プラスのお知らせ

サンプル誌

P┃L ┃ A┃ S ┃ http://plas-uganda.org/
━┛━┛━┛━┛     2006/09/19  第七号
_______________________
□■Positive Living through AIDS orphans Support■□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∽───────────∽
 INDEX

■お知らせ
 -グローバルフェスタにJICAブースで出展します!【9月30日】
 -豊田大谷高校文化祭の売り上げを寄付していただくことになりました。【9月
30日・10月1日】
 -PLASワークキャンプの報告会を行います。【10月10日・11月14日】
□ワークキャンプの感想
■路上募金の成果  
□編集後記
∽───────────∽

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■お知らせ

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
—-グローバルフェスタにJICAブースで出展します。【9月30日】

グローバルフェスタとは、ゲームや展示などの参加型行事を通して
一般の人に国際協力を身近に感じてもらうとともに、DDAを含む
国際協力の必要性や国際協力にあたっての政府、国際機関、NGO
の活動を広く理解してもらうことを目的としたイベントです。
9月30日10月1日10:00〜17:00
日比谷公園にて行われます。
PLASはJICAブースで、9月30日11:00から30分程出展
する予定です。当日はワークキャンプの様子など映像を交えて伝えてい
きたいと思います。
尚、急な変更などはPLASのHPにてお知らせします。

グローバルフェスタ2006

http://www.gfj2006.jp/

—-豊田大谷高校文化祭の売り上げを寄付していただくことになりました。【9
月30日・10月1日】

9月29日30日に愛知県豊田市にある豊田大谷高校で、文化祭が開催されます。
そこで、フリーマーケットや出店などの売り上げをPLASに
寄付をしていただくことになりました。
豊田市周辺にお住まいの方はぜひお立ち寄りください

豊田大谷高校ホームページ

http://www.owari.ac.jp/toyota/

—–PLASワークキャンプの報告会を行います。【10月10日・11月14日】

エイズ孤児支援NGO・PLAS 
第1回ウガンダワークキャンプ報告会

エイズ孤児支援NGO・PLAS(以下PLAS)はエイズ孤児への教育支援、
差別解消を現地NGOと共に展開しているNGOです。
2006年8月21日から9月6日まで、ウガンダにて、第1回ウガンダワーク
キャンプを行いました。私たちは、Blessed Nersery&Primary school という、
エイズ孤児の通う学校を支援しています。この学校は、雨が降ると地面がぬかる
んで授業ができなくなったり、建物として不十分で、とても勉強に適していると
は言えない状態の学校でしたが、今回、日本とウガンダのボランティアたちが
約3週間生活を共にし、エイズ孤児たちのための学校を建設しました。

現地では、今まで自分の持っていた「エイズ孤児」のイメージが崩され、
他の子どもたちと同じような、あどけない笑顔に魅了されました。
一方で、VCT(Voluntury Counceling and Testing)を拒む地域住民や、
ポジティブでも病院に行けず、親がいないため検査もできない生徒たちとも
出会い、エイズやエイズ孤児に対する差別意識が色濃く残っているのだという
ことを実感しました。
エイズ孤児の光と影、この報告会では、参加者の生の声を中心に、PLASの
現地での活動を報告します。
奮ってご参加下さい。

○日時○
第1回 10月10日(火)19時〜20時半 
第2回 11月14日(火)19時〜20時半 

○場所○
JICA広尾 セミナールーム302
地図 http://www.jica.go.jp/branch/hiro/jimusho/

○プログラム○
19:00  PLASの団体概要と本企画の趣旨
       エイズ孤児について
19:15  写真を使った参加者の体験談
19:45  中長期ボランティア(注1)からの報告
20:00  参加者への質問、意見交換など
20:20  PLASの活動紹介
20:30  閉会
(プログラムは予告なく変更されることがあります。ご了承下さい)

(注1)中長期ボランティアは現地に2ヶ月以上滞在する長期ボランティアを指
します。随時募集中です。

参加費;300円(軽食、飲み物代含む)

<お申し込み>
氏名、職業、メールアドレス、参加希望日を記入の上、以下のメールアドレスま
でご連絡ください。
報告会担当 服部 薫  info@plas-uganda.org
定員 30人
締め切り  10月8日

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ワークキャンプの感想

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
ワークキャンプが終了してから一週間ほど経ちました。
今回のワークキャンプは現地NGOであるUPAの協力の下、ウガンダ
人参加者と現地の大工さん、日本人参加者が力を合わせて学校の修復を
行いました。
初めの学校は、ござと板で作られた簡易なもので、雨が降ると床が浸水
し授業の妨げになるだけでなく、衛生的にも問題がある状況でしたが、
現在はレンガ造りで、天候に左右されることのなく勉強できる状況に
なりました。
私たちは今後、こうしたエイズ孤児の就学支援をケニアでも行う予定で
す。現在、事務局長の門田が視察のためケニアを訪問しています。

私たちをサポートしてくれたUPAの皆さん、学校建設に大いに貢献し
ていただいた大工の皆さん、そして日本人参加者の皆さん
どうもありがとうございました。

さて、今回のワークキャンプは参加者にとってどのようなものだったの
でしょうか。感想を聞いてみました。

今回のワークキャンプに参加させてもらい私個人としては事前に得られ
る情報の重要さを理解せず、PLASの団体についての知識がほとんど無か
ったのでキャンプのあらゆる場面やHIV/エイズ啓発活動の時に自分たち
の活動をちゃんと説明出来なかった点。そして英語力が無さ過ぎたため
現地キャンパーや次々に出会う人達とのコミュニケーションが取りづら
かった点が大きな反省点であり今後の課題でもあります。

子どもたちに関しては、建設のとき少し遊んだだけで、あまり触れ合う
機会がなかったことが残念でした。その分、スポーツ大会で子どもと
ペアになり、じっくり話ができ、名前を覚えてもらえたことが、すごく
心に残っています。
また、エイズポジティブの子は先生に付き添われて病院まで薬をもらいに
行っているはずだったのですが、先生の不足や周りの子からの差別を考慮
して、実際には病院に行ってないことがわかりました。
これから先、子どもたちをどうケアしていくか考えるべきだと思いました。

また、ワークショップでは宣伝のビラを配ったときに、地域の人と接する
ことができました。地域の方々にエイズになったらどうすればいい?
などの相談を受け、無料であるはずの薬を高い値段で売っていたり、
家の近くに病院がないため、交通費が払えずに薬をもらうことを諦めて
いる人たちがいることを知りました。私たちが活動している都市部でも
こういった状況であることを思うと、ウガンダのエイズ対策は成功して
いるといえないのではと思ってしまいました。

 ただ約2週間もの間一緒に過ごしたメンバーとの時間や名前を覚えて
くれた子供達、信頼できるUPAのメンバーはかけがえのない宝物であり、
自分たちも手伝った学校で一生懸命学ぶ子供達を想像したらHappyな気分
になります。反省点が多くありチャンスがあれば来春のキャンプにも参
加したいくらいです。(里吉謙一)
===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■路上募金の成果

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
7月に練馬区豊島園前で行われた路上募金で集めたお金(31,533円)で
サッカーボールを購入しました。
ワークキャンプ中にBlessed Nursery&Primary Schoolの子どもたちと
フットボール大会を開催し、地域の人たちも交えて大盛況でした。
ご協力いただいた皆さまに心から感謝を申し上げます。
===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■編集後記

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
ワークキャンプが無事終了しました。
Blessed Nursery&Primary Schoolでは新学期を迎えています。
今頃子どもたちは新しく建てた学校で勉強していることだと思います。
私はアフリカから帰ってきて一週間ほどで、まだ余韻に浸っています。
全てが手作業の建設。近くのため池まで水を汲みに行き、鍬で土と水
を混ぜてセメントを作ったり、たくさんのレンガを一つ一つ組み立
てていったこと。途中から地域の子どもたちも手伝ってくれたり、合間
を縫ってガンダ語を教えてもらったこと。
ワークキャンプの思い出、そして成果を少しでもたくさんの人に伝えた
いという気持ちでいっぱいです。
これから報告会で大忙し。まずはグローバルフェスタで精一杯ワーク
キャンプの成果を伝えたいと思います。(宮下)
******************************************************
PLASのHP

http://plas-uganda.org/

PLASや、PLASの事業、当MM等に関するご意見・質問はこちら
info@plas-uganda.org
mixiのコミュニティーのページ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=555240
******************************************************

カテゴリー: メールマガジンバックナンバー |

□■現地インターンの募集

≪事業内容≫
①現地事務局員(ウガンダ人)の補佐・監査
②学校運営補佐
③Nabweru地域のHIVに関する戸別調査
④地元HIVPreventionGroupと協力してワークショップなどを開催
⑤PLASと定期的にメールでコンタクトを取り、スタッフとしての役目も果たします。
 ≪募集人数≫
 2名
 ≪参加費用≫
 5万円 (現地までの往復旅費は自己負担・各自手配)
 ≪生活環境≫
宿泊は、現地NGOであるUPAのゲストハウスかあるいはホームステイを選択可能。
ゲストハウスではヨーロッパからの中長期ボランティアが随時数人滞在しています。


≪備考≫
基本的には最低週1日はフリーです。
≪応募用件≫
英語中級以上で、現地に溶け込もうという意志があり、子ども好きであること。
また日本のPLASのメンバーと定期的に連絡を取り、プロジェクトの一端を担う意欲が
あること。
今後継続的にPLASの業務に携わっていく意志があること。
PLASスタッフと数度面接が行われます。
更なる詳細はinfo@plas-aids.org

カテゴリー: ボランティア募集 |

アフリカン・フェア

ご存知の方も多いかと思いますが、以前もお伝えした経済産業省とジェトロが
主導で推進している「一村一品」キャンペーンの一環として、アフリカン・
フェアが開催されます。


国別展示コーナーでは、魅力あるアフリカの産品・観光情報などが展示されて
います。また日本とアフリカのファッションを融合させたファッションショー
“アフリカン・コレクション in Tokyo”を始め、ダンスやミュージックなどで
アフリカの多様な文化を紹介するステージ、アフリカの産品が購入できる
販売コーナー、本場の味を楽しめるアフリカン・フードコートなど、
アフリカの魅力が満載です!!
日時:2006年9月2日(土)〜4日(月) 
2日 13:00〜18:00
3日 10:00〜18:00
4日 10:00〜17:00
       
会場:お台場TFTホール(東京都江東区有明3丁目1番)
 ゆりかもめ「国際展示場正門」駅直結 徒歩1分
主催:経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)
入場料:無料
お問い合わせ:日本貿易振興機構(ジェトロ) 展示事業部 国内見本市課
    TEL:03-3582-4936  FAX:03-3586-6707
     e-mail:africanfair@jetro.go.jp
詳細はこちら>>>http://www.jetro.go.jp/africanfair/

カテゴリー: その他 |

ワークキャンプに向けて(参加者より)

2006年度ウガンダワークキャンプ参加者である川本華子さん
と鈴木真希さんからワークキャンプに向けたエッセイを頂きました。


≪川本華子さんのエッセイ≫
私が初めてエイズ孤児たちと出会ったのはベトナムのエイズ孤児施設
を訪問した時でした。
それまで、大学の授業や、個人的にエイズや子供の問題など国際的な
問題を学んできましたが、実際にその子たちを目の前にし、一人一人
の名前を知って、一緒に遊んでみて、初めてエイズ孤児たちの直面し
ている問題の深刻さというものを痛感しました。
言葉もまだ十分に話すことも出来ないほど幼い子供たちが無邪気に遊
んでいる姿と、そんな子供たちが一生をかけて背負っていかなければ
いけない問題があるという現実を目の当たりにし、それにもかかわら
ず何もしてあげることの出来ない自分の無力さに強い憤りを感じました。
世界にはエイズ孤児として苦しんでいる子供がいるということを
学び、自分がその時悔しい思いをしたということを生かして、私にも
同じような状況の下で苦しんでいる子供たちになにか出来ることはな
いかと探していた時に、PLASでのワークキャンプでエイズ孤児支援
に関われるということを知ったので参加しようと思いました。
自分を守ってくれる両親というものの存在がない子供たちにとって教育
を受けることは唯一自分を守るものとしてとても重要な役割を果たす
でしょう。
そんな子供たちが天候に左右されることなく安心して教育を受けるこ
とが出来るように、今回のワークキャンプでは学校の修築作業に精を
出し、頑丈な学校にしたいと思います。
それと同時に、これは個人的なことになってしまうのですが、途上国の
学校建設や運営に興味を持っているので、途上国において下層の
子供たちが受ける教育の現場を実際に見て、学校を建設すること、
運営していくことの問題点や留意点を観察してきたいとも思っています。
また、孤児である以上にエイズで親を亡くしてしまったということに
よって子供たちが不当な差別を受けているという現実を正面から見つめ、
その地域のコミュニティーにエイズの正しい知識を与え、子供たちの受ける
差別を軽減させると共に、地域の人々の協力のもとでエイズを予防する
ことにより、新たなエイズ犠牲者を生まないようにする
ということに貢献することが出来ればいいと思っています。
実際に現地に行き、目にすることは、日本の学校でただ学んでいる
よりも多くのことを学ぶことが出来る上に、日本にいたのでは気づくことの
出来ないような些細なことも気づかせてくれるので、ウガンダに行ったら
ワークだけでなくいろいろなことに注意深くアンテナを張って
より多くのことを学んできたいと思っています。
言葉も文化も違う多くの人と交流することは日本ではなかなか難しい
ので、この機会を十分に生かし、現地の人たちや子供たちと積極的に
交流し、自分の交友の幅を広げると共に、自分とは違う考え方、感じ
方に触れ、自分の感受性の幅も広げていきたいと思います。
川本華子
≪鈴木真希さんのエッセイ≫
「アフリカに行ってみたい!
自分の足で現地の土地を踏みしめて、
自分の手で現地の人と触れ合い、
自分の目で今アフリカで何が起こっているのかを見てみたい。」
これがワークキャンプ参加を決めた最初の動機です。そのため、
当初はワーク内容に重点を置いていませんでした。
教育か、平和構築か、HIV/AIDSか・・。
ワークキャンプ選びに頭を悩ませる日々が続きました。
そんな私がエイズ孤児支援団体であるPLASのワークキャンプ参加を
決めたのには、幾つか理由がありました。
まず、「HIV/AIDSについて知りたい」という思いが湧いてきたからです。
ある日「友人がエイズ孤児支援のNGOを設立したらしい」との話しを
耳にしました。国際協力分野に興味があり様々な活動をしてきた
私ですが、これまでHIV/AIDSにはほとんど関わったことが無かったの
です。知識もありませんでした。「何でエイズ孤児が生まれるの?」
「彼らはどんな生活をしているの?」実際に自分が現地に行くことで、
世界で最も深刻な問題の一つであるHIV/AIDSへの知識や理解を深めた
いと思いました。
次の理由は、ワークキャンプの目標が明確だったという点です。
世界各国で開催される国際ワークキャンプの中には、ワークよりも
メンバーの親睦を深めることに重点をおくものもあると言います。
PLASのワークキャンプは「『学校の修復作業』『エイズ啓蒙活動』
『子どもたちとの交流』を通じて、子供たちが十分な初等教育を受け
られるようにし、地域での彼らへの差別解消を目指すこと」を目的と
していて、明確な目標の下でワークをして、充実したワークキャンプ
を過ごしたいと考えました。
そして最後に、「エイズ孤児への教育の重要性」を掲げているPLASに
共感したことが挙げられます。私は、「世界中の人が、自分の意思で
自分の未来を決め、それに進んでいくことができるように手助けしたい」
と思っています。中高等教育を必要としている海外の難民の子供
たち、日本にいる難民の方々との出逢いを通じて、そう考えるように
なりました。そのためには「教育」が大切であり、このワークキャン
プで、より多くのエイズ孤児が十分な教育を受けられるように手助け
したいと思ったのです。
私にとって、アフリカと、そしてHIV/AIDSと関わる始めの一歩である
このワークキャンプ。とっても熱いPLASスタッフたちと、個性豊かな
ワークキャンプメンバーと、UPAメンバー・現地の方々と共に、最高の
ワークキャンプを作り上げてきたいと思います。
鈴木真希

カテゴリー: その他 |

ウガンダレポート -キャンプ準備と日々の地域調査-

中長期ボランティアとして活動している望月優子に加
え、8月21日から9月6日の期間で行われるワークキャンプのリーダーと
して、門田瑠衣子がウガンダに到着しました。
よりよいワークキャンプにするための準備、そして
今後のPLASとしてのあるべき支援の形を模索するために、調査、調整
をすすめています。
(以下、望田からのレポート抜粋)
私たちが支援しているBlessed Nursery & Primary SchoolはPLASだけではなく、たくさんの人々との協力で運営されています。
特に、Blessed Nursery & Primary Schoolを実際に運営しているのは地元の若者であり、彼らとの強い信頼関係や連携のとれた活動が重要です。
現在、望田と門田は、PLASのメンバーの代表として、彼らとの協議を重ねています。
また、PLASが理念として掲げているように、エイズ孤児たちの環境を改善するために、コミュニティの主体性を尊重したサポートを行うためには、地域の人々との連携は欠かせません。
そこで、現地のAIDS information centerの協力を得て、地域の集会に積極的に参加し、地域の人々とのコミュニケーションを図っています。
そこではBlessed Nursery & Primary Schoolの今後の方向性に対する質問や、Blessed Nursery & Primary Schoolに通っていない孤児たちへのサポートの方法など、地域の人々からPLASに対して盛んに意見が出され、地域の人々のニーズを理解し、PLASとしての支援の形を模索するための重要な場になっています。
また、地域の人々のPLASへの期待を感じる場であり、私たちの大きな原動力となっています。
そして、この集会において地域の人々に配布したアンケートでは、家族構成や雇用状況、信仰など
の基本的な情報や、エイズに関する見解を知ることができたので、今後の活動にいかしていきます。
調査によって、Blessed Nursery & Primary Schoolの子どもたちの中にHIVに感染している子どもたちが数名いることがわかりました。
他の子どもたちが知ってしまうと差別されいじめにあってしまうので、この状況は隠されているようです。
「まだ、幼いので難しい点もあると思いますが、子どもたちの中にあるHIVに
対する偏見をどのようになくしていくかも重要だと思います。」
文責;望田

カテゴリー: 現地レポート |
Pages: Prev 1 2 3 ...238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ