分)
>>地図・アクセスはこちら 必ずお越しになる前に来場方法をご確認ください。
※当日参加の方はお名刺をご持参ください。
PLASRoomの会場のヤフー社屋に入館する際、お名前、ご所属先、メールアドレスの提出が必要となります。
参加費 ¥1,000
本イベントは、経費を除く参加費の全額がエイズ孤児支援となるチャリティーイベントです。
参加するだけで、支援につながるアクションとなります!
定員 20名
※お早めにお申し込みください。
プログラム <第一部> 事務局長理事:小島による講演
<第二部> 交流会/ワークショップ
こんな方におすすめです ・国際協力に興味のある方
・アフリカ、子ども支援に興味のある方
・プラスの活動に興味のある方
・働きながら社会貢献に関わっている、これから関わりたいと考えている方
・新しい人脈を作りたいと考えている方
・ボランティア、プロボノ、企業とNGOの連携、寄付に興味のある方

お申込みフォーム

スピーカーと直接話す時間も!気軽に参加できる雰囲気


当会の定例イベントPLASRoomは、スピーカーや参加者同士の距離も近い、アットホームな雰囲気です。活動経験の豊富なスタッフが現地のおかれている状況や課題を直接皆さんにお話します。疑問に思ったこと、活動参加の相談など、どんどん話してみてください。


毎回、参加者の皆さんから嬉しいコメントを頂いている人気の定期イベント、PLASRoom。参加者の中心は、20-30代の会社員の方が中心。参加者での交流もイベントの楽しみのひとつです。


参加者の声(女性/20代 会社員)

アフリカのエイズ孤児問題はどこか遠い国の問題と感じていましたが、困難な状況でも前向きに生きようとする子どもたちの話を聞いて、自分にもできることがあるのではと感じました。これからプラスの国内活動に参加していきたいです。

参加者の声(男性/30代 会社員)

企業で働きながら、日本からできる国際協力の方法を聞けてよかったです!明日からさっそく社内で取り組みたいです。ワークショップでは異業種の人たちと知り合いになれ、意見交換ができたのが刺激になりました!


スピーカー紹介&メッセージ

小島 美緒(こじま みお):エイズ孤児支援NGO・PLAS事務局長理事

<プロフィール>
エイズ孤児支援NGO・PLAS/事務局長
2006年 国際基督教大学教養学部を卒業。大学卒業後に3ヶ月間ウガンダへ渡航。HIV陽性者支援を行う大手現地NGOでのインターンや、エイズ孤児が通う小学校の経営改善に携わったことがきっかけでエイズ孤児の問題に関わるように。
帰国後、JPモルガン証券株式会社で3年間勤務。社内での社会貢献活動に積極的に関わりながら、社外活動としてプラスのボランティア運営スタッフをはじめ数多くのボランティア活動や社会貢献活動に携わる。
2011年よりエイズ孤児支援NGO・PLASに勤務、国内での各種キャンペーン事業やファンドレイズ、企業連携、広報・マーケティング全般をリードする。現在、7歳2歳の二人の息子の子育てに奮闘中。

12年前の活動開始時、私を含めた立ち上げメンバーは全員学生で、経験も人脈もない中でのスタートでした。知って、自分にできることを考え始めるところから、すべてが始まります。PLASRoomで知ることから始めてみませんか?


もっと知りたい、アクションしたい方へ

●まずエイズ孤児について知る
>>エイズ孤児のいま
●プラスの概要について知る
>>団体概要
●今すぐエイズ孤児とプラスを支援するならこちらから!

 

カテゴリー: イベント情報 |

グローバルフェスタ2017出展決定!サブステージ発表に代表の門田が登壇します!

プラスでは、今年もグローバルフェスタ2017に出展することが決まりました。

グローバルフェスタは開発途上国の現状と国際協力について、社会の関心を高め、
市民の参加を進めるために、NGOと政府機関がともに開催する、日本最大の国際協力イベントです!
>>>詳細はこちら

今年のテーマは「Find Your Piece ~見つけよう、わたしたちにできること~」
9月30日(土)、10/1日(日)の両日、お台場センタープロムナードにて開催されます。

様々な国際協力団体が一堂に集まる、見ているだけでも楽しいイベントです。
秋の一日、国際協力の世界を覗いてみませんか?

皆さまのお越しをお待ちしています!

====================================
●日時
2017年9/30(土) 10/1(日) 10:00~17:00

●開催場所
お台場 センタープロムナード(東京都江東区)
地図:http://gfjapan2017.jp/outline.html

●プラスの小間番号:W137
【GFJ2017】出展者小間割図

====================================

活動報告・サブステージへの出演が決定しました!

今年は、ブースのほかにサブステージで”「エイズ孤児」を知っていますか?私の出会ったエイズ孤児たち”のテーマで
代表の門田が現地の実情をお話するほか、活動報告コーナーではプラスの活動を大きく支えるインターン生が
プラスの活動と、そしてその中でのインターンで得た学びや魅力について語ります。
ぜひ足をお運びください!

★サブステージ★
時間: 9月30日(土) 16:00 〜16:45
場所:サブステージ
ステージタイトル:「エイズ孤児」を知っていますか?私の出会ったエイズ孤児たち
内容:学生時代にエイズ孤児の問題に出会い、それから12年、活動をリードし続ける代表の門田が、
   現地で出会った孤児達や、現在のエイズ孤児の現状、そしてエイズ孤児という課題の解決に
   むけた取り組みを率直に語ります。

★活動報告コーナー★
日時:9月30日(土) 14:00〜14:30
場所:Dコーナー
内容:プラスの活躍を支えるインターン生が、プラスの活動について、
   そしてそこでのインターンの魅力と学びについて語ります。
   国際協力の一歩目としてNGOでのインターンをお考えの方に、オススメの報告です♪

カテゴリー: イベント情報 |
Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...246 247 248 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ