プラスのお知らせ

ワークキャンプに向けて(参加者より)

2006年度ウガンダワークキャンプ参加者である川本華子さん
と鈴木真希さんからワークキャンプに向けたエッセイを頂きました。


≪川本華子さんのエッセイ≫
私が初めてエイズ孤児たちと出会ったのはベトナムのエイズ孤児施設
を訪問した時でした。
それまで、大学の授業や、個人的にエイズや子供の問題など国際的な
問題を学んできましたが、実際にその子たちを目の前にし、一人一人
の名前を知って、一緒に遊んでみて、初めてエイズ孤児たちの直面し
ている問題の深刻さというものを痛感しました。
言葉もまだ十分に話すことも出来ないほど幼い子供たちが無邪気に遊
んでいる姿と、そんな子供たちが一生をかけて背負っていかなければ
いけない問題があるという現実を目の当たりにし、それにもかかわら
ず何もしてあげることの出来ない自分の無力さに強い憤りを感じました。
世界にはエイズ孤児として苦しんでいる子供がいるということを
学び、自分がその時悔しい思いをしたということを生かして、私にも
同じような状況の下で苦しんでいる子供たちになにか出来ることはな
いかと探していた時に、PLASでのワークキャンプでエイズ孤児支援
に関われるということを知ったので参加しようと思いました。
自分を守ってくれる両親というものの存在がない子供たちにとって教育
を受けることは唯一自分を守るものとしてとても重要な役割を果たす
でしょう。
そんな子供たちが天候に左右されることなく安心して教育を受けるこ
とが出来るように、今回のワークキャンプでは学校の修築作業に精を
出し、頑丈な学校にしたいと思います。
それと同時に、これは個人的なことになってしまうのですが、途上国の
学校建設や運営に興味を持っているので、途上国において下層の
子供たちが受ける教育の現場を実際に見て、学校を建設すること、
運営していくことの問題点や留意点を観察してきたいとも思っています。
また、孤児である以上にエイズで親を亡くしてしまったということに
よって子供たちが不当な差別を受けているという現実を正面から見つめ、
その地域のコミュニティーにエイズの正しい知識を与え、子供たちの受ける
差別を軽減させると共に、地域の人々の協力のもとでエイズを予防する
ことにより、新たなエイズ犠牲者を生まないようにする
ということに貢献することが出来ればいいと思っています。
実際に現地に行き、目にすることは、日本の学校でただ学んでいる
よりも多くのことを学ぶことが出来る上に、日本にいたのでは気づくことの
出来ないような些細なことも気づかせてくれるので、ウガンダに行ったら
ワークだけでなくいろいろなことに注意深くアンテナを張って
より多くのことを学んできたいと思っています。
言葉も文化も違う多くの人と交流することは日本ではなかなか難しい
ので、この機会を十分に生かし、現地の人たちや子供たちと積極的に
交流し、自分の交友の幅を広げると共に、自分とは違う考え方、感じ
方に触れ、自分の感受性の幅も広げていきたいと思います。
川本華子
≪鈴木真希さんのエッセイ≫
「アフリカに行ってみたい!
自分の足で現地の土地を踏みしめて、
自分の手で現地の人と触れ合い、
自分の目で今アフリカで何が起こっているのかを見てみたい。」
これがワークキャンプ参加を決めた最初の動機です。そのため、
当初はワーク内容に重点を置いていませんでした。
教育か、平和構築か、HIV/AIDSか・・。
ワークキャンプ選びに頭を悩ませる日々が続きました。
そんな私がエイズ孤児支援団体であるPLASのワークキャンプ参加を
決めたのには、幾つか理由がありました。
まず、「HIV/AIDSについて知りたい」という思いが湧いてきたからです。
ある日「友人がエイズ孤児支援のNGOを設立したらしい」との話しを
耳にしました。国際協力分野に興味があり様々な活動をしてきた
私ですが、これまでHIV/AIDSにはほとんど関わったことが無かったの
です。知識もありませんでした。「何でエイズ孤児が生まれるの?」
「彼らはどんな生活をしているの?」実際に自分が現地に行くことで、
世界で最も深刻な問題の一つであるHIV/AIDSへの知識や理解を深めた
いと思いました。
次の理由は、ワークキャンプの目標が明確だったという点です。
世界各国で開催される国際ワークキャンプの中には、ワークよりも
メンバーの親睦を深めることに重点をおくものもあると言います。
PLASのワークキャンプは「『学校の修復作業』『エイズ啓蒙活動』
『子どもたちとの交流』を通じて、子供たちが十分な初等教育を受け
られるようにし、地域での彼らへの差別解消を目指すこと」を目的と
していて、明確な目標の下でワークをして、充実したワークキャンプ
を過ごしたいと考えました。
そして最後に、「エイズ孤児への教育の重要性」を掲げているPLASに
共感したことが挙げられます。私は、「世界中の人が、自分の意思で
自分の未来を決め、それに進んでいくことができるように手助けしたい」
と思っています。中高等教育を必要としている海外の難民の子供
たち、日本にいる難民の方々との出逢いを通じて、そう考えるように
なりました。そのためには「教育」が大切であり、このワークキャン
プで、より多くのエイズ孤児が十分な教育を受けられるように手助け
したいと思ったのです。
私にとって、アフリカと、そしてHIV/AIDSと関わる始めの一歩である
このワークキャンプ。とっても熱いPLASスタッフたちと、個性豊かな
ワークキャンプメンバーと、UPAメンバー・現地の方々と共に、最高の
ワークキャンプを作り上げてきたいと思います。
鈴木真希

カテゴリー: その他 |

ウガンダレポート -キャンプ準備と日々の地域調査-

中長期ボランティアとして活動している望月優子に加
え、8月21日から9月6日の期間で行われるワークキャンプのリーダーと
して、門田瑠衣子がウガンダに到着しました。
よりよいワークキャンプにするための準備、そして
今後のPLASとしてのあるべき支援の形を模索するために、調査、調整
をすすめています。
(以下、望田からのレポート抜粋)
私たちが支援しているBlessed Nursery & Primary SchoolはPLASだけではなく、たくさんの人々との協力で運営されています。
特に、Blessed Nursery & Primary Schoolを実際に運営しているのは地元の若者であり、彼らとの強い信頼関係や連携のとれた活動が重要です。
現在、望田と門田は、PLASのメンバーの代表として、彼らとの協議を重ねています。
また、PLASが理念として掲げているように、エイズ孤児たちの環境を改善するために、コミュニティの主体性を尊重したサポートを行うためには、地域の人々との連携は欠かせません。
そこで、現地のAIDS information centerの協力を得て、地域の集会に積極的に参加し、地域の人々とのコミュニケーションを図っています。
そこではBlessed Nursery & Primary Schoolの今後の方向性に対する質問や、Blessed Nursery & Primary Schoolに通っていない孤児たちへのサポートの方法など、地域の人々からPLASに対して盛んに意見が出され、地域の人々のニーズを理解し、PLASとしての支援の形を模索するための重要な場になっています。
また、地域の人々のPLASへの期待を感じる場であり、私たちの大きな原動力となっています。
そして、この集会において地域の人々に配布したアンケートでは、家族構成や雇用状況、信仰など
の基本的な情報や、エイズに関する見解を知ることができたので、今後の活動にいかしていきます。
調査によって、Blessed Nursery & Primary Schoolの子どもたちの中にHIVに感染している子どもたちが数名いることがわかりました。
他の子どもたちが知ってしまうと差別されいじめにあってしまうので、この状況は隠されているようです。
「まだ、幼いので難しい点もあると思いますが、子どもたちの中にあるHIVに
対する偏見をどのようになくしていくかも重要だと思います。」
文責;望田

カテゴリー: 現地レポート |

募金活動報告

NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会中高生グループAsteと協力し
PLASは7月23日、30日と西武豊島線豊島園駅前で募金活動を実施しました。
両日とも3〜5名のメンバーで15:00〜18:30の間に募金、エイズ予防啓発活動を
実施いたしました。
活動場所の近くには遊園地と映画館があり、天候にも恵まれた週末は大勢の人で
賑わっていました。地元の中高生、遊園地帰りの若者、年配の方々など、
多くの方が募金に協力をしてくださいました。
中にはアフリカの写真を見ながら、エイズ孤児が置かれている現状についての
説明に真剣に耳を傾けたり、PLASの活動を応援してくださり、冷たいお茶を
差し入れてくれた方などもおりました。
また日本でのエイズ予防啓発活動として、STOP AIDSコンドームの無料配布も実施
いたしました。
日本で感染者数が年々増え続けている若年層を中心に合計約600個配布しました。
そして2日間での募金総額が31,533円と、予想を上回る結果にスタッフ一同驚いた
と同時にエイズ孤児への支援の必要性を理解していただいた事に心からの感謝を
申し上げます。
今回がAste・PLASとして初の募金活動でした。
いよいよ今月からウガンダで始まるワークキャンプ準備が大詰めとなっていた中
人材不足や、日程の調整ミスなど今後の課題も浮かび上がるなど
手探りの募金、エイズ予防啓発活動でしたが、
なんとか無事成功で終えることが出来ました。
この募金の収益はPLASが支援を行っている学校、
Blessed Nursery & Primary Schoolの子どもたちに
文房具として寄付をさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。
(文責・田熊)

カテゴリー: 活動報告 |

国際ワークキャンプ事前研修報告

7月22日、23日、今夏開催されるPLASのワークキャンプの参加者を対象に
プレワークキャンプを開催しました。
【一日目】
東京港野鳥公園(http://www.wbsj.org/sanctuary/131/)にて、
NICEの夏のワークキャンプ参加メンバーと一緒に、ワークを行いました。

午前中は草むしりを、午後はわらの日よけ作りをしたのですが、
環境保全のワークを通して、共同作業に汗を流すことで、
ワークをみんなでするとはどういうことなのか、
ウガンダのワークキャンプ本番に向けて雰囲気をつかむことができました。
ワークの後のご飯は最高!!
みんなで作ったカレーはとてもおいしかったです。
また、日本文化伝達ゲームや、国際問題・環境問題に関するテーマの
ディスカッションを通して、ワークキャンプで文化を英語で説明するコツや
現地で自分が出会うかもしれない国際問題についても考え、共有することが
できました。 事前に参加者と日本でワークをしたりわいわい話を交わすことで、
参加者がお互いに仲を深めることができ、
ますますワークキャンプ本番への期待が高まりました。
【二日目】
JICA地球のひろば(http://www.jica.go.jp/hiroba/index.html)にて
平成15年から2年間青年海外協力隊でニカラグアへ行った尾方美樹さんの講演を行
いました。
SANY0001x.JPG
ニカラグアは過去の内戦のため失業率が高く、その余波が子供たちに
売春、妊娠、性感染症、麻薬といった形で押し寄せ、
子供や女性を暴力で支配するマスチモという男性優位の文化も
この社会問題を悪化させています。
尾方さんはこういった社会問題をテーマに掲げた劇を行い、
人々への啓発だけでなく、劇を通して役者自身が自己の問題を乗り越え解決
していくドラマセラピーという手法を取り入れました。
そのひとつとしてエイズ啓発劇があります。
結婚を間近に控えた男性が、婚約者と家族に囲まれて幸せに過ごす、
そんなありふれた日常がエイズ告知によって崩れさっていきます。
愛する人や家族からも差別や偏見を受け、苦しみながらも前向きに頑張り、
最後は婚約者との子供を授かるというストーリー、
これを演じているのは実際にエイズポジティブの人達です。
以前は人前に出ることをとまどった彼ら。
今は自分の思いを人々に伝え、それと同時に自分自身も苦しい問題を乗り越えて
いきました。彼らは尾方さんが帰った後も啓発劇を自主的に続けています。

カテゴリー: 活動報告 |

ウガンダレポート -Blessed Schoolの1日の様子-

1日に授業は3コマあります。
08:00〜10:30   1コマ目
10:30〜11:00   休憩+朝食兼おやつタイム
11:00〜13:00   2コマ目
13:00〜14:00   昼休憩+ランチ
14:00〜16:00   3コマ目
といったスケジュールです。
授業中は、生徒はかなりまじめです。
10:30に1コマ目が終了し休憩に入ります。
   childrens.jpg
学校内で、ポレッジ(小麦粉とお湯を溶 いたものに砂糖を加えたもの)やマンダジ(ドーナツ)、チャパティ(ナンのようなもの)が売られていて、生徒達は買うことができます。ポレッジ100SH[*1]、マンダジ 50SH、チャパティ100SHです。 生徒の15%くらいがこれを利用しており、教室の中で食べながら、お喋りしたり、外で遊んだりして過ごしています。 11:00になり、2コマ目がスタートします。特に、水曜日のこの時間は宗教の授業になっていて、生徒達はカトリック、プロテスタント、イスラムにそれぞれ分かれて授業を受けます。この宗教の時間だけ非常勤の先生が2人来てくれます。宗教の時間中には、歌を歌うこともあり、情操教育の役目を果たしているようです。
   2.JPG
2コマ目が終わり、ランチの時間に入ります。たいていの生徒はランチを食べに家に帰ります。数人の生徒は外の屋台でテイクアウトして学校で食べたりします。 残りの15人くらいは学校の給食を食べます。内容は、豆スープにマトケかポショです。生徒が買う場合は200SHです。給食も、先生達には無料で振る舞われています。この昼休みの時間を使って、次の授業の準備をする先生もいます。というのも、生徒達は教科書を持っていないため、先生が板書しなければならない量が必然的に増えるからです。
14:00になり3コマ目が始まります。やはり、家から戻るのが遅れてくる子供もいます。
午後の授業はのんびりした雰囲気で、先生達もそのような雰囲気です。
16:00に授業が終わるのですが、早く終わるクラスもあります。授業や、先生によって変わります。
授業が終わると、ほとんどの生徒や先生は帰宅をはじめます。あまり、学校に残る生徒がいないです。といった一日になっています。
[*1] 1 dollar = 1800SH
文責;高田

カテゴリー: 現地レポート |
Pages: Prev 1 2 3 ...242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ